« 宮古島  H18/4/30-5/3 | メイン | 大分川津守 H22/5/30 »

2010年5月30日 (日)

宮古島  H18/12/30-1/2

 初めての宮古島です。スキューバダイビングもできない我々が、行っておもしろいところなのか、正直不安でしたが、けっこう楽しめました。

 ホテルは、アトールエメラルド宮古島にしました。有名ホテルのチェーンではないようですが、リゾートホテルらしいつくりで比較的高級な感じで、伊良部へのフェリーターミナルの隣、街へも歩いていける距離で便利です。

 これは、大神島です。神聖な場所とされており、美しいですね。

Photo_10

 池間島に渡ると、事前に調べておいた池間湿原を探しました。しかし、入り口はわかりずらく、すぐ近くにあるのに、潅木がじゃまして見えず、観察小屋を見つけるのに苦労しました。やっとたどり着きましたが、広いですね。島の中央の大きな区域を占めるのに、周辺が高台となっているため、見つかりにくいです。けっこう水鳥の声がしていましたが、広すぎて判別まではできませんでした。

Photo_11

 これは、おそらくサシバと思います。確信はもてませんが。

Photo_12

 後ろに見えるのはドイツ村で、手前はイソシギです。宮古にドイツ村があるのは、昔ドイツの難破船を島民が救ってからの親交があるからだとのことです(確か)。

Photo_16

 次の日、伊良部島に渡りましたが、元日とのこともあり、フェリーは満員でした。 車を詰めて止めすぎているので、ドアが開かず車から降りなくても良いとの指示。車に乗っているので、外が見えません。

Photo_15 

 これは、伊良部島の佐和田の浜です。キノコ型の岩が幻想的ですね。

Photo_17

 通り池です。海とつながっている水中鍾乳洞です。

Photo_18

 伊良部島(下地島とも細い海峡を介してつながっています)には、ほかには発着訓練用の下地空港や、巨大なサシバの形をした、フナウサギバナタ展望台など、見所がたくさんありました。

 これは、平良市(現:宮古島市)の古本屋です。宮崎アニメにありそうな雰囲気ですね。

Photo_20

 この旅行で食べた食事のうち、平良市内の小さなステーキハウス「マハロ」が印象に残りました。何気なく行ったのですが、色々こだわりがあるマスターと、対話しながらおいしいステーキを食べていたら、すぐに時間が経ってしまいました。

コメント

コメントを投稿