« 石垣島  H19/12/29-H20/1/1 | メイン | 中国武漢市  H18/11/2-11/6 »

2010年5月28日 (金)

台湾礁渓温泉  H19/4/28-5/1

   結婚10周年の記念にと、台湾へ行ってきました。3度目の台湾です。今回のコンセプトは、山間の温泉にでも行きたいと思い、台湾の田舎にある、礁渓温泉に行くツアーを選びました。GW期間中であるにもかかわらず、ツアーは我々だけでした。いまはこのツアーはないようです。台湾の田舎に行くのは人気がないのでしょうか・・・

 ちょうど、台湾の中央山脈を横切る長いトンネルが開通したばかりで、昔は非電化の鉄道で3時間近くかかるところが、台北から車で1時間もかからないようになりました。しかも、最近は鉄道も改良され、電化されたうえ、JRの白いかもめ・ソニックと同型の振り子式車両が投入されたため、所要時間も1時間半くらいになっているようです。

 泊まった、礁渓(チャオシー)ロイヤルホテルです。小さいですが、立派なリゾートホテルです。ホテルマンの応対も親切でした。浴室や部屋も木造で雰囲気が良かったです。

 Photo

  ホテルからみた夜景です。台湾らしく、露天の温泉プールがあります。水着着用です。この日は、霧雨がちでしたが、夜は晴れていました。

 Photo_2

ホテルのショーです。格調高いホテルらしく、伝統芸能を演奏していました。

Photo_3

この一帯は、国立公園に類するもののようです。

Photo_8

夕方の散歩で見た鳥です。台湾の鳥類図鑑によると、「大巻尾」というそうです。オウチュウに似ています。

Photo_4

次の日の朝の散歩では、アマサギを見かけました。

Photo_5

さらに行くと、一眼レフで何かを撮っている人が居ます。台湾藍鵲という鳥を撮っているようです。

Photo_6

この鳥は、「山娘」とも呼ばれ、礁渓ロイヤルホテルのマスコットだそうです。この後、台湾の国鳥を決める選挙があり、山娘が候補に上がっていたそうですが、結果は聞いていません。

 ホテルに止まっていたバスです。まるでデコトラのようですね。

Photo_7

ホテルの壁にいた蛾です。南方ですね。

Photo_9

この日は台北に戻る途中に九イ分に行きました。ちょうど週末だったので、えらく込んでいました。ここは、台北の若者の遊び場だそうです。

Photo_10

「非情城市」や宮崎アニメで有名な坂もこのとおり。

Photo_11

眺めはいいので、平日にいくべきですね。

Photo_14

これは、途中で見つけた猫の店です。

Photo_13

次に、台北に戻ると、淡水に行きました。前回冬は、0℃近くと、南方とは思えぬほど寒かったのですが、今回は、真夏のように暑かったです。

街灯に止まっているのは、大巻尾のようですね。

Photo_15

これは、シロガシラのようです。

Photo_16

淡水の天后宮では、派手な飾りでお祭りをしていました。

Photo_17

これは、市内に戻って撮ったシラコバトです。

Photo_18

龍山寺は相変わらずの人出でした。しかし、昔と比べると、周囲は開発されて開けており、スリとかに逢いやすい雰囲気は少しは解消されました。

Photo_19

過去2回の台湾訪問は、天候に恵まれなかったり、体調をくずしたりしてあまりいい思い出がなかったのですが、今回は無難でよい思い出になりました。

コメント

コメントを投稿