« 小野鶴  H22/11/23 | メイン | 津守  H22/12/4 »

2010年11月28日 (日)

宇佐乙女新田  H22/11/28

久しぶりの乙女新田です。

しかし、ついたとたん天気は荒れ模様になり、風がつよく、撮影に不適な状況となったため、急いで撮影し早々と退散しました。

後で、写真を確認してみましたが、満潮直前とのこともあり、結構いろいろいたようです。

セグロカモメは沢山いましたが、一番うしろは若鳥ですね。色が茶色く凶悪な感じに見えます。

Photo

 セグロカモメの後ろに2羽だけいるのは、ダイシャクシギですね。嘴を出すタイミングを撮るのに苦労しました。

Photo_2

 シギチドリは沢山いました。

 これはシロチドリですね。

Photo_3

 これはハマシギとミユビシギが混じっていると思うのですが・・・自信なし。手前にはシロチドリもいるようですね。

Photo_4

 手前はハマシギ、奥の大きめなのはオバシギと思います。

なんせ、みんな同じ色なので、嘴を出してくれないと全く判別ができません。

Photo_5

 あとは、カルガモ、マガモ、コガモ、バンといったところでしょうか。今回は、ほとんどの鳥が海側にいました。カルガモ、マガモは、荒れ模様の海をものともせず、波間に浮いていました。塩田跡の方には、バンとコガモ程度でしたが、これらも、葦の間に隠れていて見つけにくい状態でした。他のカモは、風が強いせいで、川にでも非難しているのでしょうか?

 話は変わりますが、私の持っている機材では、スコープの足が雲台からかなりオーバーハングしているため、風が強いときなどはかなりブレます。そこで、今回、スコープにヒップサポートを着けてみました。DIYショップからネジと角材を買ってきて、自分で加工して作ったものです。作りが雑な割には、それなりに安定感がでるようになったと思います。風が強かった今日は、重宝しました。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

コメント

コメントを投稿