« 2010年12月 | メイン | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

小野鶴  H23/1/30

風が強くすごく寒い日ですが、小野鶴へ行って見ました。

ツグミですね。すぐ近くをうろうろしていました。

Photo

あとはカモばかりです。マガモ、ヒドリ、コガモといったところ。風が強くてスコープがブレるので退散。

Photo_2

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2011年1月29日 (土)

松岡  H23/1/29

先週、先客のいた池に再チャレンジ。

寒い日で、ヒヨドリも寒そうにしていました。

Photo

オシドリが2つがいほどいるようですが、なかなか表に出てきません。

Photo_2

あとはマガモのメスとカイツブリがいました。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2011年1月23日 (日)

松岡一の谷堤  H23/1/23

松岡の池を巡ってみました。このあたりに、最近トモエガモが来たらしいです。

久保池は、カルガモのみがいました。

タミケ谷堤には、マガモが10羽ほどいましたが、すぐ逃げてしまいました。

大久保堤には、かなり熱心にデジスコ撮影している先客がいたので、邪魔しないようにパス。(もしかしたらここ?)

その上の一の谷堤に行きましたが、オシドリが4羽いました。この鳥の習性上、遠くて暗いところにいるので、なかなかうまく撮れませんが。

Photo_2

いかにも「オシドリ」らしい構図で撮れました。

Photo_3

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

赤迫池 H23/1/22

赤迫池に久しぶりにいきましたが、水位が低くオシドリおらず。コガモのみ。しかも遠い(距離300m以上)。

Photo

大久保堤にも行きましたが、調査でもしているのかゴムボートが浮いていたため、警戒したのか、カルガモ以外鳥はいませんでした。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2011年1月 9日 (日)

宇佐乙女新田&寄藻川  H23/1/9

先週、ツクシガモやヒシクイ、ミヤコドリの情報があったので、面白いものが見られるかもしれないと思い、宇佐に行ってきました。結果は、意外なものも見られてまあまあです。

<乙女新田>

風が強くなり寒く、雪も降ってきたので、雨宿りするところのない湿地はあきらめ、 海を撮りました。

カメラを向けたとたんに、色々目に入って来ました。セグロカモメ(オオセグロカモメもいる?)、ダイシャクシギやダイゼンの間にたくさんいるのは、キョウジョシギのようですね。ここで見るのははじめてです。他には、ズグロカモメもいました。

Photo_2

いつものハマシギですね。いつもの砂利の間にたくさんいます。

Photo_3

こちらはシロチドリですね。こちらもたくさんいます。

Photo_4

トウネンも沢山いました。動きがせかせかしているので、すぐわかります。

Photo_5

<寄藻川河口>

撮影の準備をしていると、2台の車が来ました。野鳥の会の方とのことで、シギチの調査をしはじめました。また、昨日、このあたりでマナヅルを見つけたとのこと。今日はいませんでしたが、ミヤコドリは教えていただきました。

 かなり遠いですが、ミサゴが複数羽いました。

Photo_6

また、ハヤブサもいました。複数羽いるようです。

Photo_7

指示をしたところにスコープを向けると、ミヤコドリが2羽いましたが、赤い嘴が見えないので、教わらないと分からなかったかも。

Photo_8

ズグロカモメやダイゼンも沢山います。ズグロカモメは数が激減しているらしいのですが、ここでは沢山見ることができます。

Photo_13

なおも、ミヤコドリが嘴を出すのを狙っていると、ミサゴが餌の魚をもって飛び立ちました。

Photo_10

すると、ミヤコドリを含め、鳥たちがいっせいに飛び立ちました。ミサゴを警戒してのことでしょうか?もしかしたら、同時にハヤブサが飛び立ったのかもしれません。

Photo_12

 ミヤコドリは少し動いてまた止まりました。再度嘴を狙いましたが、なかなかはっきり出さず、雨が降り出したため、時間切れで終了しました。

 最後に、ズグロカモメが餌をあさっているところを撮りました。ふつうズグロカモメは、上空から舞い降りて餌を狙うのですが、これらのカモメは横着して歩きながらあさっています。寒いのでめんどくさいのでしょうか?

Photo_11 

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2011年1月 2日 (日)

台湾  H22/12/30-H23/1/2

久しぶりに台湾に行ってきました。

泊まったのは、ハワードプラザホテル(福華大飯店)です。MRTの駅から10分以内と、比較的足場も良く、建物は古いものの良くリフォームされていました。難点は、部屋の半数がホテルの吹き抜けに面していることです。ロビーの喧騒が部屋に伝わってきます。

Photo

到着した日は、有名な渡小月(ドゥシャオユエ)に行きました。台湾は4度目ですが、ここは初めてです。担仔麺2人前とあと2皿頼んで、1000円かかりませんでした。円高もありますが、安くておいしいですね。

2日目は、関渡自然公園に行きました。MRT関渡(グァンド)駅から歩いて15分くらいです。駅前が工事中だったりして、迂回しましたが、いろいろな方のHPにも書かれていた通り、しつこいくらいに案内板があったので、迷わず着けました。入場料は大人50元と安いです。

入場して少し歩くと、立派な建物がありました。室内観察棟のようで、釜山のナクトンガンエコセンターほどではありませんが、施設も充実しています。無料の観察用フィールドスコープもあります。館員の中に、日本語の話せる年配の女性がいて、しばらく色々話しかけてきました。

この公園は、川の合流点にある湿地を利用しているようです。建物の外にも、いくつか観察用のブラインドがありましたが、どれも、カモやシギのいるところからは離れている上、逆光でで撮影困難でした。また、半分以上の観察路は閉鎖されていました(鳥インフルの季節のため?)。ブラインドからカモ・シギ類を撮ると、100倍近い望遠でも、この通りです。

Photo_10

 カモ類はあきらめ、身近な鳥を狙いましたが、デジスコでは近すぎてうまく撮れません。これはシロガシラです。スズメ並みにいます。

Photo_11

これはオウチュウですね。枝かぶりでピンボケになっている上に空抜けです。

Photo_13

ようやく、光の向きがよいところを見つけ、セイタカシギを撮りました。

Photo_14

しばらくすると、鉄条網にウグイスのような鳥が留りました。多分アジアマミハウチワドリあたりと思います。こちらを威嚇しています。

Photo_17

  これも、こちらを威嚇していました。タカサゴモズのようですね。モズ同士でも縄張りの取り合いをしていました。

Photo_15

木橋を渡っていると、欄干にいきなりカワセミが止まりました。近すぎで、デジスコのピントを合わせるのに苦労しました。

Photo_16

この後、カワセミは何度か狩をしましたが、若鳥なのか、なかなか獲物にありつけないようです。そこで、止まり場所を変えたところ、さっきのモズの縄張りを侵害したらしく、モズに付きまとわれるようになりました。

 この後、台湾料理で有名な好記担仔麺に行って遅い食事をしました。コクのある豆腐の煮物がおいしかったのですが、手違いで担仔麺が食べられませんでした。

 この夜は、疲れて速く寝入ってしまいましたが、ロビーの騒ぎで目を覚ましました。元日0時に、皆がホテルの天井から落とされた風船を割っています。プレゼントでも入っているのでしょうか。

Photo_2

 3日目は、今まで行った事がなかった高雄へ1日観光です。台湾新幹線で行きました。300キロ強を1時間40分~2時間かけて快走します。下記は新幹線の社内です。日立製で、日本の700系そっくりですが、心持ち車内灯が明るいかな。

Photo_3

高雄(カオシュン)駅です。実際には郊外にある在来線左営(ズォイン)駅と共同使用です。広々とした福岡空港国際線のようなつくりです。

Photo_4

澄清湖にいた、リュウキュウツバメです。あまり人をおそれず、2~3mの距離に近づくまで、橋げたに止まっていました。

Photo_6

 昼食は、祥玉楼餐庁というところで食べました。多少辛目の味付けでおいしかったです。

 左営で有名な蓮池潭の竜虎一対塔です。このころには、すでに帰りの時間ぎりぎりでしたが・・・

Photo_5

ここから左営駅までは10分程度のはずが、故障で踏み切りが開かず15分近くも待たされました。駅についたのは発車10分前を過ぎていましたが、なんとか乗車できました。新幹線はこの点では、飛行機より融通が利きますね。

この日の夜は、屋台にいこうとしましたが、元日であるためか屋台はほとんど出ていませんでした。疲れていたこともあり、ファストフード点で肉入りのパイとエッグタルトを買って帰りました。

4日目は、午前中が空いていたので、近くの大安森林公園にいきました。

これはアヒルですが、日本で見ない種類ですね。いついているようです。カモ柄もいました。

Photo_7

ゴイサギですね。たくさんいました。人を恐れません。

Photo_8

これは、クロヒヨドリでしょう。

Photo_9

タイワンオナガです。小さな餌場があるので、パンをもらったようです。

T

これもタイワンオナガ。全て空抜けになってしまい残念です。

Taiwanonaga

これはシキチョウのオスです。シンガポールでも(こちらはメスですが)見ました。 人にも威嚇します。

Sikichou

 ここでは、数人の人が鳥の写真を撮っていました。また、太極拳やジョギング、散歩の人も多い。散歩の老人は日本人とわかると、片言ながら丁寧な日本語で話しかけてきました。また、写真を撮っていた香港人かと思われる老人は、言葉が通じないながらも、得意そうにキャノンの一眼レフで撮ったキジの写真を身振り手振りで見せてくれました。鳥を撮っている時間と誰かと話している時間が同じくらいでしたが、これも良い経験です。

最後の昼は、また好記へ。ツアー客でめちゃ込みでした。こんどは担仔麺を食べられましたが、注文品中1品が品切れになり、おかげで負けてもらいました。2品+担仔麺2杯で240元。

(Nikon Coolpix P5100 および P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)