« 2011年3月 | メイン | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月24日 (日)

宇佐乙女新田  H23/4/24

4/23は賀来神社に行ってみましたが、先客が多数おり、真剣に撮影しているので、邪魔しないように退散しました。その後、津守にも行きましたが、風が強く退散。

今日は、 宇佐の乙女新田に行きました。そろそろシギチドリの季節です。

 しかし、湿地はめぼしいものなし、チドリが1匹だけいました。いつものコガモはたくさん日向ぼっこしていました。

Photo

 海側では、セグロカモメがたくさん休んでいました。いつの間にか、ズグロカモメは見かけなくなっていました。

Photo_2

 干潟には、たくさんのシギが群れていました。これはチュウシャクシギですね。

Photo_3

 これは、いつも迷いますが、黄色っぽいので、多分ムナグロ。換羽途中らしく、腹がまだらです。

Photo_4

 こちらは、黄色くないので、たぶんダイゼン。いつも迷います。間にハマシギもいますね。

Photo_5

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2011年4月19日 (火)

賀来神社 H23/4/19  

シメとヒレンジャクを狙っていったのですが、別なものが撮れました。

最初は、ガビチョウとウグイスと思われる鳴き声を追っていたのですが、写真には撮れず、そのうち居なくなりました。撮れたのはホオジロのみ。

Photo

次に、水浴びするバンを撮っていると、

Photo_2

近くに動くものがあります。いつものイソシギだろうと思って、カメラを向けると、タシギのようです。

Photo_3

しばらくすると、向こうも気が付き、隠れはじめたので、かわいそうなので、退散しました。

Photo_4

多分、タシギは初めてと思います・・・あまり自信がありませんが。(昔、宇佐でオオジシギと思われる鳥を撮ったのですが、もしかしたらタシギかハリオシギかもしれません。)とにかく識別困難な鳥です。かなり小さかったので、タシギということにしましょう!

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2011年4月17日 (日)

賀来神社 H23/4/17

賀来神社に行ってきました。

ツグミがたくさんいました。そろそろ渡りの時期のせいか、樹の上の方に出てきていて、撮りやすいですね。

Tsugumi

マヒワもいますが、なかなか撮りやすい広いところに出てきません。うまく撮れませんでした。

Mahiwa

コムクドリは、チョコチョコ動き回るので、今ひとつです。

Komukudori

帰ろうと思ったら、シメとヒレンジャクが来ました。あわててデジスコをセットしなおしましたが、間に合わず。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2011年4月16日 (土)

松岡  H23/4/16

久しぶりに松岡に行きましたが、オシドリはいませんでした。カルガモとカイツブリのみ。

オシドリはそろそろ営巣に入ったのでしょうね。

Dscn7504

午後に、所用があって賀来神社の前を通ったら、ヒレンジャクがいっぱいいました。しかし、ギャラリーが多く、邪魔しないよう退散しました。また機会があれば行ってみようかと思います。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2011年4月10日 (日)

津守  H23/4/10

久しぶりの津守です。

噂には聞いていましたが、イタチを見ました。写真は撮れませんでしたが。

ムクドリです。今回はやたらと沢山居ました。なぜ?

Photo_2

その中にまぎれて、イソシギがいました。

Photo_3

やはり、ムクドリにまぎれて、右はアオジのメスです。他にツグミもいました。

Photo_4

久しぶりに、単独のカワラヒワです。縄張り主張中のようです。春ですね。

Photo_5

カモメも沢山居ました。セグロカモメと思いますが、オオセグロカモメも混じっているのではないでしょうか?

Photo

カモはコガモが多かったですね。

(Nikon Coolpix P5 100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2011年4月 9日 (土)

佐伯女島・木立川  H23/4/9

女島:

この季節ではよくあるが、ヨシガモが結構居た。海苔食べ放題。

Photo

コガモも海苔食べ放題。なぜか一列にならんでいる。

Photo_7

カルガモにいたっては、一心不乱で、こちらが近づいても気にしない。

Photo_2

モズが数匹で縄張り争いしていた。しかし、夕方が近いので、足を縮めてお休みモード。

Photo_3

木立川:

この場所にはめずらしくコガモ多数。メスにパフォーマンスする奴あり。春だね。

Photo_4

なぜかハシビロが一羽だけ。

Photo_5

他はマガモ多数。カルガモ、オオバン、トビ少数。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2011年4月 3日 (日)

賀来神社 H23/4/3

賀来神社へ行きましたが、結構寒く長居出来ませんでした。

このマガモとカルガモのカップル(?)は毎年見るような気がします。近縁種だから?但し、渡りの時期が来ると解消しているみたいですけれどもね。

Dscn7407

ハクセキレイが、たくさん陣取り合戦をしていました。セキレイ同士、またイソシギ等を相手に陣取りをしていました。

Dscn7408

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2011年4月 1日 (金)

1000km到達  H23/4/1

 今日、ゴルフ・コンフォートラインのoddメーターが、めでたく1000kmに到達しました。

 燃費に関しては、及第点をあげられますね。良いです。

 今まで、燃費の最高は18.2km/Lです(10・15モード燃費超過)。自宅から目的地までの往復150km程度(高速含む)で達成しました。(その後、4/24に、全く同じコースで18.6km/Lを記録、このあたりが限界のようで、実用燃費で20km/Lは厳しいかな)。最低は、9km/L前後で、夕方の渋滞時に5km程度街中走行した結果です。

 ところで、通勤時の条件で数回、マニュアルモードでの運転も試みてみましたが、ATモードと同じか、むしろATモードより良くなったようです。11~12km/Lだったのが、12~13km/Lになっています。

 ここでわかったことは、通勤時のように町乗り+幹線道路走行で、燃費を良くする為には、

 ①手動でなるべく速く7速に上げる(ココが大事、ギア比は燃費にてきめんに影響)

 ②ブレーキを利かしても、燃費には影響しないどころか、若干良くなる(回生ブレーキはないけど?)

 ③加速時の一時的なアクセル踏み込みは、総燃費には影響少ない。

ということです。

 ①はともかく、②は意外でした。でも、よく考えると、ブレーキを踏んだときは、燃料供給カットしているので、燃費が良くなるのではないかと思います。③は、おそらく、走行時間に比して、加速している時間が短いので、速く加速することで相対的に7速走行可能(60km/h超)時間が増えているのではないかと思います。

 また、マニュアルモードで、低速ギアで引っ張ると、ターボらしい加速をして、たちまち70km/hに達します。下から2番目のモデルですが、動力性能に不満はありません。高速でも100km/hが上限の日本の道路にはこれで十分です。

 この感触だと、日本評論家が「(日本では)ハイラインは不要」と書いているのも納得しますね。だいぶ力に余裕があるので、1.2Lターボのトレンドラインでも通常用途には十分でしょう。機会があったら、一度トレンドラインを試乗して見たいですね。

 但し、小排気量のエンジンが、夏場にエアコンを利かせた時に、どれだけパワーダウンするかは気になります。夏になったら試してみようと思います。

※7/23に給油11.5km/L(390km走行時)でした。少し悪くなっていますね。通勤主体で、時々エアコンを効かせての運転です。あまりパワーダウンは感じませんでしたが、エアコンをかけるとアイドリングの回転数は、1000rpm近くまで上がります(通常700rpm)。これは、2Lで排気量に余裕のあるフォレスターでは感じなかったことです。