« 宇佐乙女新田  H23/9/11 | メイン | 宇佐乙女新田  H23/9/23 »

2011年9月18日 (日)

宇佐乙女新田  H23/9/18

この乙女新田の湿地も、もう見られないかと思うと、つい行ってしまいます。

今までの観察記録をまとめたページも作ってみました。

乙女新田のページ

午前中の雨も上がったので、暑さを覚悟しつつ、早速出かけました。

 今回の往復で、ゴルフCLで、大分金池-宇佐乙女新田の最高燃費19.5km/Lを記録しました(行きだけだと19.7km/L)。最初宇佐に行ったときは往復18.2だったのですが、DSGの癖をつかみアクセルワークを工夫したら、少し伸びました。ほぼ20km/Lですので、エコカーらしい燃費になってきましたね。燃費は低速走行(DSGが7速に入らない60km/h以下)と信号待ちで悪化するので、より長距離の自動車専用道路走行をしたら、20km/L半ばも夢ではないかもしれません。なお、9/24に給油するまでの累計で、4670km走って、推定345L消費、平均燃費は13.5km/Lくらい。半分以上が通勤であることを考えると、かなり良好な燃費と思います。

H23918

 これは、アオサギの幼鳥のようですね。全体的に灰色がかかっており、隣にいた成鳥と違う鳥かと思いました。

Photo

 これは、オナガガモですね。10羽程度の群れをつくって一生懸命採餌していました。

Photo_5

 マガモとアオアシシギですが、真ん中やや右の茶色っぽい色の鳥はチュウシャクシギのようです。嘴がピンボケですが。

  Photo_7

 これは、アオアシシギとコアオアシシギの群れです。大きさが違うのがわかります。

Photo_8

 今日は、雨で湿地の水位が上がっているようです。足の長い鳥しかおらず、浅瀬にかたまって休んでいます。でも、あまりかたまりすぎて、互いにカブっているので、判別がしにくいです。マガモ、アオアシシシギ、オバシギ、コガモまでは確認しましたが、まだ沢山この写真のなかに隠れているみたいです。

Photo_9

 カイツブリの巣です。親は卵を隠して逃げました。去年秋から、この同じ場所で何度も営巣しているようです。春先も卵を隠して逃げるのを見かけました。子連れでいるところを見かけませんから、あまりうまくいっていないのかも。来年は営巣できなくなるでしょうね。

Photo_4

 海に目を向けると、やや台風で荒れ気味のせいか、シギチドリはおらず、ウミネコくらいでした。

Photo_2

 最後に、スズメが、杭の上からこちらを睨んでいました。警戒心薄いので若鳥かな?

Photo_3

午後2時を過ぎて、やはり暑くなってきたので退散。

今日も、超望遠をつけた一眼レフを抱えた人と出会いました。去年までは、ここではあまりバードウォッチャーに会わなかったですが、今年は良く会います。皆、来年はなくなるこの湿地が気になるんでしょう。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

コメント

コメントを投稿