« 2011年12月 | メイン | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

モニタリング1000 沢水・清水池  H24/1/29

今年初めてのモニタリング1000です。

季節柄、キャンプ場の谷間の気温は0℃と低く、厚着をして作業。しかし、水温は8℃と高く、この川が湧き水のみで成り立っていることを思い出させてくれます。

Photo

清水池の所は、日も高くなったせいか、そこまで寒くありませんでした。

気温5℃。但し、水温は3℃と、湧き水で成り立っているはずのこの池は、広く浅いため、水温は外気の影響を受けやすくなっていることが伺えます。

Photo_2

朝方はたぶん氷点下だったのでしょう。池のふちには、水温がプラスなのにもかかわらず、薄氷が張っていました。

Photo_3

池、川とも透明度は良好。池は底が見えるくらい。

2012年1月28日 (土)

松岡  H24/1/28

松岡に行きました。ブラインドの付近ではなにもいなかったですが、さらに奥に道が付けてあったので歩いていったところ、いきなりマガモやオシドリと鉢合わせてしまいました。

マズイ、道を作ってくれた人に申し訳ないと思いましたが、次々と飛び立ってしまいました。しかし、池の外には出ず、なんとかブラインドの前あたりで止まってくれたので、今度は慎重にブラインドに行って、何枚か写真を撮ることができました。

マガモ

Magamo

オシドリ

よく見ると、うしろに何匹か隠れています。何匹いるでしょうか?

Dscn9136

集まって、こっち(ブラインド)を気にしているようですが、逃げるようすはないようです。

Dscn9141

寝ているのもいました。

Dscn9151

オシドリは50羽以上はいたようですが、今日はトモエガモには会えませんでした。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

コンサート H24/1/25

また、社内コンサートを行いました。

今回は、都合でなかなかスケジュールが合わず、予定より1ヶ月遅れの開催です。

 ピアノを弾いてくれる相方の申し出があり、ピアノ伴奏つきでビオラを演奏できました。白鳥(サン=サーンス)、ヴォカリーズ(ラフマニノフ)と、比較的易しい曲上手な相方のサポートもあり、凝った演奏をすることができたため、評判は良かったです。

2012012518520000

 コンサート全体としては、今回はフォークギターが主体となりましたが、参加メンバーが増え、社外からの参加や、「予定外」の飛び入り参加や、「仮装」参加もあり、なかなか盛り上がりました。

 次回までには、バイオリン、チェロも探したいですね。

2012年1月22日 (日)

松岡   H24/1/22

松岡に行きましたが、今日ははずれ。

真昼に行ったのがいけなかったみたいです。

ホシハジロのみ。数はけっこういましたが・・・

あとは、カワラヒワがすごくたくさんいました。

枝かぶりで多少ピンボケなアオサギです。

Dscn9115

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年1月15日 (日)

小野鶴  H24/1/15

久しぶりに小野鶴へ行きました。

しかし、あまり大きな収穫なし。

ヒドリがぼちぼちいましたが、昔より少ないなあ。あとは、カルガモ、コガモ、オオバン。

Photo

 セグロセキレイと、ハクセキレイもいました。

Photo_2

 冬季のホオジロは小群をつくります。前から見ると変な顔。

Photo_3

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年1月14日 (土)

松岡  H24/1/14

前回はあまり収穫がなかったので、あまり期待しないて松岡に行ったら、入れ食い状態。

ブラインドの近くにオシドリの群れがいたので、ブラインドにこっそり入ろうとしたら、入り口のツルに引っかかって驚かしてしまいました。反省。でもじきに戻ってきました。

Photo

 多少こちらを警戒していましたが、なれたようで、結構近づいてきました。

Photo_2

 オスの群れ。

Photo_3

 最後は、かなり近くまで寄ってきました。

Photo_4

 但し、奥にもなにかいるようで声がするので、ブラインドを出て藪からのぞいてみると、もっと大量のオシドリの群れが(50羽くらい?)。あわててカメラをセットすると、今度はトモエガモが視野に入りました。

Photo_5

 こちらはメスです。合わせて数匹はいるようでした。

Photo_6

 ホシハジロも数十匹いるようですが、藪が邪魔して撮りづらいです。もっと近寄ろうとすると、また驚かしそうでやめました。

Photo_7

結構撮影時間は短かったのですが、沢山撮れました。

あとは、キンクロハジロ、メジロ群れ、ヒヨドリ群れ、コゲラ等がいました。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年1月 9日 (月)

佐伯女島  H24/1/9

久しぶりに女島へ。

 調整池には、ハシビロガモが。この池は、ハシビロガモに適しているらしく、小さな池なのに毎年十匹ほど飛来します。

Hasibirogamo1

 いつものヒドリガモ。黄色のおでこですぐわかります。

Hidorigamo1

 コガモの群れも。他にマガモもいました。

Kogamo1

 電線の上で粘っているのがいたので、スコープを向けると、ジョウビタキメスでした。

Jyoubitaki

 モズもいつもいます。複数いるときも。

Mozu

 くちばしの先が黒いカモメがいたので、珍種かと思い、あとで拡大してみると、かすかに赤色が。どうもウミネコの換羽中の若鳥ではないかと。

Uminekowaka3

 しきりに水浴びしていました。

Uminekowaka2

今日の昼食は、佐伯港にある市場食堂。飾り気のない店内ですが、500円でけっこうおいしいものが食べられました。

帰りに海の市場〇で、少し買い物をして帰りました。物によると、かなり安かったですね。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

津守  H24/1/8

久しぶりに津守に行きましたが、カモばかり。

これは、ヒドリガモですね。川面に岩ノリが育ってきたので、海苔目当てからか増えてきました。まだ換羽中らしく、羽の手入れに余念がありません。

Hidorigamo

 ここにはめずらしく、ハシビロガモがいました。1匹だけみたい。

Hasibirogamo

 あとは、マガモ、コガモ、カルガモといったところ。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年1月 7日 (土)

松岡 H23/1/7

今日は忙しく、時間があまりなかったので、手近な松岡へ。

ブラインドの位置がなぜか移動していました。私がいつも鳥見する近くに。

回りの藪を刈り込んでだいぶ苦労して整備したようです。

しかし、ブラインドは使わずに、いつもの藪から。

マガモは数匹。

Magamo_2

ホシハジロは、いつもの場所よりかなり奥で、沢山寝ていました。ブラインドが気になるのかな。

Hosihajiro

 残念ながら、オシドリは留守でした。

(Vixen ジオマED67S + Nikon P5100 で撮影)

2012年1月 2日 (月)

宇佐乙女新田&寄藻川  H24/1/2

<乙女新田>

あいかわらず湿地側にはあまりいませんでした。カイツブリの声がしたくらいかな。チョウゲンボウがおりましたが、カラスに追われて逃げられ撮影できず。

海側では、イソヒヨドリが出迎えてくれました。

Photo

 アオアシシギとハマシギが餌をあさっています。

Photo_2

 これは、この冬はじめて見たダイゼンです。未だ来たばかりなのか、警戒心が強く、すぐ物陰に隠れてしまいます。

Photo_3

 波打ち際では、たくさんのトウネンが餌をあさっていました。すばしこいので、フナムシみたい。

Photo_4

 カモは、マガモ、オナガガモ、カルガモといったところ。ヒドリガモやコガモもいたと思います。

<寄藻川>

 相変わらず、ミサゴが多いですね。数えただけで7匹いました。

Photo_5

 これは、ハマシギとシロチドリの群れです。一生懸命えさ探し。合わせると数百羽になるのでは?

Photo_6

 ミヤコドリも2羽いました。居残ってくれるみたいですね。たくさんいたヨシガモとのツーショット。

Photo_7

 ツクシガモも数羽いましたが、先日の大授がらみの大群を見ると少なく感じます。

Photo_8

 帰りに先ほどのハマシギシロチドリ群を見ると、なぜかズグロカモメが2匹だけ混じって、同様に歩いて餌を漁っていました。いつも飛んでいるのに、なんか変。

Photo_9

ついでに宇佐神宮に行こうと思いましたが、あまりの混み具合に恐れをなしてパス。代わりに、道の駅院内に寄ってから帰りました。

(Vixen ジオマED67S + Nikon P5100 で撮影)