« 2012年1月 | メイン | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

赤迫池等  H24/2/26

また、ミコアイサを探しに行きましたが、はずれ。オスもメスもいないから、もう抜けたのかな?

ホシハジロ、カルガモ、カイツブリはいつものとおり。マガモが撮れたのが新しいかな。奥の葦原に隠れているようで、いままで声はきこえていましたが、撮影ははじめてです。

Photo

 こちらは赤迫池。久しぶりにキンクロハジロを見ました。冠羽が特徴的。

Photo_2

オシドリもいましたが、今日は、いつもと違う岸に4羽ほど。

Photo_3

 遠方ですが、トビにしては小さく、尾が小さいので、ノスリかと。撮ったのは初めてです。

Photo_4

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年2月25日 (土)

大分市大在  H24/2/25

また、ミコアイサを探しにいきましたが、いませんでした。雨が降っていたので、朝遅めに出たのがまずかったですかね。

いつもいるホシハジロ。

Photo_2

カイツブリもよくいますが、こいつは背中に模様があります。まだ若鳥でしょうか。

Photo_3

羽づくろい中のコガモトリオ。

Photo_4

次に、大在干潟に行くと、相変わらずカンムリカイツブリがいました。

今年は良く見ますね。裏川でも複数回見ましたし。

Photo

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年2月19日 (日)

大分市  H24/2/19

ミコアイサを探しに、某池に行ってきました。

しかし、先客が一人居て、「昨日はいたが、今日はいないよ」とのこと。

せっかくなので、ホシハジロとカルガモを撮りました。

Dscn9343

Dscn9347

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年2月18日 (土)

赤迫池 H24/2/18

久しぶりに赤迫池に行ってきました。

まずは、マガモ。なぜかメスのみ5羽ほど確認。

Photo

オシドリは、最初1番だけでしたが、しばらくすると、どこからか10羽弱ほど飛んできました。オスは、メスに対ししきりにディスプレイをしていました。

Photo_3

あとは、ホシハジロのメスが1羽だけ。

Photo_2

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年2月12日 (日)

放生池&大在干潟  H24/2/12

一度行ってみたかった放生池に行きましたが、あまり獲物なし。オオバンとカイツブリくらいかな。写真もなし。

なんとなく物足りないので、青崎に行きましたが、満潮でこちらもだめ。

最後に、大在干潟に行くと、いきなりカンムリカイツブリに出くわしました。しかし、逃げ足がはやく写真を撮らせてくれません。

とりあえず、カルガモ、ヒドリガモを撮影。

Photo

こちらは、ダイサギ、コサギ。日差しがつよく、白が若干ハレーション気味。

Photo_2

カンムリカイツブリを追うのをあきらめ、遠方から撮影。

けっこうたくさんいました。10匹くらいかな。陽炎がたくさん立っていて、綺麗に写りません。いちばんましな写真でもこれ。

Photo_4

その他、メジロ群れ、シロハラ、ジョウビタキ、ミサゴ等。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年2月11日 (土)

真玉干拓  H24/2/11

先週のつづきで、さらに遠くの真玉干拓へ。

うわさに聞くスズカモの大群(+混じっている珍鳥)が見たかったのですが、だいぶ探しましたが、見つかりませんでした。場所がちがうのでしょうか?

ウミアイサや、ハジロ(ミミ?)カイツブリなどがいましたが、スコープを向けると潜ってしまうのでなかなか撮影できません。撮影できたのは暢気なホシハジロのみ。

Photo

あきらめて場所を変えようとすると、海際の排水路に数匹のサギがいるのが目に付きました。先ほど飛んできたのは気づいたのですが、海側に夢中であまり気にしていませんでしたが、2匹ほど変な形のがいます。スコープで見ると・・・・

ヘラサギとクロツラヘラサギですね!大分県内では初めて見ました。

採餌に夢中でなかなか顔を上げてくれません。

Photo_5

ようやく、ヘラサギが上げてくれました。

Photo_3

次にクロツラヘラサギも。

Photo_4

十分な時間、写真撮影を許してくれました。

真玉港側に移動してみると、堤防の上には、沢山のカモがいましたが、ほとんどオナガガモでした。堤防の下にはぼちぼちカルガモやウミアイサがいました。

Photo_6 

海ぎわの排水路には、ヒドリガモ、コガモ、ハシビロガモがいましたが、スズカモは全く見当たりませんでした。どこにいるのでしょうか?

(逆光ですみません)

Photo_2

 堤防の上に、セグロカモメがいるのが目に留りましたが、良く見ると、真ん中の鳥は、くちばしの先がピンクでなく、黒です。yachoo!によると、第4回目冬羽とのことで、若鳥のようです。カモメの識別は難しいですね。

Photo_7

この後、風が強くなり、パラグライダーなども飛行をはじめて撮影が難しくなったため退散。

あとは、途中の道で、チョウゲンボウとミサゴを見つけましたが、撮影できず。

少し遠いですが、色々獲物がありそうな場所ですね。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年2月 5日 (日)

宇佐乙女新田&桂川  H24/2/5

  <乙女新田>

カモはカルガモ、マガモ、オナガガモ、チドリはシロチドリがいましたが、今回は、小鳥の方を掲示します。湿地のヨシ原にいました。

これは、オオジュリンですね。夏の北海道で頭の黒いのを見て以来です。けっこうすばしこく撮影に苦労しました。

H2424

こちらはコジュリンだと思います。オオジュリンよりは少なかったようです。

Photo

ホオジロと思って撮った写真が、実はホオアカでした。これも秋の坊がツルで見て以来です。冬季はこんな標高の低いところでも見られるのですね。

Photo_2

 最後に、定番のホオジロ。こうして撮り比べてみると、ホオアカとはかなり違うことがわかります。

Photo_3

あとは、ツリスガラ、ヒバリ、カワラヒワなど。なぜかセグロカモメが1匹だけいました。

<桂川河口>

本当は、呉崎干拓地に行こうとしたのですが、広すぎて的が絞れず、結局桂川河口に戻りました。

警戒心の強いウミアイサが、結構近いところにいて、鮮明な写真が撮れました。

Photo_4

こちらはモズです。ジョウビタキやハクセキレイと威嚇合戦をしていました。

Photo_5

カモは、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモといったところ。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年2月 4日 (土)

松岡   H24/2/4

松岡に行きましたが、今回、池に下る途中で初めて人に会いました。野鳥の会の方だそうで、藪を取り除いて作ったこの道はこの方が作られたそうです。使っていいよとのありがたいお言葉。「カンムリカイツブリがいるよ」との情報に期待して下りて行きました。

久しぶりにオオバン。時々います。

Photo

ホシハジロ。一定の距離があればあまりこちらを警戒しません。

Photo_2

あまりいないなーと思っていると、オシドリの数十羽の群れがどこからか飛んできました。そろそろ夕刻なので、やはりこの池を塒にしているのでしょうか?

Photo_3

こちらのブラインドに気づかないらしく、相当接近してきました。盛んにメスにアピールしています。いい写真が撮れました。

Photo_4

また、寝ているホシハジロの中に1匹だけ違う色の鳥がいました。頭に冠羽があるので、話に聞いたカンムリカイツブリですね!しかし、寝ていて、なかなか顔を上げてくれませんでした。

Photo_5

 ところで、珍しいものがもう1匹。こちらはハシビロガモですが、

Photo_6

 一緒にいたこいつはどうも変です。嘴や目はハシビロのオスですが、体は茶色です。交雑種のようです。おそらくオカヨシガモあたりとの交雑でしょうか?

Photo_7

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)