« 2012年2月 | メイン | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月25日 (日)

宇佐乙女新田&日岡公園  H24/3/25

また、宇佐に行きましたが、風が強く、あまり撮影できませんでした。

<乙女新田>

なんとか堤防を風除けにして撮影。

湿地側は常連のコガモのみ。

Photo

海側にはセグロカモメがたくさんいましたが、皆背を低くするか、物陰にかくれて風避けをしています。

Photo_2

久しぶりのオグロシギですね。また渡り始めたのでしょう。

Photo_3

こちらも久しぶりのダイゼン。けっこうたくさんいました。

Photo_4

ダイゼンに混じって、ミヤマガラスも一生懸命餌を漁っています。渡りが近いのでしょうか。

Photo_5

 波除けの堤があるところには、カモが群れていました。マガモとオナガガモ。

Photo_6

<寄藻川>

 寄藻川にも行きましたが、こちらは吹きさらしで、三脚を立てられず撮影は断念。ズグロカモメが沢山舞っていました。

<日岡公園>

 ついでに、大分にもどり、日岡公園に行き、メジロガモを探してみましたが、おらず。昨日もだめでした。

 沢山いたのはカルガモ。

Photo_7

 昨日もいたカンムリカイツブリを撮影。カルガモの群れと一体で行動していました。

Photo_8

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年3月22日 (木)

日岡公園  H24/3/22

メジロガモまだいる。

P1000155

2012年3月20日 (火)

賀来神社 H24/3/20

そろそろヒレンジャクがきていないかと思い、賀来神社へ行って見ました。

ヒレンジャクは来ていませんでしたが、ビンズイを見ることが出来ました。

川のようすは大分変わっていました。対岸は整地をしています。公園にでもするんでしょうか?おかげで鳥が少なくなったような・・・・

いつものダイサギです。ここら辺は多いですね。 ハクセキレイも沢山いました。

Photo

ムクドリが沢山飛んでいました。コムクドリがいないか探しましたが、いませんでした。

Photo_2

茂みの中をうろうろするやつがいたので、カメラで見るとホオジロでした。ツグミもいたようです。

Photo_3

 芝生から飛び立った鳥がいたので、てっきりツグミかと思ったら、どうもビンズイのようです。初めて見ました。2羽いたようです。ビンズイはセキレイの仲間のようですが、行動はセキレイらしくないですね。

Photo_4

カモは、いつものマガモ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモがいました。アメリカヒドリが混じっていないか探したのですが、なし。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年3月17日 (土)

宇佐乙女新田&寄藻川  H24/3/17

今日は、春一番の吹く暖かい日だったので、渡り鳥が帰る前に写真が撮れたらと思い、宇佐に行きました。

<乙女新田>

やはり、あんなに沢山いたハマシギやシロチドリは、全く姿を消していました。

コガモは相変わらず沢山いて、湿地を占拠しています。

Photo_2

海側の方には、ヒドリガモやヨシガモ。写真はありませんが、カルガモやマガモもいました。

Photo_3

 葦原には、小鳥が沢山飛んでいて、カメラを向けるとオオジュリンがいました。

Photo_4

 ジョウビタキやホオジロ、アオジ、ウグイスの声もします。

 カワラヒワも、群れになって飛んでいました。

Photo_5

 今年はあまり見なかったツグミです。風を読んでいるらしく、木の上でしきりにきょろきょろしていました。渡りが近いようです。

Photo_6

<寄藻川>

車を降りたとたんに目に入ったのが、このホオアカです。今年、宇佐では2回目です。普通は高地にいるこの鳥を、こんな低地で見かけるのは、よっぽど高地の餌が少ないんでしょうか?それとも今年は寒いから?

Photo_7

 ホオジロの親戚らしく、かなり長い間、同じところで囀ってくれて、写真が沢山取れました。

Photo_8

こちらも、コガモが沢山います。あとはマガモ、ヒドリガモ、ヨシガモ。

Photo_9

 こちらも今年は少なかった、ユリカモメもいました。

Photo_10

 ズグロカモメは、夏羽に換羽済み。北帰が近いですね。

Photo_11

 今日は暑いので、陽炎がたちよくわかりませんが、セグロカモメの群れと思います。

Photo_12

撮っている間、頻繁にキジの鳴き声がしましたが、撮影はできませんでした。

風が強くなったので退散。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

最後に久しぶりに車の話題です。ゴルフCLが、宇佐への往復でまた19km/Lを超えました。クーラーやヒーターのいらない時期になると、てきめんに燃費が伸びるのがわかります。特殊な条件でなければなかなか20km/Lは超えませんが、19km/Lは何回か超えました。買って1年を超過しましたが快調です。

H24317

2012年3月13日 (火)

日岡公園  H24/3/13

携帯で撮影したので、小さくてすみませんが、コレは何でしょう?

アカハジロ?メジロガモ?クビワキンクロ?なんか見たことがありません。わからない・・・

Photo

※次の日までいてくれました。じっくり見ると、メジロガモのようです。潜水がかなり得意です。また次の日にカメラを持ってきましたが、残念ながらいなくなっていました・・・・

2012年3月11日 (日)

韓国釜山  H24/3/9-11

 また釜山へ鳥見にいってきました。

 今回は、前回正月に行って寒くて風が強く大変だったことを踏まえ、春先のあたたかい時期を設定しました。ホテルは、いつものコモドホテル。丘の上にあるので、町に歩いて出るのは少々不便ですが、タクシーが安いので、タクシーを主に使えば問題ありません。

 初日は、夜遅くプサンに入りましたので、ホテルで寝るだけ。

<2日目>

 とりあえず、タクシーをつかまえ、乙淑島(ウルスクド)へ行きたいと話し、運ちゃんがエコセンターの場所が分からないらしいので、誘導しながら行きました。

 洛東江(ナクトンガン)河口エコセンターの観察棟は、4年前とあまり変わりませんでしたが、この4年の間に、日本語のパンフレットもできており、非常に便利になりました。プサン市営の観光コースにも設定されているようです。

 しかし、大パノラマウィンドウからなる観察室(無料)から見ると、前回と異なり、鳥はポチポチとしかおらず、白鳥もいません。ヘラサギやツクシガモはいましたが・・・・

 展示室を出て、南端の観察小屋に行こうと歩き出したところ、アガシに声を掛けられました。片言の日本語をはなします(こちらの韓国語も片言ですが)。Parkさんといい、このセンターの中の自然観察学校の指導員とのこと。

 これから、南端の観察小屋に行こうとしていると言うと、「今は満潮だから、鳥はいないよ。しかも、歩いたら片道30分はかかるよ」といわれました。また、白鳥や他の鳥は、昨日暖かくなったためか、一斉に北帰をはじめていなくなったとのこと。残念ですね。

 とりあえず、自然観察学校の事務所に行ってコーヒーをいただき、エコセンターの鳥一覧のパンフレットをもらい、しばらく鳥についての話をしました。また、ご主人(ナンピョン)は日本人で、小学生のころは大阪などにいたとのこと。

 名刺交換をしたのち、誘われて、記念に写真を撮りました。

 おいとまして、ふたたび野鳥観察へ。西側に向かいましたが、公園沿いに行くと、水辺に近づけないことがわかり、引き返しました。その際、たくさんいたので、スズメを撮影。

Photo_4

 観察棟の近くの水辺から、野鳥病院につながる道を見つけ、特に進入禁止と書かれていなかったので、入ってみました。(野鳥病院の手前まで、病院は立ち入り禁止)

 観察室から見えた、ツクシガモは、かなり遠く、暖かい今日は陽炎も立っていてうまく撮れません。

Photo

 ヘラサギは沢山群れになっていますが、なかなか嘴を上げてくれないので、判別するのに苦労しました。

Photo_2

 野鳥病院の手前までくると、スズメがたくさんいましたが、スズメの中に違うのが混じっています。良く見るとダルマエナガでした。初めて写真にとりました。

Photo_5

 ダルマエナガは、良く見ると沢山いて、スズメのような行動をしていました。

Photo_7 

 そのそばで、木の上でさえずるのがいます。ミヤマホオジロですね。日本でもいるそうですが、私は初見です。残念ながら逆光でピントが少々甘いですので、ソフトで加工しました。

Photo

 入口の川沿いに戻ると、ウミアイサのつがいが。

Photo_10

 その隣には、オカヨシガモが数匹。これも、ちゃんと写真に撮ったのは初めてです。

Photo_9

 これは、ユリカモメですね。

Photo_11

 前回も見ましたが、係留杭の上に、かもめが鈴なりに。セグロカモメとウミネコと思いますが、かもめ判別は難しいので、自信がありません。

Photo_12 

 最後に、入り口でカササギが見送ってくれました。

Photo_13

姿や声を確認したが撮れなかった鳥は、

・白鳥(4羽のみ飛翔、他は抜けたらしい)
・シジュウカラのような鳥
・モズ、ジョウビタキ
・カイツブリ、カンムリカイツブリ

といったところです。今年は、私はカンムリカイツブリに良くあたり、どこでも見かけます。

 その後、バスをつかまえて乗りましたが、ひとり1800ウォンと言われました。随分高いなと思ったら、「座席バス」という、ロマンスシートのバスだそうです。

 たった1区間だけ乗り、ハダン(下端)駅から地下鉄でチャガルチ駅まで行って、PIFF広場で遅い昼食。ククスを頼んだら、トンコツラーメンが出てきました。

 その後、少し休んで、夕方、ホテルの裏山に上って見ましたが、結構急で、機材を担いで登るのは一苦労。しかも、目的の民主公園の入口が分からず、急な坂道に懲りて下山しました。降りる前に記念に1枚。

Photo_14

 その後、釜山気象台のある山の頂上まで登り、また鳥探しをしました。

Photo_15

ハトがいたが、ドバトかコウライバトかは確認できず。
コゲラの鳴き声もしました。徐々に日が暮れる中、やっと撮れたのがこのヒヨドリ。

Photo_16

 次にカササギも撮れました。ねぐら探しで鳥が動き始めたようです。

Photo_17

 また、ダルマエナガも撮れましたが、若干露光不足でピンボケ。

Photo_18

 もう暗くなり始めたので帰りました。

<3日目>

 太宗台(テジョンデ)に行こうとして、途中影島(ヨンド)のプサン国際観光港によったら、できたばかりでまだ造成中といったところで、鳥はおろか、人もまばらでなにもなかった。

 車はあるが人はほとんどおらず、町までタクシーをさがしに1kmほど歩いた。しかし、タクシーが通るが乗車中でなかなか止まってくれない。帰国の待ち合わせ時刻も2時間後にせまっているので、さすがにあせってきた。

 しかも、今日は風が冷たく寒いので、太宗台も寒いと思い、行くのをあきらめた。何台かタクシーを止めようとしたが、乗車中が多く、あきらめてバスにしようとしたところ、やっと1台止まった。そのままPIFF広場へ行き、スターバックスで暖をとり休憩。

Piff

 その後、外の屋台で、強風の中、強引に火を焚いているのを横目で見ながら、クッジェ市場を見物して帰った。

  非常に風が強く寒い日で、ガイドの人が「花冷え(꽃샘추위 、コッセンチュオ)」と言っていた。

(風景はNikon Coolpix P5100 、鳥はNikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年3月 4日 (日)

佐伯女島・堅田・木立川&チャリティーイベント  H24/3/4

久しぶりに佐伯へいきました。

まず女島。

いつものとおり、ヒドリガモがたくさん。岩のりをたべていました。ヨシガモもけっこういます。

Photo_2

あとは、コガモやカルガモ、マガモもいました。

こちらは、ハシビロガモ。いつもの調整池で餌をあさっていました。

Photo_3

 今回は、アオジを撮れたのが収穫。声が高く短いためと、保護色の体色のため、声がしても場所を特定できず苦労しました。しかし、いったんコツをつかむと、動きがわかり、結構な枚数撮影できました。

Photo_4

 ホオジロやモズもいましたが、撮影失敗。

つぎは堅田川。

中流の砂州で水浴びをしています。わざわざここまで上がってくるのは、淡水で浴びたいからでしょうか?

Photo_7

 カモは、大部分がオオセグロカモメ(とその若鳥)のようです。

Photo_6

 しかし、一部、足の黄色い、少し小さいのがいます。ウミネコ(とその若鳥)のようです。

Photo_5

  最後に、木立川。

 相変わらず、色々なカモがいました。

 ヒドリガモ、オナガガモ。

Photo

 警戒モードでこちらを見ているカルガモ。

Photo_8

 他にも、コガモやマガモがいました。

 この間中、近くの電柱でノスリがこちらを見ていました。逃げないようです。おかげで、ノスリの比較的まともな写真をたくさん撮ることができました。

Photo_9

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

時間がきたので、こちらが本題の、家内が出演するフラのチャリティーイベントに行きました。プロ、アマ等、色々な所から出演しており、結構楽しめました。

Dscn6305

2012年3月 3日 (土)

大分市松岡  H24/3/3

しつこくミコアイサを探しに。

ついたとたん、沼の真ん中に白い鳥がいたので、期待してあわててスコープを組み立ててみると・・・

Photo

残念ながら、カンムリカイツブリでした・・・・

いつもの通り、ホシハジロは沢山いました。

Photo_2

後は、マガモ、カルガモ、カイツブリ、コガモ。

ついでに松岡の池に行くと、ブラインドが増殖していました。

相変わらずホシハジロがいる中、ここでもカンムリカイツブリが1匹いました。

今年はカンムリカイツブリの当たり年ですね。ここ数年はほとんど見なかったのに。

Photo_3

オシドリもいましたが、あまり数は多くありませんでした。どこかに隠れているのかも。

Photo_4

 こちらはオオバンですね。数匹で群れていました。

Photo_5

Photo_6

後は、メジロ、カワラヒワ、バン。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)