« 2012年6月 | メイン | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月28日 (土)

君津・東京品川  H24/7/26-28

また出張。

君津駅の前の丘には、住宅地の中に打ち捨てられたため池が。

Photo

翌日、反対側に行ったがなにもなし。住宅地から君津駅が見えます。

Photo_2

最終日東京、朝暇だったので、品川駅付近を散歩。新八つ山橋より、左から新幹線、山の手貨物線、東海道・京浜東北線、山手線。

Photo_3

気がついたら、大崎駅を過ぎていました。この辺はノラネコが多いらしく、そこらじゅうにネコ餌やり禁止の看板が。

五反田駅近傍まで散歩。上は東急池上線、下は目黒川。

Photo_4

道がわからなくなったので、交番で道をきき、引き返しました。




2012年7月22日 (日)

神崎  H24/7/22

写真に満足がいかなかったので、再チャレンジ。

今日は先客がいて、

「さっきまでアオバトが海水飲みにきていたけれども、ハヤブサに狙われて逃げてしまったよ」

とのこと。

たしかに、何回か、ハトの群れが来ましたが、そのつど、ハヤブサらしき鳥に追い立てられて四散しました。

近くの山のてっぺんには、斥候のようなアオバトが見張っていますが・・・

Photo

このハトもそのうちいなくなり、ハトが見られなくなったので、退散。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年7月21日 (土)

神崎  H24/7/21

アオバトが海水をのみに来るらしいので、見に行ってみました。

一昨年はまったくだめでしたが、今回は会うことができました。

旋回しながら、舞い降りてきます。飛行中はあまりドバトと変わらないですね。

20~30羽以上はいると思います。

Dscn0511

水飲み中。

Dscn0519

いちばんまともに取れた写真。ハトらしくせかせかしていて、すぐまた飛び立っては、水のみにくることを繰り返すので、デジスコではなかなかピントが合いません。おまけに、撮影場所の制約が大きく、デジスコ撮影には近すぎ、フレームインさせるのに苦労します。

Dscn0520

しかも、後で見ると、解像度が下げたままになっており、失敗。トリミングもあまりできませんでした。

群れで、岩の上を歩き回り、しばらくするとまたいっせいに飛び立ちます。

Dscn0526

 しばらく山の上から様子を伺い、また下りてきます。

Dscn0521

 3回ほど水のみを観察しました。まだ降りてきそうですが、近くでブラインドをつけて本格的に撮影を始めた人がおり、ブラインドもない私は、じゃましないように立ち去ることにしました。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年7月16日 (月)

県民の森  H24/7/16

一応行ってみましたが、不毛でした。写真まったくなし。

 まず、宇曽嶽は、2つある道の両方とも豪雨の影響で通行不可。片方の砂利道は雨で削れて今の車では底をつく状態。もう一方の舗装道路は倒木のため通行できず。

 あきらめて安友庭園に戻りましたが、雲行きがあやしいため、車にすぐ避難できるよう、道路際でカメラを構えていました。スズメ(ニュウナイスズメもいたようです)、カワラヒワ、ウグイス、コゲラ等いましたが、撮影失敗。雨が降りそうになったので、退散しました。

2012年7月15日 (日)

志高湖  H24/7/15

  あまりに暑いので、涼をさがして志高湖へ。ここは、多分初めてと思います。家内は行ったことあるというのですが、私は記憶ないなあ。

Photo

とりあえず、お目当てのコブハクチョウ親子を撮りました。

Photo_2

 アヒルもたくさんうろうろしていました。

Photo_3

 湖を1週しましたが、野鳥の収穫はなし。スズメとカワウ、ソウシチョウくらいかな。

 代わりに、コイの餌やりをしました。あまりのコイの激しさに、白鳥は途中で餌をあきらめて帰りました。

Photo_4

29℃ですが、下界よりは涼しかったようです。

(風景はNikon Coolpix P5100 、鳥はNikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年7月14日 (土)

堺  H24/7/12-13

出張編 堺です。

10年ぶりの大阪ですが、忙しくてとんぼ返りです。

目的地の住之江公園駅は競艇場の前。およそ背広が似つかわしくない駅です。

  Photo_3

こちらは阪堺電鉄。道路の真ん中を専用線の鉄道が走っています。乗ってみたいのですが、時間がありませんでした。

Photo_4

2012年7月 7日 (土)

宮崎  H24/7/7-8

  去年同様、また所用で宮崎へ。

深夜に到着した1泊目は、スカイホテルへ。ピラミッドのようにとがったホテルで、上の階にいくほど部屋数が少なくなります。最上階に泊まったので、わずか4部屋しかありませんでした。駅から近く、眺めは良かったですね。

Photo_9

 次の朝、さっそく例の川の河口に行ってみましたが、アジサシは見えず。シロチドリがぼちぼちいるだけ。強い雨が降り始めたので退散。

Photo_11

2泊目は、久しぶりのシェラトン・グランデ。さすがに眺めは良いですね。

Photo_7

夕方また行きましたが、やはりシロチドリがいるだけ。ここのところの大雨で巣が全部流れてしまったのでしょうか?しかし、去年はユリカモメ並みに乱舞していた親鳥も見当たりませんし、営巣場所を換えたのかな?

せっかくきたので、ドバトを撮影。

Photo
キジバト。沢山いました。

Photo_4

最後の日。あきらめきれずに、過去にアジサシが営巣したことのある、川の対岸の新富町側へ。しかし、サーファーばかりで、アジサシはあまり居ませんでした。豪雨で繁殖をあきらめたのでしょうか。但し、こちらでは、ときどき飛翔しているアジサシらしき鳥を見ました。もう繁殖を終えて沖へ散って言ったのでしょうか?

これは、ヒバリです。結構たくさん居ました。砂丘の上が草原になっているからです。

Photo_7

シロチドリは、それなりにたくさんいました。羽の掃除中。

Photo_6

 真正面。なんか哀愁を感じますね。他のチドリとの識別ポイントになる、襟巻きの切れ目がはっきりとわかります。

Photo_5

 セッカも多く、木に止まっている鳥を撮ったら、セッカのようです。

Photo_9

 ホオジロも、防風林を中心にたくさん居ました。ガのような餌をくわえている所。(逆光なので少し色修正しています)

Photo_8

所用の済んだ家内を拾った後、綾の大つり橋に行きました。昨年は、行ったものの架け替え中で入れませんでしたので、再チャレンジです。私は、10年以上前に古い橋を渡りましたが、新しい橋はやや細くなったような。

(すみません、写真に写っているのは通りすがりの人で、顔を消しています)

Photo_10

ここから先は「遊歩道」で、40分かかるとあります。おぼろげながら結構大変だった記憶がありますが、チャレンジしました。しかし、遊歩道は足場悪く、高低差大きく、トレッキングコース以上の難易度があります。ハイヒールやサンダルではやめたほうがよいでしょう。(前回は出張だったため、ビジネスシューズで行きました。よく切り抜けたものです。)結局、40分フルにかかりました。

 降りていく途中にある滝。水しぶきがすずしく、ここくらいまでは良かったんですが・・・

Photo_11

 谷底までおりて、小さなつり橋を渡りました。これからあの大つり橋の高さまで上ります。

Photo_12

最後は汗だくになりました。時間に余裕をもって行ったほうがよいでしょう。体力のない人は40分では無理です。

(風景はNikon Coolpix P5100 、鳥はNikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

おまけ、レンタカーの話。

今回は、ワゴンRを借りました。比較的新しいモデルのようで、NA,CVTです。17~18km/Lくらい行きました。昨年、同じ時期の宮崎で借りたインサイト(4ドア)は、23km/Lくらいでしたから、インサイトは軽自動車もしのぐことになります。やはりハイブリッドカーですね。

2012年7月 6日 (金)

東京・茨城  H24/7/5

茨城へ急遽出張へ。

いつものホテルは一部取り壊し縮小中。外人観光客減少の影響か?

P1000176

増上寺の奥には猫がいっぱい。
P1000177

シジュウカラの大群もいました。
P1000178

茨城へ。霞ヶ浦がかすかに見えます。(注:多分間違いで、後で地図で確認すると、外浪逆浦(そとなみさかうら)のようです)
P1000179