« 2012年8月 | メイン | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

赤迫池  H24/9/30

台風がようやく過ぎ去ったので、九六位山キャンプ場に行ってみました。

数日前には、キビタキやオオルリがいたらしいのですが、何もおらず。

そこで赤迫池に行ってみました。

こちらも、あまりおりませんでしたが、ミサゴだけはいました。

Photo

最近、ミサゴをよくみるなあ。時節柄?(ミサゴ=英名オスプレイ)

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年9月23日 (日)

佐賀  H24/9/22-23

  まだ時期は早いのですが、行きたくなったので、有明海へ。

 途中、山田SAの裏山が大きく崩れたあとを復旧中。先日の豪雨のものか?

<大授がらみ9/22>

 結局、ここが一番の収穫でした。小潮ながら満潮時です。

 たくさんいたのがこのダイゼン。腹の黒い夏羽もいました。

Photo

 ダイゼンといっしょにハマシギも。腹の白い冬羽のも。

Photo_2

 これははっきりわかるホウロクシギですね。ダイシャクシギとの違いが明瞭です。けっこうたくさんいました。

2

 100羽近いサギの群れ。なぜか1箇所にかたまっていました。アオサギ、ダイサギ、コサギがいます。

Photo_3

 サギの足元をあるいていた、アオアシシギ。

Photo_4

 こちらは、シロチドリとコチドリですね。動きが早いので、止まったところを狙って撮影。

Photo_5

 小さいので撮影に苦労したトウネン。

Photo_6

  なぜかカモが一匹だけ。オナガガモのようです。

Photo_7

 満潮を過ぎたあたりから雨が降り出しました。

<有明干拓9/22>

 だんだん雨が本降りになったので、車の中から何とかデジスコ撮影。オオジュリンのようです。

Photo_9

 遊水地には、ホシハジロが1匹だけ。居残り組?

Photo_8

<鹿島新籠9/22>

 潮が引き始めており、あまり鳥はいませんでした。

 走るソリハシシギ。

Photo_10

 カモの群れ。遠いですがたぶんオナガガモ。

Photo_11

 佐賀駅前についた頃には、雨が本降りに。

 昨年見たセキレイの塒は、空でした。スズメはたくさん寝てましたが。まだ季節が早いのか?

<有明干拓9/23>

 昨日とは打って変わって晴れの暑い日。引き潮なので大授がらみはあきらめ、有明干拓へ。ただしあまり獲物なし。

 スズメの群れ。隣は田んぼだからね。

Photo_12

 ツバメ。そろそろ渡りかな。

Photo_13

 けっこう勇ましく撮れたミサゴ。

Photo_14

 畑には、耕運機の後を追うダイサギが。

Photo_15

<鹿島新籠9/23>

 予想はしていましたが、昨日より潮が遠い状態でした。鳥はほとんどおらず。

 しかも、正午近くは非常に暑くなり、陽炎でまともな写真がとれず。

 ソリハシシギ。

Photo_16

 たぶんヒドリガモ。

Photo_17

 暑くて耐えられなくなったので、撮影終了。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

 毎度おなじみ、ゴルフCLの燃費です。

 前回年末に来たときには、あまり伸びなかったのですが、今回は、金池⇒大授がらみの片道で、19.2km/Lと健闘。やはりすごしやすい季節でエアコンを使わないのが良いのか?(逆に、前回、冬で暖房を使うのでのびなかったのか?)

H24922_2 

2012年9月17日 (月)

宇佐乙女新田  H24/9/17

 まだ、台風の風が残っている中、宇佐に行ってみましたが、水位が高いせいか、大きな鳥しかおりませんでした。

  カルガモの逃げた後に残ったカモ。前回はマルガモ(カルガモとマガモのハーフ)と思っていましたが、カルガモよりずうずうしく人なれしています。これはもしかしたら、「脱走アイガモ」ではないかと思っています。

Photo

 台風の風の中、必死でススキにすがるホオジロ。よく見ると、しっぽが短いですね。新米なのではないかと思います。

Photo_2

 ミサゴは、魚をとるのに成功して、強い風の中、杭の上で器用に食べています。

Photo_3

 小さめのカモの群れです。けっこう警戒心が強く撮るのに苦労しました。まだ夏羽なのでわかりづらいですが、フォルムから、オカヨシガモではないかと思います。

Photo_4

 初めて見たと思います。ホウロクシギ。ダイシャクシギとの差異が小さいので、自信がありませんが。2羽(おそらくつがい)でえさをあさっていました。

Photo_5

寄藻川にも行きました。しかし、いたのはミサゴとサギのみ。

小さなシギチドリは、どこかに避難しているようです。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

おまけ。ゴルフCLの燃費です。大分⇒宇佐乙女新田間(但し行きのみ)で、最高燃費をたたき出しました。あと0.1で20.0km/Lなんだけどな~

H24917_2

そういえば、前回の最高燃費も1年前の9月中旬でした。この季節はいい燃費が出やすいんでしょう。 

2012年9月16日 (日)

宇佐乙女新田  H24/9/16

台風が来ていたので、朝から早めに行ってみましたが、ときすでに遅し。

H24916

 豪雨と風のなか、ぼちぼちシギチはいるんですがね。写真を取れません。

 せっかくきたので、新しく卵の自動販売機ができていたので、買って帰りました。

 けっこうおいしかったです。

2012年9月11日 (火)

君津・東京港野鳥公園  H24/9/11

  最近出張が多いです。

 前回も行った君津の溜池。遠くにカルガモが。

Photo

池の全景はこんな感じ。半分ほど土砂で埋まっていますが、それなりに良い雰囲気。カモがたくさん来そうな感じ。

Photo_2

 こちらは、その下にあるもうひとつの溜池、よく整備されており、ハスが繁茂しており、カルガモもいます。

Photo_3

 由来書です。新関谷池、大関谷池とあります。

Photo_4

 暑くなってきたので、ホテルに帰りました。

 帰り、飛行機まで少し時間があったので、鳥を見に行ってみました。

Photo_5

 モノレール流通センター駅から歩きましたが、橋の上に日陰がないのであついこと。しかも、記憶していたより距離があり、15分近くかかり、しかも公園の中に入ってから、エアコンの効いた観察等まで10分くらいあるきました。

 その甲斐あってか、けっこうセイタカシギがたくさんいました。写真は、公園のビデスコ画像を、携帯で撮影したものです。

Photo_6

 こちらは、まだカモの渡りには早いのに、なぜかいたホシハジロ。公園の係員の話によると、渡らないで何匹か残っていたらしいです(面倒くさがり?)。公園のスコープに苦労して携帯を押し付けて写真をとりましたが、なんだかわからない写真になりました。

Photo_7

 帰りは、暑さにこりてバスを使いました。

2012年9月 9日 (日)

別府的が浜  H24/9/9

 昨日シギチがいたので、今日もいるかと思い、行ってみましたが、ウミネコばかり。

Photo

 若鳥もいました。

Photo_2

 あきらめて退散。ついでなので、鉄輪温泉のかんぽの宿に入ってきました。

 比較的すいていて、よかったかな。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年9月 8日 (土)

杵築守江湾  H24/9/8

 所用で別府にいったついでに、守江湾へ。

 ここは、カモ類のメッカで、まだ時期が早すぎ、案の定なにもおらず。

いたのは、イソシギ。

Photo

 堤防で引き潮をまつサギ類。

Photo_4

 アオサギ、遠いですが。

Photo_3

 といった、留鳥ばかり。

 雷の様子を伺いながら撮影しましたが、雨も降り出したので、時間切れで引き上げ。

 別府北浜の防波堤にも、ウミネコに混じってシギチが3羽ほどいましたが、逃げられて確認できず。また雷がなってきたし退散。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年9月 2日 (日)

佐伯女島  H24/9/2

久しぶりに佐伯女島へ。

名物のトビはたくさんいました。警戒心薄いですね。

Photo

 アオサギもたくさん。

Photo_2

 遠くの電線には、ミサゴが留まって羽づくろいをしていました。

Photo_3

 これで終わりと思って、帰ろうとすると、5羽のシギの一団が。

Photo_4

 最初はキアシシギと思いましたが、このせかせかした動きと、特徴的なくちばしは、ソリハシシギのようです。

Photo_5

 なぜか、1匹だけ、留鳥のイソシギが混じっていました。

Photo_6

お目当ての小島新田のバン親子は見つかりませんでした。

木立川には、カルガモがたくさん浮かんでいました。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2012年9月 1日 (土)

大野川河口  H24/9/1

先週失敗したので、今回は、十分に潮が引いてから行きました。

干潟が広いので多少遠いですが、ぼつぼついました。

アオアシシギ2羽。少し色合いが違いますが、両方ともアオアシシギのようです。

Photo

 キアシシギ。全部で3羽いました。カラスやウミネコに追い立てられ逃げていました。

Photo_2

 ウミネコ。若鳥なのか、多少くちばしの点の色が薄いような。

Photo_3

 アオサギと思いますが、換羽中なのか、模様が変。

Photo_4

 後は、カラスとスズメたくさん。

 短時間の割には収穫あり。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)