« 2013年1月 | メイン | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月24日 (日)

田ノ浦  H25/2/24

今日は、数年ぶりにお会いしたHさんと田ノ浦に行きました。

目当ての鳥は現れず、このカワアイサだけがまあ収穫といえるもの。

Photo

 なにもないのは悲しいので、とりあえずジョウビタキを撮ってみました。
Photo_2

 遠くには、セグロカモメが浮いていますが、目指す鳥はいませんでした。
Photo_3

 風が強くなってきたので、あきらめて退散。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年2月23日 (土)

別府志高湖  H25/2/23

比較的暖かい日なので、志高湖に行ってみました。海に行くのには、潮もいまひとつだしね。

通りすがりの人から、「トラツグミがいるよ」と教えてもらいました。初めて見ました。

Photo

目当てのウソ(アカウソ?)は、湖寄りの木にいました。
Photo_2

こちらはオス。日なたに出ると、喉の赤色がきれいですね。
Photo_3
 

ここにいつもいるアヒル。
Photo_5

 そろそろ日が陰ってきて、人もまばらになってきたので、スズメが集まってエサを漁りだしました。魚のエサのおこぼれが目当てのようです。

Photo_6

 水飲み場で水を飲むコブハクチョウ。湖が近くにあるのに。やはりおいしいんでしょうか?
2013022320340000

 トラツグミは収穫でした。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)(白鳥は携帯)

2013年2月17日 (日)

宇佐  H25/2/17

前回とは打って変わって、日が照らず、肌寒い日。収穫もあまりありませんでした。

<乙女新田>

湿地には、アオアシシギが数羽。

Photo
セッカやカワラヒワ等の小鳥もいましたが、撮影できず。

海側の砂州には、いつも通り、シロチドリとハマシギの混群が。

Photo_2

 マガモ、オナガガモ、コガモ、ヒドリガモ等のカモ類は、海に浮いていました。

<寄藻川>

 ミサゴが数羽いましたが、いつもより警戒心が少ない。食べ物の少ない季節だからか?
Photo_3

 ツクシガモが20羽ほどいました。今年はここでツクシガモをよく見ます。
Photo_4
 他のカモは、カルガモ、ヨシガモ、マガモ、ヒドリガモ、ウミアイサといったところ。

 遠方で動き回っているのは、たぶんトウネンでしょう。たくさんいました。
 
Photo_5

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年2月16日 (土)

松岡  H25/2/16

今日は綱引き大会を見ていたので、午後遅くに松岡へ。

オシドリしかいませんでしたが、たくさんいます。計50匹くらい?

Photo_4

 あいかわらず多いですね。
Photo

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年2月11日 (月)

大分市   H25/2/11

某池に行ってみましたが、やはりお目当ての鳥はいませんでした。

いつもの通りホシハジロがたくさん。

Photo

 しかし、カルガモの後ろにいるのは、キンクロハジロのようです。メス1羽だけ。
Photo_2

 ホシハジロに混ざって飛んできたようです。
Photo_3

 これは、アオサギですが、全体的に色が薄いでした。警戒心も薄いし、幼鳥かな。
Photo_4

 風が冷たい日で、寒くて退散しました。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年2月10日 (日)

別府枝郷&志高湖 その他  H25/2/10

別府に所用のついでに、枝郷に行ってみました。

しかし、目当てのミヤマホオジロはおらず、カシラダカは撮影に失敗。

スズメがたくさんいたのので、とりあえずスズメを。春の鳴き声になってきましたね。比較的暖かい日でしたが、それでも羽を立てて膨らんでいます。ニュウナイスズメもさがしましたが、見つかりませんでした。

Photo

 遠方でシジュウカラが鳴いていましたが、陽炎がはげしくて鮮明に撮れませんでした。
Photo_2

 志高湖に行くと、ウソが黙々と花芽をたべていました。

Photo_3
 たしかに赤っぽいですね。アカウソのようです。
Photo_4

 2羽いました。のどの色がちがうようなので、つがいかな。
Photo_5

 背中はこんな感じ。
Photo_6

 シジュウカラの鳴き声に交じって、しきりにドラミングの音がするので、探すと、コゲラです。
Photo_7

 真剣になって木をつついています。そろそろ巣作りでもはじめようとしているんでしょうか?
Photo_8

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

 その後、今日のメインイベントのビーコンプラザでの朝来さんのヴァイオリンリサイタルへ。小さなホールで子供も多いコンサートでしたが、ざわつくことなく良いコンサートでした。曲も比較的知名度の低い曲が多かったにも関わらずです。聴衆に楽器経験者が多いのでしょう。旧友との紹介のあった、ピアノの居福さんとの息もあっていました。

 帰り、鉄輪温泉によろうとしましたが、えらく混んでいるのでパスし、山奧の竹泉へ。初めて行きました。露天しかないですが、よく整備されていて、良かったですね。

2013年2月 9日 (土)

大野川  H25/2/9

コウライアイサがいるらしいので、大野川を探してみましたが、残念ながらいませんでした。

マガモとコガモだけ。

Photo

 チュウサギです。こちらを警戒して、遠ざかっていきます。

Photo_2

 けっこう内陸の場所ですが、イソヒヨドリがたくさんうろうろしていました。オスはいつみてもきれいですね。
Photo_3

あとは、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、イソシギといったところ。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年2月 3日 (日)

大宰府  H25/2/3

ボストン美術館展を見に、大宰府の九州国立博物館に行ってきました。

しかし、すごい人だったですね。数年前に行った契丹展とは大違いです。

駐車場も満員でした。

いつもながら、不思議な構造の博物館の内部。
Photo

 ボストン美術館展は、家内に誘われて、よく内容がわからず行ったのですが、けっこうおもしろかったですね。日本画ばかり、繊細なもの、大胆なもの、いろいろありました。

 そのあと、大宰府天満宮に行きましたが、この人出。受験シーズンは覚悟していましたが、今日はその上に節分でした。
Photo_2

 列に並ぶのはやめにして、手前の鷽(ウソ)像にお参りして済ませました。
Photo_4

 昼食は、土産物屋街の食堂で食べました。人出が多い割には空いていてラッキー。

 帰り、朝倉市の「卑弥呼ロマンの湯」へ行ってみました。公民館?に併設されていて利用者が多い割には、けっこうよく管理されています。アルカリ性の肌がぬるぬるになる湯で、かすかに硫黄臭がします。こんな平地に温泉が湧いているんですね。不思議です。

2013年2月 2日 (土)

別府枝郷・志高湖  H25/2/2

今日は異常に暖かいので、枝郷に行ってみました。

先月は、凍える寒さだったのがうそのよう。17℃と汗ばむくらいの陽気です。

ホオジロ類を撮っていたら、野鳥の会のYさんがきました。

「志高湖にアカウソがいるよ」との情報です。

ここで撮った写真は、遠かったので、ミヤマホオジロと思いましたが、帰ってから整理したら、ほとんどがカシラダカのようです。

Photo

 けっこうたくさん群れになっていました。
Photo_2

 そして、志高湖へ、写真スタジオ経営のYさんをはじめとして、すでに4人ほどがカメラをかまえています。ウソは飛び去ってしまったらしいので、待ち時間にツグミを撮りました。珍しく強気のツグミでした。
Photo_3

 しばらくすると、数羽のウソの群れが現れました。意外と目立たない色の鳥なので、探すのに苦労します。
Photo_4

 何回か撮影しましたが、帰って確認してみると、すべてウソで、アカウソはいませんでした。

追記:某氏のホームページには、ここにはアカウソしかいないと書かれています。ほんのり腹が赤いような気がするので、もしかして、全部アカウソなのかもしれません。だとすると、先月九六位で撮ったのも、アカウソでは?と思います。
Photo_5
(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)