« 2013年4月 | メイン | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

別府志高湖  2013/5/26

夕方、別府に所用で行ったときに、志高湖にコブハクチョウの雛を見に行きました。

藪の中に巣がありました。雛がかたまっていました。まだ自分で行動できないのかな。

Photo_4

 しかし、しばらくすると、1匹だけ巣の外に出てきました。

Photo_5

 自分で草を食べているようです。一番成長した雛かな?
Photo_6
 こちらは、成鳥です。足を持ち上げて休憩中。

Photo_7

 アヒルもたくさんいましたが、巣引きしているけはいはないですね。
Photo_8

 ホオジロが、つがいでおもいっきり警戒していました。近くに巣があるのでしょうね。かわいそうなのでそっと離れました。
Photo_9

 その他、ガビチョウやキビタキらしき鳴き声はしたのですが、撮影はできませんでした。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影(ハクチョウ雛の群れはスコープなし))

大分市古国府  2013/5/25

今日は会社のイベントで忙しかったのですが、合間にまた古国府へ。

いつもの鳥しかいませんでした。キジと鉢合わせてしまい撮り逃しました。

アマサギは、茶色部分の大きさが個体によって異なりますね。

Photo

 スズメは、若鳥が群れになってエサをあさっていました。
Photo_2

 意外と撮れていないヒバリ。保護色なので見つけづらいです。何とか見つけて撮影。
Photo_3

 非常に風が強く、撮影しにくい日でした。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年5月19日 (日)

大分市古国府  2013/5/19

今日は、午前中雨で、午後になって晴れたので、近場の古国府で、ジョギング中に気になっていたアマサギを撮りにいきました。

アマサギは、ここ数日、同じこの芝生にいます。近くで水防訓練をやっていて、ヘリとか相当に騒々しいですが、あまり気にしていないようです。10羽ほどいましたが、コサギもちらほら混じっているようです。

Photo

 こちらは、なぜか3羽ほどいたチュウシャクシギ。芝生でエサをあさることがあるとはしりませんでした。もう時期も遅いですし、渡るのをやめた口でしょうか?
Photo_2

 キジも複数羽いました。皆オスです。おそらく後ろでメスが営巣中なのでは?
Photo_3

 複数のイワツバメが、巣材用の泥をとっていました。滝尾橋の下で営巣しているものと思います。
Photo_4

 とおもったら、1匹だけツバメの幼鳥が混じっていました。
Photo_5

 最後に、ホオジロにしては少し違った鳴き声がするので、見てみると、ホオアカでした。もう高地に帰る時期と思うのですが、まだいるのですね。
Photo_6

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年5月18日 (土)

県民の森  2013/5/18

 

きょうも先客が1人いて、「サンコウチョウの声はするけどなかなか撮れないよ」といわれました。

とりあえず庭園に行くと、庭園には、しきりにホオジロの威嚇声が聞こえます。

Photo

つがいで威嚇しています。偽傷行動もして激しいです。

Photo_2

 この幼鳥を守っていたみたいですね。かわいそうなので早々に引き揚げました。
Photo_3

 沢にはなにもおらず、庭園の裏手の藪で、オオルリらしき鳥を見たが、撮影できず。

その後、食事と、目的地の長湯温泉に行き、夕方再び挑戦です。

夕方に行くと、沢のところで、サンコウチョウ、もしくはオオルリを確認。
サンコウチョウらしき鳥が数羽でケンカしているのも見た。メジロが目の前を横切る。
ヤマガラ、エナガ、コゲラの混群も確認した。

しかし、撮影はなかなかできません。撮れたのは、このピンボケシジュウカラのみ。

Photo_4

暗い林でのデジスコ撮影は、やはり難しい。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年5月12日 (日)

大分津守&星南大橋  2013/5/12

 朝、ジョギングしているとやはり、カルガモと違うなんかのシギがいます。

 そこで、懲りずにこんどは対岸からチャレンジしてみました。

 滝尾橋の下には、たくさんのイワツバメの巣があります。下は遊歩道でたくさんの人が散歩やジョギングしていますが、イワツバメはあえて人の多いところに巣をつくっています。カラス対策でしょうか?それにしても数十匹のツバメが飛び交う様子は壮観ですね。

Photo_2

 しばらくは何もいなかったのですが、帰り際に見ると、いました。よく見るとそんなにくちばしは長くないのでチュウシャクシギでしょう。遠くてカゲロウで不明瞭ですが、とりあえず撮れたので満足。

Photo

 最後に、ヒバリでも撮ってから帰ろうと思っていると、ヒバリと少しちがうのがいました。水際でじっとこちらを見ています。いた場所から、チドリの類かと思いましたが、帰ってネットで調べると、どうもマミジロタヒバリのようです。初見ですね。
Photo_3

 背伸びして、こちらを警戒しているようですが、あまり逃げる気はないようです。
Photo_4

 もう少し近づくと、下に降りて逃げられました。残念。

Photo_5

 その後、県民の森に行きましたが、先客がいて、帰ろうとしており、「サンコウチョウしかいないが、写真は撮れなかった」とのこと。確かに、今回はオオルリはおらず、サンコウチョウも鳴声がすこししただけで見えず、あきらめて退散。

 そして、最後に、星南大橋にブッポウソウチェックに行きましたが、こちらも先客(下の巣箱の設置主)がいて、まだブッポウソウは見ていないとのこと。

 巣箱の住人は残念ながらムクドリです(逆光で色がわかりにくいですが)。
Photo_6

 ヒヨドリがさかんに囀っていました。 
Photo_7

 暑い日で、サンショウクイの声もしましたが、探すのもめんどくさくなり終了。あまり暑いので、予定していた湯平温泉行きも中止して帰りました。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年5月11日 (土)

津守  2013/5/11

朝ジョギング中に、ダイシャクシギ(かホウロクシギ)を見たので、昼頃デジスコを持って出かけてみました。

川下まで探しましたが、残念ながら、ダイシャクシギらしきものは見つかりませんでした。

シギの声がするので見て見たら、いつものイソシギですね。

Photo

 この場所は、鳥たちにとって都合がよいのか、スズメの水浴び場所になっています。

 カルガモも水浴びをしていました。
Photo_2

 そのうち、イソシギと違う鳥が飛んできました。キアシシギですね。
Photo_3

 こちらも羽の手入れをしています。
Photo_4

 複数羽いるのを確認しました。

Photo_5

 こちらはトビ。警戒心が少ないので若鳥かな。
Photo_6

 渡りの季節は、思わぬところで思わぬ鳥に出会うことがあるので、デジスコをいつも用意しておきたいのですが・・・さすがにデジスコをしょってジョギングするわけにもいかないので・・・残念です。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年5月 6日 (月)

県民の森安友   2013/5/6

GW最後の日は、県民の森に行ってみました。

サテライトの入り口付近に行って、しばらく周囲を眺めていましたが、何も現れないので、安友庭園に移りました。

しかし、こちらでも、カワラヒワの声がするくらいで、何もあらわれません。シジュウカラやヤマガラ向けの巣箱がたくさんありますが、営巣している気配はありません(昨年はいっぱい営巣していましたが・・・まだ早いのかな?)。しかも、巣箱の一つは、入り口が削り取られ広げられていました。アオゲラの仕業?

さらに奥の渓流にいくと、澄んだ鳴き声がします。その場所で、宮崎からいらした方がデジスコを構えているのに出会いました。「声はオオルリだよ」と教えてもらい、撮影にチャレンジしましたが、うまく撮影できず、遠くに逃げられてしまいました。それから1時間以上待ちましたが、声はすれども姿は見えません。また、イカルを目撃したり、サンコウチョウオスが目の前を横切ったりしましたが、撮影はできませんでした。

今日は収穫なしかな?と思って帰ろうとしたら、いきなり真上の杉に移って啼きはじめました。

Photo

 「オオルリ」ですが、真上で空抜けなので、ルリ色はあまりはっきりせず、白い腹しか見えません。

 しかし、数分間、囀ってくれました。
Photo_2

 飛び去ってしまったので、終了。
Photo_3

 森の管理事務所近くに戻ると、もう夕刻になっていたので、いろいろ鳥が動き始めました。スズメ、ウソ等がねぐらに帰っていく中、リュウキュウサンショウクイが木に留まるのが見えました。
Photo_4

 羽の掃除中。
Photo_5

 こちらもいろいろパフォーマンスして飛び去りました。
Photo_6

 頑張って待ったかいがありました。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年5月 4日 (土)

yahooBBドーム   2013/5/4

この4連休は結婚式が入ってしまい、遠出ができないので、野球観戦に行ってきました。

ホークス、対マリーンズ戦です。

中継ぎが崩れて負けてしまいましたが、内川の先制ホームランはなかなか見どころありましたね。

Photo_2

2013年5月 3日 (金)

宇佐乙女新田  2013/5/3

時間ができたので、久しぶりに宇佐乙女新田へ。潮が悪く夕刻になってから行きました。

コガモと、一羽だけいたマガモ。

Photo

 いつものアオアシシギ。数匹いました。
Photo_2
 

 セグロカモメを撮っていると、夫婦で鳥見をしている方に出会いました。Eさんだそうです。

Photo_3

 海側には、他になにもいないと思ったのですが、この方々に、シロチドリと、ダイゼンの群れを教えてもらいました。

 たしかに、よく見ると、干潟にぽつぽつシロチドリがいますね。場所取りのケンカをしているのもいます。

Photo_5



 こちらのシロチドリは、こちらを見て動きませんね。なぜ?
Photo_4

 すると、近くに雛がいました。警戒しているのでしょうね。しかし、雛は気にせず、どんどん走って離れていきます。動きがあるとわかりますが、止まっていたり、写真だと保護色でわかりませんね。
Photo_6

 雛はどんどん走っていってしまいました。親も特に追わないので、巣立ちはしたのでしょうね。
Photo_7

 チュウシャクシギが1羽だけいました。水浴び中。

Photo_8

 こちらはダイゼンの群れ。広い干潟の1か所にかたまっていました。
Photo_9
 ハマシギもたくさんいます。ともに冬羽のものと夏羽のものが混ざっていました。

Photo_10

 こちらも、1羽だけ離れていましたが、たぶんダイゼン?
Photo_11

 日が傾き始め、カメラのシャッタースピードが遅くなり、撮影しづらくなったので、切り上げました。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年5月 1日 (水)

大野川  2013/5/1

津守に行ったけど、セグロカモメしかいなかったので、大野川へ。

しかしこちらも似たようなもの。

オオセグロカモメがたくさん寝ていると思ったら、立ち上がると足の黄色いウミネコがまじっていました。

Photo


 アオサギはなにか魚を捕食中。

2

 ダイサギは夏羽に変わっていました。

Photo_2

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)