« 2013年7月 | メイン | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

宇佐乙女新田  2013/8/31

 今季初の乙女新田です。台風の影響もあり、避難している鳥がいるのではないかと。

 シロチドリ。こいつは留鳥です。数が少ないので、岩にまぎれて見つけづらい。飛び立って降りたところを狙って撮影します。

Photo

 マガモ。まだ換羽していなので、メスのようですね。
Photo_2

 たくさんいたのが、アオアシシギ。湿地側には50羽近くはいたのでは?

 秋の渡りの先陣を切っているようです。
Photo_3

 一通りアオアシシギの写真を撮り、帰ってしらべて見ると、1匹だけ異なるシギがいました。

真ん中の一番手前で、足が短いのでたぶんオバシギかと。

 静かに休んでいるアオアシシギの群れの周りを、こいつだけ落ち着かない感じでうろうろしていました。時には群れに割り込んで顰蹙を買ったり。
Photo_4

 

  残念ながら雨が降り出したので退散。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年8月25日 (日)

大野川  2013/8/25

昨日は所用、今日はずっと雨で出られませんでした。夕方ようやく雨が上がったので、大野川へ。

 ウミネコです。頭が灰色なのでたぶん幼鳥。

Photo

 ミサゴです。獲物の生きが良すぎるらしく、抑えつけながらバランスをくずしてバタバタしていました。
Photo_2

あとイソヒヨとイソシギ。

シギの声はするんですがね。カラスに追われてどこかに行っちゃいました。

後で大在干潟に行きましたが、こちらはイソシギのみ。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年8月18日 (日)

大野川・大在・津守  2013/8/18

そろそろ渡りが動き始めているらしいので、夕刻に出かけてみましたが、渡り鳥の収穫なし。

大野川河口の鵜。潮が満ちているので退避しているみたい。

Photo

 あとは、ダイサギ・アオサギくらい。
Photo_2

大在干潟に行ってみましたが、イソシギのみの収穫。バイクに乗った、カメラの好きなおじさんに長らく話しかけられました。
Photo_3

 最後に、津守に行きましたが、カルガモのみ。
Photo_4

 干潮の正午前後に行った方が良かったかも。でも暑かったし。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年8月17日 (土)

津守  2013/8/17

夕暮れ時出たが、なにもいなかった。辛うじてカルガモ、ミサゴがいたが撮影できず。
滝尾橋の街灯にウミネコがたくさん。こちらを撮った方が良かったかも。

2013年8月10日 (土)

ハワイ ヒロ  2013/8/8-12

新婚旅行以来のヒロです(この時は昼食に寄っただけですが)。旧市街は昔のままでしたが、郊外にいくとハイウェイが発達して完全に車社会になっていますね。おかげで移動はべんりでしたが。

<8/8>

 会社を急いで退社しようとしたら、広範囲に緊急地震速報が・・・これは出発できなくなったと思っていると、誤報だったようです。

 夜半すぎに日本を出て、昼頃ホノルルへ。空港にはカノコバト、チョウショウバトがたくさんいました。

Photo

 しばし待った後、ヒロへ。ホテル(シーサイドホテル)は、中国風庭園つきの古いホテルですが、よくリフォームされていました。もう夕方なので就寝。

Hotel_pond

<8/9>

 朝、ココナッツアイランドまで鳥見。 歩いて15分くらい。

Coconuts_island

 どこにでもいるイエスズメ。

House_spallow

 キバシコウカンチョウ。コウカンチョウ(カーディナル)に特徴的な頭のねぐせがないですね。

Yellow_billed_cardinal

 キンノジコ。きれいな黄色。カナリアみたい。

Safflon_finch1

 キョウジョシギの一種ですね。たくさんいました。日本のとは少し違うよう。

Turnstone

  ムナグロ。日本のとそっくりですが・・・渡らないのか?

Pacific_golden_prover1

 キアシシギ。たくさんいました。

Photo_3

 これはホテル近辺で泳いでいるカモ。子育て中と思われ、家族で行動しています。オカヨシガモに似た地味なカモ。(多分mottled duck?)

Photo_4

 今日は、溶岩樹公園へ。けっこう遊歩道が整備されていましたが、遊歩道をはず

れると風穴が多く、危険です。熱帯らしく、20~30mに達する高木が多かったですね。

Lava_tree_park_3

 動物園に行きましたが、残念ながら予報どおりかなり強く雨が降ってきました。木の上で餌のおこぼれをねらうチョウショウバト。これだけ撮って退散しました。

Zoozebradove

<8/10>

 昨日は「ポピポピ」大声で鳴くカエルのために眠れませんでした。おとといはいなかったのに。

 ホテルの庭にいたゴイサギ。毎日じっと餌をねらっています。収穫はあるのでしょうか?カエルを食べてくれればよいのに。

Hotel_night_helon 

 ホテルの朝飯をすっ飛ばして、早朝からキラウェアへ。家内の代わりにハンドルを握ってみました。初めてのアメリカ運転ですが、左右逆の交通ルールは疲れますね。しかも、隣があーだこうだとけっこううるさいし。面倒なので家内に運転させることにしました。こちらは毎年運転しているので、地理にもくわしいですね。

 しかし、今日は生憎の雨模様です。車を停めていろいろ散策しようとすると激しく降ってきます。残念なドライブになってしまいました。

 マウナロア山腹のバードパークにて。鳥はたくさんおり、雨が降るまでの短い間ですが、それなりに撮れました。

 これは多分メキシコマシコ。遠いですが。

Birdpark  

 キマユカナリア。よく動き回ります。

 Birdpirk

 ショウジョウコウカンチョウ。換羽期なのか、暗い空のせいか、思ったより赤色が目立ちませんでした。

Birdpirk_2

 キラウェアに入ると、噴火口からたくさんの噴煙が立ち上っています。火山活動が活発になっているらしく、噴火口の近くは硫黄系のガス濃度が高いため、立ち入り禁止になっていました。

Kilauea

 こんなところにもイエスズメが。観光客の残飯狙いでしょう。

Kilauea_house_spallow

 キラウェアの火口内には、白い鳥が数羽うろうろしていました。シラオネッタイチョウと思われます。トビのように飛んでばかりなので、デジスコでの撮影は無理。

 雨が降ってきたので、キラウェア・イキの火口へ。少し小さい噴火口です。中を人が歩いているのが見えます。このあたりにも鳥は多いですが、なかなか写真は撮れず、すぐに雨が降り始めました。

Kilauea_iki

 その後は土砂降りとなり、ヒロに戻りホテルで休憩。

 夕刻、所用もあったので、街中のワイロア公園に行きました。ムナグロらしきものやアヒルがたくさんいましたが、またもや雨が降り出しました。

 場所を変えてレインボー滝へ。しかし、雨のせいか、泥水が激しく流れる滝になっていました。レインボーのイメージでないですね。

Rainbowfalls

 その後、家内の友人たちと食事。ミヨズという和食店で、にぎやかにおしゃべりしながら食べました。けっこうちゃんとした和食で、待ちも出るほど満員でした。

<8/11>

 今日は、ヒロは晴れていました。そこでキラウェアに再挑戦。途中は雨降りでしたが、山頂についたら晴れていました。40kmくらい先のマウナケア天文台が見えるほど、視界が良い日でした。

Mauna_kea_astroscope

 昨日と同じバードパークに着きましたが、たくさんの鳥の声はするものの、撮影に適した場所が見つからず、2時間近くも粘った上に結局あきらめました。場所を変更してキラウェアの方へ。

 キラウェア山腹を飛ぶシラオネッタイチョウ。飛びながらの撮影ですがなんとか成功。距離は数百mあり遠いですが。

Koaekeakilauea

 多分シマキンパラ。ありふれた鳥のようです。アスファルトの上をあるいていました。

Photo 

 これは、プウ・プアイ火山。スコリア(要するにがれき)の山です。登山禁止なので下から撮影。

Puu_pual

 この傍に、鳥がたくさんたかっているレフアの花があったので、ここでしばらく撮影。

 メジロかと思ったら、目の周りがしろくない。嘴も長い。アマキヒ(ミツスイの一種)ですね。たくさん撮れてました。

Amakihi4

 こちらは、よく見ると赤い色がついています。アパパネ(こちらもミツスイ)ですね。レフアの花と保護色です。

Apapane2

 夕方、ワイロア川に行ってみると、アヒルやガチョウがたくさんいました。

Photo_2

 中に、変なのが混じっています。ネネですね。絶滅危惧種がなぜこんなところに?

Nene

 さらにその先には、カナダガンの群れが。あきらかに餌をもらっている感じ。飼われているんでしょうか?

Photo_3

<8/12>

 今日は最終日で帰らねばなりません。多少雨がちな天気ですが、とりあえずリリオウカラニ庭園・ココナッツアイランドまで散歩。

 何度も津波の被害を受けていますが、結構きれいな日本庭園です。場所柄仕方ないですが、随所に溶岩があるので、多少違和感あります。

812hilo_lilioukarani

シギチが群れでいます。こちらを警戒していますが、日本よりは距離が近くても平気です。前回同様、確認されたのは3種です。

 Photo

 キアシシギの後姿。哀愁漂う。

Photo_2

 キョウジョシギ。足短いです。

Photo_3

 お座りするムナグロ。リラックスしています。

Photo_4

 旅の最後に、アカカフォールズへ。

 夏休み時期のせいか、月曜にもかかわらず狭い駐車場は満杯。訪れたことのある家内を路上駐車の車番で残して、20分足らずのトレッキングに行ってきました。

 ルートは数100m程度、起伏に富んでいますが、コンクリート製でよく整備され、サンダルでも大丈夫です。熱帯雨林の中の雰囲気が味わえるのでなかなか良いですね。

 アカカ滝。華厳の滝と同じくらいの規模です。

Akakafalls

 隣にあるカフナ滝。高さは同様ですが、水量は少ないですね。

Kafunafalls

 トレイルで会った鳥。多分, warbling silverbillと思います。

812akaka_bird

 この後、ビッグアイランドキャンディーズに行っておみやげを買いました。ここで勤務している家内の友人は、昼食中でしたので、簡単な挨拶だけして別れました。

 そして、ヒロ天文台に行きましたが、月曜で休日でした。仕方なく、町に引き返して、ミヨズで昼食を食べて、帰りました。

 今回は、8日の深夜に発ち、13日の深夜に戻る羽田便を使いました。大分から発着することを考えると、比較的便利かな。行きの、仕事が引けた後の深夜チェックインはつらいですが。

 

※追加:忘れていました。車のことです。

 今回、初めて海外でのレンタカーに乗りました。(私としては、家内は既に何回か経験あり)

 フォードのフォーカス、2.0Lの6速ATです。サイズは、4370mm×1810mm×1480mmhと、愛車のゴルフより、高さを除いては少しずつ大きいです。しかし、けっこう小回りが利いて乗りやすい車でした。難点は、前後長が結構狭く感じることかな。ゴルフより10cm以上も長いのに、傾斜した前後ガラスのせいか、狭く感じました。横幅は十分な広さです。燃費もまあまあ。正確に測っていませんが(操作が分からなかった)。約300マイル走って、35L位のガソリン消費だから、14-15km/Lといったところか。エアコンを多用し、ハイウェイ中心ながら坂道が多かったことを考えると、良好ですね。

  なお、ハワイ島では、このフォードフォーカスは最新型がよく売れていて、駐車場で間違えるくらいありました。対するゴルフは、旧型こそ見かけるものの、5~7代目の新型はほとんど見ませんでした。ネットで調べると、新車の最低価格が、フォーカスで1万6千ドルくらい、ゴルフで1万8千ドルくらいと、2千ドルも違います。これではフォーカスの方に人気が集中して当たり前ですね。ちなみに、日本車も多かったですが、ほとんど旧型の使い古した車です。スバルフォレスターも人気がありましたが、2代目が多いですね。より大型化した3~4代目は、価格のせいか、取り回しが悪くなったせいか、あまり見かけませんでした。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影、但し風景はCoolpixのみ)

2013年8月 4日 (日)

京都大学地球熱学研究施設   2013/8/4

今日、一般公開なので、行ってみました。

入り口で、旧友のY君と会いました。10年ぶりくらいかな。毎年来ているとのこと。

私は初めて(仕事で行ったのを除いては)。

展示は、学生の時の研究、今やっている仕事とも関係しているものがあって、結構おもしろかった。

帰りにお土産にもらった橄欖岩のかけら。

201384

2013年8月 3日 (土)

津守  2013/8/3

暑いですね。鳥見にはつらいです。

夕方日がくれたころに、近くに行ってみました。

最近撮っていなかったカワラヒワ。遠いですが。

Photo_3

保護色で、意外と撮る機会の少ないヒバリ。

Photo_2

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)