« 2013年8月 | メイン | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

九六位山  2013/9/29

 九六位で渡りの小鳥が結構撮影できるらしいのですが、何度か探してみてもそれらしいところは見つかりませんでした。そこで、詳しいYさんにお伺いしたところ、親切に教えてくださいました。

 昨日行ってみましたが、生憎の雨で撮影はできませんでした。そこで今日再挑戦。

 風が強く、あんまり条件は良くありませんでしたが、しばらくまつと、来ました。エゾビタキですね。

Photo  しばらくすると、また来ました。やはりエゾビタキのようです。

Photo_2
 その他、カケス(腹と声だけ)、顔に模様のあるモズくらいのしっぽの短い鳥(ヒレンジャクだったか?)、リュウキュウサンショウクイ等も見ましたが、写真は撮れませんでした。デジスコで小鳥を撮るのは難しいですね。

 また、行く途中で、道を横切るヤマドリオスを見かけました。きれいな鳥ですね。いつか撮影したいなあ。

 

 やはり、木の実がなっていることが、鳥の集まる条件ですね。実のなる木についても勉強せねば、良いスポットは見つけられませんと反省しました。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年9月23日 (月)

県民の森  2013/9/23

小鳥の渡り鳥を見たくて、夕方涼しくなってから県民の森へ。

安友庭園だけでなく、いつもは行かない管理センター側の自転車道にも行ってみましたが、さっぱり収穫はありません。

そこで、安友庭園の入り口でしばらく待ってみました。

上空はたくさんのツバメが舞っています。イワツバメでしょうか?写真には撮れませんが。

そのうち、一匹の小鳥が木の枝で羽の掃除を始めました。完全に空抜けで、シルエット状態ですが、たぶんエゾビタキでしょう!ホントですよ!

 

Photo

 判断基準は

①画像加工ソフトで色を薄くしてみたら、腹に縦縞が見えた

②しっぽが短いのでホオジロではない

③しっぽがM字型でないのでヒワ類ではない

 です。

 これは加工後の写真。

2

 それにしても、フリーの画像加工ソフトは使いづらいですね。少し前まではPhotoshop Elementsを使っていましたが、OSをWindows8にしたら使用できなくなりました。Photoshopを買ったほうが良いのかな?でも高いしな。

 

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年9月22日 (日)

宇佐乙女新田  2013/9/22


 先週は、所用があったり風が強かったりして、なかなか行けなかったので、今週は絶対いくつもりでいましたが、天候は良かったものの、思いのほか気温が高く、汗だくになりながらの撮影でした。暑さのせいで陽炎がたち、遠方の被写体が明確に撮れなくて残念でした。

 湿地側には、とにかくたくさんの鳥がいました。海側は、大潮の満潮で干潟が少なく、そのためか収穫はありませんでした。

 これは、今回収穫のオグロシギ。湿地の反対側なので、陽炎で非常に不明瞭な写真ですみません。

Photo

 コガモ、アオアシシギとダイサギ。もうコガモも渡ってきましたね。

Photo_2

 ハマシギとアオアシシギとコガモ、マガモ。渡りで疲れているのかあまり動きませんね。

Photo_3

 アオアシシギ、オグロシギ、クサシギ、ハマシギ、コガモといったところでしょうか?まだたくさん隠れているかもしれませんが、今一つ不明瞭で見分けられません。

Photo_4

 まだいろいろいそうでしたが、なにしろ暑い。寄藻川に行くのもあきらめて、帰りました。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年9月21日 (土)

和歌山(貴志川線)  2013/9/21

出張の翌日が土曜日で、飛行機まで少し時間があったので、たま駅長を見ようと思いました。

 和歌山駅のホームに入ると、なんと、今日はたま駅長(2代目の二たま)は、重役出勤とのの掲示、飛行機の時間の関係で間に合わなそう。でもここまで来たので、とりあえず終点まで行きました。

 貴志駅です・なぜか屋根にKISHIでなくTAMAと書かれています。いっそのこと改名したら?中には、タマ駅長のガラス張りのケージがありましたが、当然のことながらもぬけの空。

Photo

 留まっている列車です。これは地味なスタイルですが、私の乗ったのは、水戸岡氏デザインの「おもちゃ列車」でけっこう派手でした。

Photo_2

 何とか時間をつぶそうと思いましたが、何もない田舎の集落と田圃ばかりで時間をつぶす場所がありません。でも、鳥はいっぱいいて、楽しませてくれました。特に、モズとイソヒヨドリはたくさんいて、縄張り争いをしています。

Photo_3

 2~3種類あった、散策コース道案内版に従って、大池に行ってみました。やや大きいため池で、マガモとカルガモがいました。結構人なれしており、コンパクトデジカメで写真を撮っても動じません。

Photo_4

 こちらは貴志川コースです。堤防なので歩きやすいですが、けっこう暑くなってきたので、日影がなくちょっと厳しい散歩道でした。

Photo_5

 これで駅に戻りました。あと10分少々でたま駅長の出勤予定時間ですが、早めに現れる気配はありません。先ほどは人影まばらだった駅の中も、10数人のカメラを構えた人で、ざわざわしてきました。老若男女、カップルから、見るからに鉄道ファンな人も、さらには中国(台湾?)らしき、スーツケースを抱えた若者の団体まで出てきました。他になにもないところですから、皆たま駅長を期待しているのですね。

 これらの人だかりを尻目に、時間切れになった私は、電車に乗って引き返しました。

<おまけ、和歌山の印象>

 初めて行った和歌山です。和歌山市内では、名物のラーメンを2回食べましたが、どちらも醤油ベース(とんこつ入りらしい)で、魚のだしも利いている感じです。付け合わせの鮨はまちまちで、この2件ではめはりずし(イワシずしも選択可)と鯖寿司でした。観光地の名物とのことで、あまり期待していませんでしたが、けっこうおいしく感じました。

 町は、思ったより小さい感じ。特に、駅周辺の店が閉まっていたり取り壊しているところが多いことは気になります。和歌山市駅の地下街は2件を除いてすべて潰れているのは驚きました。本四架橋の完成により、四国とのフェリー連絡口としての意味が薄れたことも、町がさびれている原因の一つなのでしょうか?

2013年9月16日 (月)

神楽女湖  2013/9/16

今日は台風の影響で風が強く、遠征はあきらめて、夕刻風が収まったころ志高湖に行きました。モズやキセキレイ、キジ、ホオジロ等見ましたが、撮れたのはこのハシボソガラスだけ。 
2013916

渡りの小鳥はいませんでした。まだ早いのかな。

 

その後、別府で温泉につかってきました。紺屋地獄です。初めて行ったのですが、すごいですね。うらぶれた雰囲気もそうですが、浴槽に白い泥が、足元に気をつける必要があるほど、積もっています。男女混浴(棒で一応仕切られているものの)ですが、湯が全く不透明で体が見えませんから、別に不都合はありませんね。ただ、かなり成分(明礬?)が濃いので、肌の弱い人は洗い落としたほうがよいかもしれませんね。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年9月15日 (日)

赤迫池  2013/9/15

台風の影響はあまりなさそうなので、夕方九六位山に行ってみましたが、何も獲物なし。

帰りに、久しぶりに赤迫池に行ってみました。

池の奥をなにかが横切ります。遠くてわからないので、あとで写真を確認したら、夏羽のオシドリでした。換羽はまだ先のようです。

Photo

 あとは、カイツブリがたくさんいました。小さいし、皆すぐ潜るので、撮影困難です。

Photo_2 (Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年9月14日 (土)

阿蘇ファームランド  2013/9/14

社員旅行で家内を連れて阿蘇ファームランドに行きました。

片道3時間は遠いですので、自家用車でなくバスで行けるのはありがたいです。

後で写真を見たら、すべて「ふれあい動物公園」で撮ったものばかりでした。

カピバラとマーラ。カピバラの毛はシュロ箒のように固いですね。

Photo

マーラの毛は柔らかい。ウサギの一種らしく齧歯があります。

Photo_2

 こちらはフラミンゴ。物おじせずエサをもらいに来ます。

Photo_3

 アヒルもいましたが、通常のアヒルより小さいですね。コガモくらい。改良種でしょうか?

 

Photo_4

 こいつらはけっこう意地汚く、えさがなくなった後も、人の足をつついています。サンダルの隙間にエサが残っていると思っているのでしょうか?

Photo_5

 こちらはウサギ。おとなしいですね。さわっても嫌がりません。

Photo_7

 ハリネズミ。一見サボテンのようですが・・・・

Photo_6

 なぜかミミズク。触れないようですね。

Photo_8 キボウシインコはたくさんいました。言葉覚え中とのことですが、何もしゃべりませんでした。

Photo_10

  最後にルリコンゴウインコ。顔を赤くしてこちらをにらんでいました。興奮して騒ぎ出すかとおもいましたが、そこまではいきませんでした。

Photo_11

 後は食事と大浴場に行きました。

 食事は、焼肉でした。団体向けなので食べ放題ではないですが、地ビールは飲み放題。肉は美味しい方でした。

 大浴場は、相変わらず広くて、全ての浴槽に入り切れないほど。広い露天空間は解放感がありますが、多少無防備さを感じます。

2013年9月 8日 (日)

県民の森  2013/9/8

予報に反して雨が降らなかったため、夕刻県民の森に行ってみましたが、

収穫なし。

写真は、空抜けになったヒヨドリ。

Photo


 山道を車より早く下る自転車と何台かすれ違う。最近の自転車は無茶なのが多い。スピードは抑えてほしいなあ。本人はいい気分でも、もし当たったら、車の責任になるわけだし。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年9月 7日 (土)

熊野磨崖仏、田染荘、県民の森 2013/9/7

久しぶりに国東に行ってみました。

まず、今まで行ったことのなかった、熊野磨崖仏。

途中の道はえらく狭いですが、駐車場にはけっこう車があり、観光地化された感じです。

磨崖仏は結構急な階段を上ったところにありました。レリーフのような平面的な彫刻。

Photo

 その急な階段です。角度より、メンテされていない丸石をただ並べた感じの不安定さが怖いですね。会社内だったら、すぐに、黄色と黒のロープで囲まれ「危険立入禁止」となるレベルです。

Photo_2

 せっかくここまで来たので、田染荘へ。前回ボランティアの環境調査をしたときに目をつけておいた、岩峰の中腹にある朝日・夕日観音へ。

 朝日観音は比較的よく整備されていますが、前が森になっており見晴らしは悪いです。小屋にはろうそくの炎による焼け焦げがあります。

Photo_3

 夕日観音は、整備状態は悪いですが、見晴らしのよいところにあります。真ん中の木片は風化した仏像だそうです。
Photo_4

 夕日観音のそばの展望台からは、田染荘が一望できます。昔ながらの風景ですね。
Photo_5

 明日は雨だというので、今のうちに県民の森に行こうと思い、安友庭園へ。オオルリやエゾヒタキがいるらしいのですが・・・

 30分ほど待ちましたが、見つからず。撮れたのはこのマヒワくらい。

 
Photo_6

 帰ろうと歩き始めると、どこからともなくガビチョウの鳴声がします。複数羽いるようです。声を追って道を歩いていくと、カーブで鉢合わせしました。10mほどの距離があるものの、こちらは丸見えですが、特に逃げる様子もなく、体の掃除をしたりしています。じっくり撮らせてくれました。
Photo_7
 ガビチョウは、声はよく聞きますが、暗い中から出てこないので、今まで撮影は失敗続きでした。今回初めて成功です!(中国で鳥かごの中のやつを撮ったことはありますが)

 最後に撮ったヤマガラ。何かの木の実を咥えてしきりに割ろうとしていましたが、どうもうまく割れないようです。そのまま、遠くに飛び去りました。
Photo_8

 充実した一日でした。

(鳥はNikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影、風景は携帯)

2013年9月 5日 (木)

戸畑 専用線  2013/9/4

資格更新のためのプチ出張の帰り、九工大前駅で少し時間があったので、撮影しました。新日鉄住金の戸畑-八幡専用線。レトロな雰囲気を出しています。昔は、付近に路面電車の走っていた跡もありましたが、道路拡幅と区画整理であとかたもなくなりました。

201394