« 2014年10月 | メイン | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

中津調査&池掃除 2014/11/30

久しぶりに中津ベッコウトンボ池の調査に行ってきました。

Photo_4

採水はすぐ終わりました。

Photo

その後は、池の掃除を手伝いましたが、

Photo_2

ベッコウトンボのために、一部解放水面を作るのだそうですが、

これが大変です。胴長を着て中で葦と蓮を刈っている人も大変ですが、

その切り屑を堤防の上まで引き上げる仕事も大変です。

(根を放っておくと、また根付いてしまうのだそうです)

Photo_3

 泥まみれ、汗だくになりながら、お昼まで作業をしました。

すると土砂降りの雨が降り出し、この時点で作業は中止。

そのまま、大分に帰ってきました。一日作業をしていたら、体力が持たなかったと思います。季節の割に暑い日でした。

鳥は、タシギや、オオジュリンではないかと思われる鳥が、人に追われて逃げ回っていましたが、写真に撮る暇はなかったので、未確認。

2014年11月29日 (土)

津守  2014/11/29

夕方ジョギングしていたら、チョウゲンボウがいたので、後で見に行きましたが、すでに飛び去っていました。

そろそろ日が暮れるので、月も出てきました。

Nikon1 の70-300mmでもそれなりに撮れますね。

Photo

ハクセキレイ、就寝前の最後の餌あさり。

Photo_2

コガモ。

Photo_3

アオサギ。この時間になるともう暗く、視認しにくいくらいです。シャッター速度も

1/8まで落ちましたが、手持ちなんとか撮影できました。

300mm 

(Nikon1 J3  70-300mmで撮影)

2014年11月24日 (月)

松岡 2014/11/24

今日は近場に行こうと思い、松岡にいきましたが、これが失敗。

夏の台風でめちゃめちゃになったまま、道が開拓されていませんでした。

池の手前側には行けるのですが・・・鳥は全部反対側。しかも逆光。そこで、太陽が隠れるタイミングを見ながら撮影。

近くで撮れたのはオオバンくらい。

Photo

 ホシハジロは近くにたくさんいましたが、こちらの姿を見ると退散。逆光でもたもたしているうちに遠くに行ってしまいました。

Hosihajiro

 遠いですが、キンクロハジロ、マガモ、オシドリ、そしてホシハジロ。この写真に入っているのがだいたいすべてです。

Photo_3

 今年はまだだれも奥を開拓していないので、私が開拓しないといけないのかな。鎌やダガーが必要だな。

(Nikon1 J3  70-300mmで撮影)

2014年11月23日 (日)

佐伯  2014/11/23

 所用で佐伯に行ったついでに女島へ。

ヒドリガモです。300mmのスーパーEDレンズはすごいですね。被写体がすごく明瞭に写ります。

Photo

 このヒドリの左端で見切れているのは、アメリカヒドリとの交雑でしょうか?顔にかなり緑色の濃い部分があります。

Photo_2 

 

 ヒドリの群れは、子供が近づいてきたので、沖へ逃げていきました。

2

 これはオオセグロカモメ若でしょうか?泥だらけに見えますがなぜ?

Photo_3 こちらはセグロの若でしょうか?

Photo_4 

 

 長く相手してもらったチョウゲンボウ。こちらを気にしながらも、狩りをしながら少しづつ移動していました。

4

 飛び立つ直前。

20141123

 トビもきれいに撮れました。

2_2

 モズです。VRのおかげで風が吹いてもブレませんね。

2_3

 ついでに木立川。

 

 カワウとともに、オナガガモの群れが。まだ冬羽になっていませんね。

Photo_5

 トビと思って写したら、ノスリだったようです。遠方の被写体は、その場ではんべつするのに苦労しますね。

Photo_6

 ヤマガラです。なにかつついています。

Photo_7

 こちらはガをつかまえたようですね。

4_2

ここで、時間となったので、目的の場所へ。

家内のフラです。公民館祭りにて。

Dsc_3621

 こちらは家内のクラスの人たちです。よく揃っていますね。

Dsc_3642

 今日は11月にしては汗ばむくらいの陽気でした。

(Nikon1 J3  舞台は10-30mm、鳥は70-300mmで撮影)

2014年11月22日 (土)

宇佐乙女新田  2014/11/22

 70-300mmのテストに、乙女新田へ。

アオアシシギ。ピントが良く合っていますね。

3

 オオバンとホシハジロ。ホシハジロはここでは珍しい方。

Photo_2

 カルガモとマガモの群れ。レンズを向けたら光ったのか、警戒して一斉に飛び立ちました。

Photo_3  コガモ。たくさんいました。

Photo_4

 ツグミの群れ。渡り中?

Photo_5

  トウネンの群れ。小さい。

Photo_6

 ハマシギの群れ。

Photo_8

 シロチドリ。

Photo_7

 セグロカモメの飛翔。こういうのが撮れるのも一眼レフならではですね。

Photo_9

 ついでに岩保にも行ってみました。

 シロチドリ。

2  

 ダイゼン。乙女新田にはいませんでした。

Photo_10

  ハマシギ。その他トウネンも。

2_2

非常に良く晴れて明るい日でした。こういう日は威力を発揮しますね。

デジスコよりはるかに鮮明に写ります。

(Nikon1 J3 VR 70-300mm)

2014年11月17日 (月)

鹿島  2014/11/17

また鹿島に行ってきました。

鰐川から外浪逆浦。相変わらず茫漠とした風景です。はるか遠くまで見渡せます。

Sotonamisakaura

利根川ですが、4時すぎでもう暗く、あまり鮮明に撮れていません。

おびただし数のカモが浮いていました。

Tonegawa

翌日はなぜか姫路。姫路城。

Himejijyou 姫路駅。

Himejieki

2014年11月16日 (日)

九六位&赤迫池  2014/11/16

 新レンズをためそうと再チャレンジ。九六位森林公園に行ってみました。

しかし、こうゆう時に限って、あまり獲物がないんですよね。

1時間ほど粘って、撮れたのはメジロくらい。鳥の声はするんですが・・・

Photo_3

 期待していた飛び物は、トビすら現れず。代りにジャンボを撮ってみました。手持ちで撮影できるので、デジスコより被写体を探しやすいですね。

Photo_4

 これで終わるのは残念なので、赤迫池へ。日が陰りだしたせいか、ブレ気味の写真が多いです。

 カルガモ、バン。奥のオシドリはピンボケです。光量が足りないので、絞りが開放気味になっているのでしかたないか。

Photo_5

 警戒して逃げていくオシドリ(とコガモ)。

Photo_6  

 遠くにはホシハジロの群れが。

2_2

 帰り際に、猛禽らしき鳥が止まったのを見ると、ノスリでした。

2_3  

 けっこう長くいてくれましたが、近づこうとすると離れていきます。距離は遠いですが、それでもなんとか証拠写真にはなりました。

結論としては、これがあればデジスコは不要かもしれません。最初は手ぶれが多くうまくいきませんでしたが、慣れてくると簡単にそれなりの写真が撮れます。今後の撮影が楽しみですね。

(Nikon1 J3 with 1 Nikkor VR 70-300mm)

モニタリング1000 2014/11/16

 久しぶりのモニタリング1000です。

朝、結構寒いかと思いましたが、気温が7~8℃とそうでもありませんでした。曇っていたのが原因のようです。それでも水温は9℃くらいと、そろそろ水温の方が高くなる時期です。

沢見川もすっかり紅葉しましたね。

Photo 清水池には、カモの群れが。近づくとにげていきましたが、コガモがほとんど、それからカルガモが少数といったところでしょうか?

2  

 三俣山です。風もなく、どんよりとした感じの日でした。

Photo_2

2014年11月15日 (土)

津守 1 Nikkor VR 70-300mmテスト 2014/11/15 

 新レンズをようやくテストできました。

津守の堰にて。夕日で若干逆光気味ですが、それなりに撮れています。

Photo

 近くに寄ってきたセキレイ。3匹いました。きれいに写りますね。

2

 特に威力を発揮したのが、飛びモノ。いままで使っていた30-110mmと比べ、被写体が大きく見えるため、写しやすいですしオートフォーカスも迅速に合います。

Photo_2

 こちらはコサギ。難なく撮れました。

Photo_3

 モズ。まあまあ良くピントがあっていますね。

Photo_4

  上記の3つの写真はトリミングしています。

 最後に、近づいてきたカモを写したら、オカヨシガモの群れでした。比較的珍しい方かな。

2_3

 噂通り、値段だけのことはあるレンズですね。明日は九六位森林公園あたりに行きたいなあ。でもobccの久住行きもあるし・・・

(Nikon1 J3 + VR 70-300mm)

2014年11月 9日 (日)

新レンズ  2014/11/9

 Nikon1 J3の新レンズ、VR70-300mm。本体より高く10万円を超えるものですが、思い切って購入を決意したものの、超人気でなかなか手に入らず、3か月近く待った挙句、日曜の夜になってやっと入手できました。

外での撮影はもう暗くて無理なので、チョンちゃんを撮影。

室内の反対はし(約5m先)から撮影。300mm、トリミング(約30%)。

光量不足のせいか、多少画像が荒いですね。

300mm

従来の30-110mmで同じ場所から撮影。被写体がじっとしていないので、同じパースにならないのはご容赦を。同様に30%程度トリミング。

110mm 

300mmは、非常にでかくて重いのが印象的ですね。レンズを入れるカバーを早く購入しないと。でも、レンズの径が大きいせいか、110mmよりも光量不足にならないようで、明るく感じます。

J3に装着して最大まで伸ばしたところ。収納時には半分になりますが・・・

70300

基本的に手持ち撮影のつもりなので、今のところ三脚ホルダーは購入していません。固定撮影時はデジスコ使用のつもりです。

来週末は、会社の駅伝大会等で忙しいのですが、鳥の撮影の機会を作れたら良いなあ。