« 2014年11月 | メイン | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月29日 (月)

指宿 2014/12/28-29

初めて指宿に行ってきました。

とりあえず、指宿の玉手箱。時節柄増結しても満席で、予約に苦労しました。でも、旧型の気動車急行を使用しているせいと、軌道の整備がいまいちな上に路線線形が悪いせいで、乗り心地はあまりよくないですね。

Photo 

 山川の竹山。けったいな形の山ですね。浸食崖のようですが。見学をした地熱発電所から撮りました。

Photo_2

 池田湖は、外輪山に囲まれた、明らかにそれと分かるカルデラ湖でした。かなり広いですね。

 オオバンがたくさんいました。

2  

 深い湖のせいか、カイツブリもたくさんいました。

Photo_3  

 カンムリカイツブリ。

Photo_4

 たぶんミミカイツブリ。

Photo_5 

 鏡池は、マールに分類されると思います。険しい崖に囲まれた小さな湖です。雨が降り始めたので、車内から撮影。

  メジロはたくさんいました。ヒヨドリもいたので、なにか実がなっているのかな?

2_2

  あとは、カルガモマガモ。

Photo_8

 鰻池も行きました。こちらも明らかにそれとわかるカルデラ湖。

 特に鳥は見られなかったので、写真はありませんが、鰻温泉は、面白そう。あちらこちらに噴気孔がありました。

2日目

 指宿シーサイドホテルから見た指宿の町。このホテルは、潟湖を埋め立てた干拓地の先の砂州に建っているようです。古いホテルなので、外見はぼろですが、中はそんなに悪くないですね。

Photo 

昨日、列車の中からいろいろ鳥が見えた宮ヶ浜へ。

イソヒヨドリです。きれいな青色ですね。

Photo_6こちらはツグミ。イソヒヨの親戚です。なんとなく形も似ていますね。

Photo_7 

 

 セグロカモメ若。朝の水浴びしてから飛び回っていました。

Photo_8

インコのショーが見れるというので、長崎鼻パーキングガーデンに行ってきました。

鳥を中心とした動物園です。確かにインコはたくさんいました。

Photo_9

 ショーが始まる前に、いろいろなインコが回収されて、ショー会場につれてこられますが、なかなかつかまらないのもいるようです。

Photo_10

 まず、くす玉割りから。

Photo_11

 滑り台。

Photo_12

 算数。

Photo_13

 特に失敗もなく、うまく終わったようです。

 動物園には、野生の鳥も入ってきています。ダチョウの餌に群がるスズメ。

Photo_14

 ルリビタキ。トコトコ歩いていました。こんなところで見られるとは。

Photo_15

 まったく違う鳥みたいですが、メジロです。アロエの真っ赤な花粉が顔についているようです。

2

 長崎鼻の灯台の方には、イソシギがたくさんいました。

Photo_16

 メジロに混じってコサメビタキも。

Photo_17

 

 次は、魚見岳に登ってみました。

 知林が島との間の砂州です。春の大潮のときは渡れるそうです。

Photo_3

 トビがたくさんいました。下でピクニックしている人のおこぼれが目当てのようです。

Photo_18

 

 町の方を見ると、湿地があるのが判ります。そちらに行ってみましょう。

Photo_2

 御領ケ池との立札がありました。いるのは、カルガモ、マガモ。

Karumagamo

 カイツブリは、繁殖しているようです。

Kaituburi

 まだ時間があったので、知覧に行こうと思いましたが、途中で道に迷ってしまい、判りやすい頴娃に変更しました。写真はせびら海岸からみた頴娃。

Photo_5

 番所鼻から見た開聞岳。手前は、岩場に囲まれた海水プールになっています。たくさんの貝殻は、願掛け絵馬です。

Photo_4

 上を飛び回っている鳥がいるので、あわててシャッターを切ると、チュウヒのようです。カラスに追われて行ってしまいました。

Photo_19

 ここまでは、調子よかったのですが、この日の夜体調がおかしくなり、朝方緊急で医者のお世話になりました。診断は急性腸炎。旅行を続けられる状態ではないので、予定していた出水をキャンセルして、大分にまっすぐ帰ってきました。帰りの列車は、玉手箱でなく快速なのはなですが、こちらのほうが空気ばねで乗り心地はよかったですね、

(Nikon1 J3 風景は10-30mm、鳥は70-300mm)

2014年12月23日 (火)

小野鶴  2014/12/23

所用のついでに、小野鶴へ。

スズメ。このあたりにはニュウナイスズメもいるようですが、見たことないなあ。

Photo

 イソシギ。3羽セットで行動していました。親子?

Photo_2

 セキレイはいろいろいます。まずセグロセキレイ。これが一番多いですね。

Photo_3

 キセキレイ。

Photo_4

 そして、タヒバリ。確かに遠目にはヒバリと見間違うくらい似ていますが、飛び方がちがうのでわかります。

Photo_5 

(Nikon1 J3 70-300mm)

2014年12月21日 (日)

松岡  2014/12/21

昨日は、大分大学で大分自然環境研究会があったりしたので、鳥見にはいけませんでした。久しぶりに行った大分大学は、リフォームしてきれいになっていました。

今日は、松岡へ。いつの間にか道が整備されていました。多分Yさんですね。いつもありがとうございます。

基地に身をひそめて、ホシハジロを撮りながらしばらく待機。

2 

こちらはキンクロハジロですね。少しですがいました。

Photo_4

 ブラインドの効果で、臆病なシロハラがすぐ近くに寄ってきました。

Photo

 そのうち、オシドリのおしゃべりが聞こえたと思うと、出てきました。

Photo_2  

 艦隊出動ですね。ディスプレイの時間です。

2_2

 つられてマガモも出てきました。

Photo_3

 しばらくすると、オシドリは引っ込んでインターバルがありました。

 こんどは静かにお出ましです。カメラのレンズが向いているのに気づかれたかな。

5

 帰りに、別の谷筋にもたむろしているのを見ました。全部で50羽くらいはいそうです。

Photo_5

 今回は、デジスコは使わず、すべてNikon1 J3 70-300mmのみです。また、オシドリの艦隊写真以降は、三脚を使っています。これで十分撮れますね。曇りがちで光量不足なためか、やや画像が荒いのが気になりますけれども。赤迫池の対岸はさすがにデジスコが有利でしょうが、ここくらいの距離なら、このレンズで十分ですね。今度の指宿にもこれで十分かな。

2014年12月14日 (日)

枝郷&志高湖  2014/12/14

寒くなると、山の方に珍しい鳥がきていないないか気になります。

枝郷から鶴見岳。あまり着雪はしていないようですね。

Photo枝郷では、このシロハラとあとツグミくらいしか撮れませんでした。

 Photo_2

 代わって志高湖。

これはコガラと思いますが、逆光ですね。

Photo_3

これも逆光ですがエゾビタキ。

Ezohitaki

あとは、コブハクチョウとその餌のおこぼれ目当てのヒドリガモ。けっこうたくさんいました。

Kobuhakuchou

 かわいそうなアヒル。足にけがをしているらしく、引きずっています。

Ahirukega

 こちらもおこぼれ目当てのスズメ。残念ながらニュウナイスズメではないようです。

Suzume

今日、大分川でジョギングをしていたらまたチョウゲンボウを見ました。今年は当たり年なのかな? 

(Nikon1 J3 70-300mm)

2014年12月 7日 (日)

小野鶴  2014/12/7

湯平の帰りに、小野鶴に寄ってみました。

オオバンはたくさんいました。英語ではCoot(愚か者)と呼ばれている可哀想な鳥です。

J 

 イソシギ。いつもいます。

2

 コガモも多かったかな。まだ換羽が完了しておらずぼさぼさ。

2_2  

 ツグミです。なぜかこいつだけずいぶん警戒心が薄かったです。若鳥かな。

Photo_3

 オオジュリンが群れでたくさんいました。良く見ないとホオジロと間違えますね。

Photo_4

 イワツバメも多く、飛び撮りにチャレンジしましたが、なかなかピントが合いません。速いですからね。

Photo_5

 アオサギくらいなら撮れるんですが・・・・Photo_6 

(Nikon1 J3 70-300mm)

湯平温泉  2014/12/6-7

 湯平温泉に行ってきました。

 前から予約していたのですが、この日はあいにく寒波が襲来。夕刻0℃近くのところを慌てて駆け込みました。雪も降っていて、出かける気力もなく部屋にこもりました。

Photo 

 次の日の朝は、雪はやんでいたので、寒い中を散歩。

3

 石畳み通り。お土産に金つば羊羹を買いました。

Photo_2

 泊まった右丸旅館は比較的よかったかな。部屋数が少ない(14室)ので、露店を含む4つの風呂をそれぞれ個室として使えるのは魅力。2重窓ながら木造なので、廊下やトイレが寒かったのは仕方ないかな。我々が泊まったのは昔の部屋なので、古めかしいところはそれなりに良かったですが、新しい部屋もあるようです。

 帰りの燃費ですが、下り坂で比較的順調に流れたので、横瀬まで26.9km/L。一般道では最高記録かな。

For