« 2015年7月 | メイン | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月30日 (日)

九六位  2015/8/30

久しぶりに森林公園に行ってみました。しばらく座っていましたが獲物はなし。

帰り、やたらと鳥が騒いでいるところで、何枚か写真を撮りましたが、うまく撮れませんでした。特に、車のフロントガラス越しに撮ったものは、うまくピントが合わず。

下記ヤマガラは何とか撮れました。あとは、メジロ、ソウシチョウ、ヒヨドリ等いましたが、それ以外にも、種は確認できませんでしたが、結構いたようです。また来てみよう。

Photo

 こちらも帰りの山道の途中で、コジュケイの若。フロントガラス越しなので、少し霞んでいますが・・・ 警戒心がなく、しばらくうろうろしていました。

2

(Nikon1 J3)

2015年8月29日 (土)

大野川河口  2015/8/29

雨の合間を縫って、大野川に行ってみましたが。

渡り鳥はいませんでした。

イソシギのみ。

あとは、ミサゴがぼちぼち。

Misago2

 

(Nikon1 J3 70-300mm)

2015年8月23日 (日)

県民の森  2015/8/23

 今度は朝に行ってみました。

 エナガの群れ。樹冠の高いところを渡り歩いています。

Photo

 ホオジロ。若鳥でしょう。模様が変。蚊を追っかけまわして警戒心薄いです。

3  こちらも若鳥なのか、警戒心薄いシジュウカラ。

Photo_2

 今回、水量が少なくなっている、安友川の谷底でしばらく待ってみました。

 案の定、いくつかの鳥が、おそらく水を飲みに降りてきました。

 収穫は、このルリビタキオス。

Photo_3  前の倒木の後ろに隠れているつもりなんでしょう。同じ姿勢のまま、数分間も居座っていました。おかげでたくさん写真が撮れました。

5 

(Nikon1 J3 70-300mm)

2015年8月22日 (土)

極楽温泉  2015/8/22

県民の森に夕方行きましたが、何も撮れなかったので、

帰りに寄った、極楽温泉のツバメの飛翔を撮影。

Dsc_5857 

アマツバメも居ましたが、飛ぶのが速くて撮影不能。

(Nikon1 J3 70-300mm)

2015年8月17日 (月)

ホオジロヒナ  2015/8/17

 巣立ったばかりと思われるホオジロヒナ

小さな体で、声を張り上げて鳴いていました。

Photo

2015年8月16日 (日)

県民の森  2015/8/16

 県民の森に行きました。巣立った若鳥がいっぱい。

 ツバメ。近くで営巣しているらしく、毎年たくさん現れます。

Photo_6  スズメ。ニュウナイではありませんでした。

Photo_7  サンショウクイの群れに出会いました。巣立った若鳥が群れになっているみたい。

 警戒心が薄いので撮影しやすいですね。

4  飛翔写真もとれました。翼のラインがきれい。

6

 メジロもたくさんいました。

Photo_8  ヒヨドリ。見るからに若鳥の顔をしていますね。

Photo_9  ヤマガラ。何かの実をつついて割っているようでした。

2 

(Nikon1 J3 70-300mm)

津守  2015/8/15

暑いので、夕刻津守へ。

キジバト。意外に警戒心が強く、なかなか良い写真が撮れないのですが、今回はまあまあかな。

Photo  津守の堰に向かって、当てずっぽうにシャッターを切ったら、カワセミが写っていました。

Photo_2  セグロセキレイの水浴び。こちらも水浴びしたいくらい暑いですね。

Photo_3  ムクドリ。コムクドリ等混じっていないかと思いましたが、いませんでした。

Photo_5

  

(Nikon1 J3 70-300mm)

2015年8月12日 (水)

大野川等  2015/8/12

せっかく休みを撮ったものの、雨が降ったりやんだりで、鳥撮影には不向き。

でも、とりあえず出てみました。

大野川河口は、トビとカラスしかいませんでした。

Tobi  大在干潟は、ホオジロとスズメくらい。(写真は逆光なので加工しています)

Photo  津守はカルガモのみ。渡り鳥にはまだ早いかな。

Photo_2 (Nikon1 J3 70-300mm)

2015年8月10日 (月)

レゾネイト久住 2015/8/9-10

いろいろあったり、暑かったりで、外出を控えていたこともあり、

久しぶりのブログです。

レゾネイト久住に泊まりにいきました。高原で、少しは涼しいかなと期待していきましたが、あまり変わらない高温状態。しかし、夕刻夕立が降ったせいもあり、さすがに夜朝はかなり涼しくなりました。

こちらは、黒川温泉のスズメ地獄。冷泉とともに火山ガス(SO2)が噴出しているため、時々スズメが死んでいるため、このような名前になったそうです。

Photo

 大観峰から見た阿蘇。火山灰で白っぽくなっているのが印象的でした。

Photo_2  レゾネイトの前の道路。分水嶺で、左が大分川系(一番水という湧水が水源)、右が大野川系になります。

 (露出ミスで少しだけ修正してますので、色が変です)

Photo_11

 帰りによったくたみ地底水公園。なんのことはない湧水ですが、後で聞くと炭酸水だそうです。

Photo_3  このあとに寄った、め組の湯も、典型的な炭酸水でした。

 以下、鳥。あまり撮れませんでしたが。

 レゾネイトのスズメ。家が建つと、どこからともなくスズメが集まってきます。不思議です。

Photo_9

 これはたぶんホオアカ。期待していたのですが、撮れたのはほとんどがホオジロでした。

Photo_4  そのホオジロの若鳥と思います。頬の模様がありません。

Photo_5  こちらは成鳥。どこにでもいました。

Photo_6  沢水キャンプ場にも行きましたが、人が多いせいか、鳥が奥に引っ込んでしまい、撮れたのはこれだけ。露出ミスで少しだけ修正しています。多分ハチクマかと。

Photo_7

 帰りのくたみあたりで撮影したツバメ。これも露出ミス。そろそろ南帰行かな。

Photo_8

 くたみはスズメ公園でもありました。すごくたくさんいました。

Photo_10

(Nikon1 J3 10-30mm及び70-300mm)

2015年8月 2日 (日)

大分川岩田町 2015/8/2

今週は、暑いのと、忙しいのでどこにも行けませんでした。

実は追突をされまして。運転して初めての交通事故です。

大事にはいたりませんが、病院、自動車ディーラー、

保険会社と右往左往しました。

日暮れ前、ジョギングのときに確認した、

大分川のツバメ塒へ。

結構撮影難しいですね。

ツバメが集まり始めるのは、日没直前、7時すぎくらいから。

みるみる多くなりますが、みるみる暗くなってきて、すぐ

撮影には不適となります。

Tsubame_2

シャッタースピードが1/40を切ったので、

この後はまともに撮れず、あきらめました。

それにしても、すごいですね。数千羽はいるようですね。

ムクドリ並みの塒です。

(Nikon1 J3 10-30mm及び70-300mm)