« 2016年1月 | メイン | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

大分川  2016/2/28

今日は午前は仕事だったので、午後に大分川に行きましたが、目当てのイワツバメはまたしてもスカ。午前中のほうが飛んでいるのをよく見ます。

飛びものはセグロカモメ。

Photo  なぜか、セグロカモメとツグミのツーショット。

Photo_2 

今日はあまり収穫なし。

(Nikon1 J3)

2016年2月27日 (土)

宇佐 2016/2/27

久しぶりに宇佐へ。

乙女新田は、湿地は埋め立てられてしまったので、見どころは海側だけ。

あいかわらずたくさんいますね。

Photo シギは、ダイゼン、ハマシギ、シロチドリ。

Photo_2 カモはツクシガモ、オナガガモ、マガモ。

Photo_3 帰り際に撮った写真を見たら、いつの間にかキョウジョシギもいました。

Photo_4 イソヒヨドリオスは日が当たっているときれいですね。

Photo_5  わずかに残った湿地には、コガモ、ハシビロガモ。

Photo_6 

寄藻川は、ツクシガモとズグロカモメがいっぱい。

Photo_7  すでに「頭黒」になっているズグロカモメもいます。

Photo_8  ハマシギもたくさん餌をあさっています。

2  なぜか一匹だけ、メダイチドリと思われる鳥が。

Photo_9  後背農地には、ひばりがたくさんいました。

2_2 

(Nikon1 J3) 

2016年2月21日 (日)

志高湖  2016/2/21

志高湖に行きました。目当てのウソはいませんでしたが、それなりに鳥はいました。

コゲラ。たくさんいました。町中より警戒心は薄いですね。桜の皮をはがして物色中。

Photo  シジュウカラ。よく見ると腹は緑っぽいですね。ヨーロッパ種ほどではありませんが。

Photo_2 エナガ。こちらの腹は白いです。

Photo_3  なぜか湖際にツグミが一羽。トラツグミやクロツグミがいないか探しましたが、いませんでした。

Photo_4  ヒドリガモと白鳥。まかれる餌目当てですね。

Photo_5  アヒルもいました。

Photo_6  気温は5℃。まだ寒いですね。

(nikon1 J3)

2016年2月17日 (水)

ヤマガラハウス 2016/2/17

今日は用があったので、会社を休みましたが、午後が空いたので、寒い中をヤマガラハウスに餌やりへ。

ここんところ急に寒くなったので、大盛況でした。

シジュウカラ「私の餌だ。文句ある?」

Photo 貯食行動でしょうかね?

Photo_2 ヤマガラ。頻繁に来ます。

Photo_3「もう餌ないよ」

Photo_4 最初のうちは喧嘩しながら食べていましたが、潤沢にあるとわかると、だんだんけんかをしなくなりました。

Photo_5 ミヤマホオジロ。最初のうちは警戒していましたが、しばらくすると、私が車から出ても逃げないようになりました。

Photo_7

 今回はソウシチョウも出てきました。結構警戒していましたが、じきになれました。

Photo_8

 シロハラまで出てきました。臆病なので撮影には苦労しました。

Photo_6

 車の中で見ていると、屋根から「カツン」という物音が。

 出て確認してみると、ヤマガラの置き土産でした。

Photo_9

(Nikon1 J3)

2016年2月14日 (日)

杵築守江湾 2016/2/14

 また守江湾に行ってみましたが、恐れていた通り、かなり風が強くなっていました。

デジスコはあきらめ、一眼レフで。

振り返ると、イソヒヨドリのメスがこちらを監視していました。

Photo

 このコガモ群れは、前来た時も汚水処理場の中で藻をたべていました。かなり近づいても逃げません。間に柵があるので入れないとわかっているんでしょうね。

Photo_2  海にはカンムリカイツブリが。一匹だけ。

Photo_3  八坂川の橋のたもとから見ると、セグロカモメやマガモが休憩中でした。

Photo_4  八坂川の後背田んぼでは、カルガモ、マガモ、オナガガモが落穂ひろい中。彼らが警戒しているのは、私ではなくて、カラスです。この後群れはカラスに追っ払われて川に帰っていきました。

Photo_5 今回は、アカツクシガモ、ミヤコドリ、ヘラサギ等はいませんでした・・・

(Nikon1 J3)

2016年2月11日 (木)

大分川  2016/2/11

ジョギングしていたら、ノスリとミサゴがいたので、後でカメラを持って行ってみましたが、残念ながらいませんでした。

イワツバメも、さっきは橋の下にいたのですが、今は空。古巣は空きとなっています。

ところで、ここのイワツバメは、イワツバメ特有のトンネル状の巣を作らず、ツバメと同様のお椀型の巣を作ります。下をウォーキングやジョギングの人が頻繁に往来するので、カラスや猛禽に襲われないからでしょうか?シンプルな巣ですね。

Photo  周囲には、ホオアカの群れがいたので、写真を撮ってみました。警戒していますが、何とか撮らせてくれました。

Photo_2  ホオジロも数匹混じっているようです。

Photo_3  このホオジロはけったいな奴です。じつはこの電線は架線です。交流2万Vです!しかも絶縁なし。この線に止まる鳥は今まで見たことがありません。だいぶ前に市内で、いたずらで電車の屋根に乗った高校生が、(触っていないにもかかわらず)放電で感電死した事件がありました。電流は放電先がないと流れないので感電死はしないでしょうが、電流による磁場は相当あると思います。なにか感じないんでしょうか?

Photo_5  下流には、ユリカモメとウミネコがたくさん集まっていました。少し離れたところには、セグロカモメも。

Photo_6  ホオジロも時々さえずるようになりました。だんだん春になっていきますね。

(Nikon1 J3)

 

2016年2月 7日 (日)

杵築守江湾 2016/2/7

懲りずにアカツクシガモを探しに守江湾にいくと、Yさんが先客で来ていました。

朝からきているが、今日は見つからないとのこと。いままで数百mの遠方でしか見かけなかったので、近くでとりたいとのことです。2人でしばらく双眼鏡とスコープで見渡したけれども、見つからず、Yさんは昼前にあきらめて帰りました。

Yさんと別れて、せっかく来たのでツクシガモでも撮ろうと汚水処理場の先にまで行ってみました。

Photo ハマシギの群れが飛んできたので撮影。左の水深が深いところは、ハマシギが泳いでいるように見えます。一応泳げるんでしょうか?

Photo_2

 しばらくすると、ツクシガモの群れの少し沖合に、上流から赤茶色のカモが飛んできました。実は、この時点では、もう終わりにするつもりて、標準レンズのNikon1をデジスコから外していたのですが、とにかくシャッターを切りました。

Photo_3

 あわててデジスコをセットしなおして、とりあえず数枚撮影。

Photo_6

 何枚か撮るうちに、Nikon1の望遠レンズでもトリミングすれば十分な距離であることに気づき、レンズ交換して再度数枚撮影。

Photo_5 「ツクシ」がつきますが、あまりツクシガモには似ていませんね。むしろオシドリのメスに似た顔つきです。でもツクシガモの周りをうろうろしているので、仲間感はあるのでしょう。

2 そのうち干潟に上がってきました。歩く姿はガンににているようにも思いますね。

Photo_7

 10分とはいわないくらい、長くいてくれました。また、距離も、一番近いときは50mは切っていたんじゃないでしょうか?

帰りは、別大マラソンでの交通規制の余波があり、渋滞していつもの1.5倍くらいかかってしまいました。

(Nikon1 j3 及び ED67Sデジスコ)