« 2016年3月 | メイン | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月29日 (金)

宮古島  2016/4/29-5/1

 久しぶりの宮古島です。春の鳥に期待して。

 亜熱帯植物園です。前と比べ、ずいぶんきれいになりましたね。

Photo 水を浴びるメジロ。かわいいですね。

Photo_4

 しばらく大野山林を歩きましたが、お目当ての琉球アカショウビンは、出発地点であっけなくみつかりました。だいぶねばりましたが、残念ながら、葉被りしゃしんしか撮れず。

Photo_3

 もう一つの目当て、サンコウチョウは声が聞こえませんでした。前はあんなにたくさんいたのに。

 おまけ、いやに人なれした猫。家内になついています。

Photo_2

 次に池間湿原。今回は、立て札も整備されていて、すぐ入口がみつかりました。

 カモが一匹だけいましたが、後で見るとヒドリガモみたい。

Photo_5

 アマサギは奥にたくさんいました。日暮れ前なので塒入り中?

Photo_6

 手前にいたサギがすぐ逃げましたが、たぶんリュウキュウヨシゴイではないかと。

Photo_7

 だいぶ暗くなってきたので、あきらめて帰宅。

2日目。今日は丸一日あります。

 まずは、また亜熱帯植物園へ。

 朝早かったので、いろいろな鳥の声がしました。

 まずは、ゴイサギ。けっこう近くまで来ました。

Photo カラスバト。小高いところの松の木にたくさんいました。

Photo_3  それから、しばらく低湿地帯をあるいていると、いきなり足元になにかが・・・

 キンバトでした。しかし、暗い林の中で、光量不足で、何度かシャッターチャンスがあったものの、撮影失敗。

 その後は、何度かサンコウチョウ、アカショウビンの鳴き声は聞こえたものの近寄ってはくれませんでした。日も上り暑くなってきたので、退散。

 それからは、伊良部島へ。だいぶ便利になりましたね。前回渡った時はフェリーでした。車で行けるようになったせいか、車の数が増えたように思います。

 夕刻は、池間湿原へ。

 昨日と同じ、バン、オオバン、アマサギ群れ等がいました。ムラサキサギも見ましたが、撮影できず。今日は、人が多かったですね。

Photo_4

Photo_5  そこから、帰ろうとしたら、道をふさぐものが・・・バンの幼鳥ですね。警戒心が薄く、追っ払うまで動きませんでした。

Photo_6  

 そして、入り江。リュウキュウツバメの巣は、健在でした。たくさんありました。

Photo_7  最後に、サニツ浜。思ったより潮がひいて遠いですね。

 まず、キアシシギ。

Photo_8

 ムナグロ。もしかして初見かも。もう夏羽になりかけています。

Photo_9

最終日。

朝、また大野山林に行きましたが、アカショウビン、サンコウチョウの声はするものの、何も撮れず。2時間うろついたがだめ。

仕方ないので、展望台に上って眺めてみましたが、森がうっそう過ぎて、上からではなにも見えません。カラスバトが飛んでいるのがわかるくらい。

Photo_2  まだ少し時間があったので、ドイツ村へ。ただ、ここは地元民のGWイベントの最中で、観光客はほとんどなし。

 鳥は、イソヒヨ天国でした。前回来たときは、チドリがたくさんいたのですが、冬だったからかな?

Isohiyo3  最後に、まだ少し時間があったので、豊見親の墓へ。

Photo_3

 あまり鳥は見られませんでしたが、それなりに充実した3日間でした。

(Nikon1 J3)

2016年4月24日 (日)

佐伯番匠健康マラソン  2016/4/24

初めてハーフマラソンに出ました。

あいにくのお天気で、途中から雨が降りましたが、気温等は快適なくらい。

時間は2時間2分くらい。練習の時から見ると、だいぶ早かったですね。

でも、前回の大野川の16kmと比べると、少しkmあたりが遅いかな。2時間を切れなかったのは残念ですが、帰りの高速の運転を考えると、へばるほどがむしゃらに走るわけにはいかなかったので。

今回、このマラソンは、前回とは違うコースを走っているようですが、今回のコースは、あまりよくありませんでした。特に序盤に10kmコースと並走するあたり、10kmの人が折り返して道の反対側を走っているのに、片側1車線とはいえ車を走らせるのは危険ではないかと。また、一方通行にしているはずなのに、なぜか対向車がきたり、ルールを守らない車が多すぎ危険です。

来年は出場をやめようかと思います。ちょうど、日程の近い慶州さくらマラソンに出たいと思っていたので、こちらを優先にしようかと。

2016年4月23日 (土)

大野川大在  2016/4/23

チドリが見たくて、大野川河口に行ってみましたが・・・

マガモがまだいただけ。潮が高すぎるのかな?

Photo

 セッカが目の前に止まったので、写してみました。後ろにピントが合ってしまい、取りづらかったですが、何とか撮影。

 Photo_2

 肝心のチドリは、大在干潟のほうにいました。声がしたのですぐわかりました。

 コチドリですね。

Photo_3

 試しに動画もアップしてみました。コチドリの身支度。

kotidori.MOVをダウンロード

(Nikon1 J3)

2016年4月17日 (日)

大分川 2016/4/17

地震すごかったらしいですね。私はたまたま関東にいて、16日夜に帰ってきました。その後も何回かゆれましたが、いまのところは大したゆれではないです。

というわけで、閉じこもっていてもあれなので、鳥見に。

カルガモ。そろそろつがいになりはじめました。

Karugamo ムクドリもつがい。

Mukudori オオバンもつがい。

Oban こちらもつがい・・・と思ったら、ヒドリガモとバンでした。

Hidoriban 

セグロカモメの群れ。北にわたる途中かな?

Photo

(Nikon1 J3)

2016年4月10日 (日)

関崎 2016/4/10

朝方雨が降ったせいか、しだいに晴れてきても、渡りはいまいち。

今日はカワラヒワがよくうろうろしていました。

Photo  しばらく、3羽で集った後、海を越えていきました。

Photo_2  ミサゴ、渡る気はないみたいで、周辺をうろうろしています。

Photo_4  サシバ?あまりにも遠いし、うろうろしていて、渡る気配なし。昨日会ったやつかな?

Photo_5  潮が引くと、下の岩場がだんだん見えてきて、ウミネコが集合し始めました。そろそろ繁殖期かな?

Photo_6

ところで、大分川で朝ジョギングをしていて、変なハトが水辺にたたずんでいると思ったら、よく見たら、くちばしの長いチュウシャクシギでした。そろそろ渡ってきているみたいですね。

(nikon1 J3)

 

2016年4月 9日 (土)

関崎  2016/4/9

渡りを見に行ってみました。

10時半くらいから張って、12時まで。

メジロが桜の蜜を吸っていました。ありふれた構図ですが・・・

Photo_3 実は初撮りのニュウナイスズメ。しばらく群れで動いていました。

Photo  しかし、そのうち四国に向かって渡っていきました。

Photo_2  カワラヒワも渡っていきました。

Photo_4  もう終わりかと思っていると、突然鷹の渡り開始。

 最初の3羽編隊は、たぶんハイタカかと。今回はベテランがいないので、判別難しいですね。

2  次の3羽編隊は、気づくのが遅く、かなり小さくなってしまいました。

Photo_5  少し離れて、ミサゴも渡っていきました。

7 帰ろうとカメラをしまったら、突然目の前にサシバが!間に合いませんでした。

まだわたる気はなく、周辺で餌をあさっているみたいです。

(Nikon1 J3)

2016年4月 2日 (土)

大洲 2016/4/2

夕刻、大洲に行ってみました。

桜が咲き始め、どこも花見状態。すでに出来上がっている人も多いですね。

シロハラ。今年はよく見ましたね。そろそろ渡りが近いので、囀り始めました。

Photo  イソシギとハクセキレイ。イソシギが何気なくハクセキレイの縄張りに入ろうとしたため、威嚇されています。

Photo_2  カルガモ。つがい?仲良くずっとしゃがんでいました。

Photo_3  ヤマガラって、桜の蜜を吸う?花を食べる?んですね。メジロみたい。

2

 今日は暖かい日でした。でも風が少し強いかな。

(Nikon1 J3)