« 2016年4月 | メイン | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月29日 (日)

県民の森  2016/5/29

所用もあって早く出ましたが、すごい霧。

Photo なので、撮れたのは、このシジュウカラの尻だけ。

Photo_2 遠方のキジバトは、霞の中に。

Photo_3 この後、土砂降りになり退散。

(Nikon1 J3)

2016年5月28日 (土)

県民の森  2016/5/28

天気も体調も悪いのですが、気晴らしに安友庭園へ。

前に、雨の日に結構いろいろいたことがありますが、今日は全くダメ。

このオオルリメスくらいかな?

Photo さらに上に上っていくと、ネコに遭遇。野良らしく、一定の距離をおいています。

野鳥に影響がなければよいのですが・・・

Photo_2 さらに上にいくと、コジュケイに遭遇。あまりこちらを気にせず、ゆっくり逃げていきました。

Photo_3

(Nikon1 J3)

2016年5月24日 (火)

これは何?  2016/5/24

最初はネコかイヌと思いましたが、プロポーションが違いました。

けっこう警戒心薄いです。

アナグマかな?

20160524

2016年5月22日 (日)

県民の森  2016/5/22

 

また、サンコウチョウを探しに行ってみましたが、今日は1回見つけただけで、後は遠くに行ってしまったようで、声は聞こえるけれども撮影できず。

入口にいた鳥。ホオジロ並みに大きいので、たぶんオオルリのメスかと。

Photo_2 遠いですが、オオルリのさえずりが聞こえたので、カメラを向けてみると、ヒヨとオオルリが珍しく同じ木にとまっていました。

Photo_3

仲良くしているように見えますが、プレッシャーを感じたのか、ヒヨが退くと、オオルリがその位置を占めました。

Photo_4 ヒヨは離れた木に移ってさえずり再開。オオルリの方が強いんでしょうか?

Photo_5 その間、サンショウクイが上空を鳴きながら飛んでいきました。

Photo_6 ヤマガラとシジュウカラの混群から、少し違う鳴き声が聞こえると思ったら、コガラのようですね。ベレー帽をかぶっています。

Photo_7 帰り際に、小さめのキジバトのような鳥を発見。ピンボケですが、ホトトギス?

確かに、鳴き声はしていましたが。

Photo_8 帰る前に、平成パークラインの方に行ってみました。もう大分暑い時間なのに、ヤイロチョウポイントは盛況。日陰ではないので、みな熱中症にならないでしょうか?

人造湖に降りる手前で、オオルリを撮ろうと車を降りると、カケスの鳴き声が。写真を撮ろうとしましたが、お尻だけ見せて逃げられました。

Photo_9 カケスは用心深くて撮影難しいですね。

(Nikon1 J3)

2016年5月21日 (土)

県民の森  2016/5/21

また、サンコウチョウ、オオルリ、キビタキを探しに行ってみました。

キビタキはおらず。オオルリは遠くて駄目。サンコウチョウを探し回っていると、今日はかなり離れたところで見つけました。

Photo なかなかピントが合わないなあ。

Photo_2 

 探すコツもわかってきましたし、さえずり以外の鳴き声も気づくようになりましたが、暗い場所にいるせいか、ピントが合うことが少ないですね。

(Nikon1 J3)

2016年5月15日 (日)

県民の森安友  2016/5/15

ヤイロチョウポイントは人が多そうなので、安友庭園へ。

入ってしばらくすると、サンコウチョウと鉢合わせ。

Photo ピンボケでしたが、とりあえず見れたと。

Photo_2 帰りも、オオルリと鉢合わせ。こちらも、後ろの枝にピントが合ってしまい、ピンボケ。

Photo_3 何人かすれ違いましたが、やはり、みなヤイロチョウを見に行った帰りとのこと。上のほうは混んでいるみたいですね。

(nikon1 J3)

2016年5月14日 (土)

県民の森 2016/5/14

たまには坊主山と思っていきましたが、今日は先客がいました。

ここの主のIさんと思われる車ですが、本人が見当たらないし、邪魔しちゃいけないと思い、頂上へ。

すると、久しぶりにゴジュウカラを見ることができました。Photo

餌付けされているのか、それとも若鳥なのか、あまり警戒せずに、枝の上で、しばらくさえずっていました。 Photo_2 そのまま、安友庭園まで降りてきましたが、今日は人が多いこと。カメラを構えた人が、そこここにたむろしています。

 安友につくと、オオルリの声がするので、見晴らしの良いところに立ってみると、やはりいました。でもすごく遠いですね。

Photo_3  そのあと、山道を下っていくと、突如オオルリが真上で鳴き始めました。

 しかし、枝かぶりで、ピントが合いません。手動フォーカスにしなきゃダメかな。超接写なのに残念。

Photo_4  その他も、いろいろ鳥がいました。これは、いろいろ飛び回っていたイカルのつがい。

Photo_5

 でも、サンコウチョウの鳴き声はしませんでした。キビタキは少し声がしましたが、姿は見えず。

(Nikon 1 J3)

2016年5月 8日 (日)

県民の森  2016/5/8

今日も県民の森に行きましたが、サンコウチョウとオオルリは遠かった。

キビタキのみ、ピンボケですが撮影成功。

 Photo

(Nikon1 J3)

2016年5月 7日 (土)

県民の森  2016/5/7

いろんな鳴き声がしはじめましたね。

しかし戦果はいまいち。

サンコウチョウやオオルリは、鳴き声はするが、現認できず。

キビタキオスは、道の途中で鉢合わせて、カメラを構えているあいだに逃げられました。

エナガ。まあそれなりにとれたかな。

Photo コゲラ。かなり近くで撮影しました。あまり警戒していませんでした。

Photo_2 

(nikon1 j3)

2016年5月 5日 (木)

曽根干潟  2016/5/5

 

さて、毎年恒例となりつつあります、曽根干潟です。

今年は、高速が全通し、また便利になりました。door to doorで90分。

半日で往復できます。GWにもかかわらず結構順調に交通が流れたせいもありますが。

あいかわらず、いろいろたくさんいますね。

Photo_9 チュウシャクシギ。思ったほど多くないかな。まだ大分県北部に滞在しているのが多いようです。

Photo_3

 チュウシャクシギの飛翔。よく飛び回ります。

 Photo_10

 オオソリハシシギ、キアシシギと、オバシギ?

Photo_4  ダイゼンとキアシシギ。

Photo_5  こちらはトウネンとキアシシギですね。トウネンはいつもせかせかしています。

Photo_6  ハマシギとムナグロ?

Photo_7  こいつは、ホオアカですね。昨年もいたと思います。

Photo_8 おまけ、イタチ。あまり警戒していないのは、だれか餌やっているのでしょうか?

Photo

2時間もすると、潮が引いてしまい、観察終了。

順調に流れたせいで、往復200キロ超走って燃費も良好。

20160505

(Nikon1 J3 70-300mm または ジオマED67Sデジスコで撮影)