« 2016年8月 | メイン | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月25日 (日)

関崎  2016/9/25

今日は朝いちばんにつきましたが、すぐに2組の人がやってきて、一緒に指示しながら鳥見しました。

 周囲は、渡ってきたと思われるツバメでいっぱい。

Photo_5  よく見ると、いろいろなツバメがいるようです。これはコシアカツバメ。

Photo_6  これはツバメでなく、アマツバメ。

Photo_7  ツバメたちは、ひとしきり採餌すると、さらに南方を目指して去っていきました。

 とつぜん、予想もしなかった南方の方角から、サシバが。我々の頭の上を通り過ぎていきました。何とか写真撮影成功。

Photo_8  それ以外のタカは、いまひとつでした。これは、船を追い越す、たぶんハチクマ。すごく遠いです。

Photo_10

 チゴハヤブサと思われる鳥も見ましたが、いきなり目の前に現れたため、あわててシャッターを押しましたが、間に合いませんでした。すぐに去りました。たくさんいるツバメでも狙っていたのでしょうか?

 結果、午前中3時間で、ほとんどの鳥が、はるか南方の上空を渡っていきました。おかげであまり写真は撮れず。

北から風が吹いていたのが悪かったのかな?

鳴き声がすると思ったら、セッカもいました。

これもわたってきたのかな?

Photo_9 (Nikon1 J3)

関崎  2016/9/24

今日は、晴れわたっていて非常に暑かったです。

そのせいか、渡る高度が非常に高く、シャッターが切れないものが多かったです。

チュウヒ?

Photo ハチクマ?

Photo_2 ミサゴは比較的低くを飛んでいるんですが・・・・これは渡りでないのかな?

Photo_3 人も多く(たぶん観察会?)、タカより人を見に行った感じでした。

帰り大野川にも行ってみましたが、イソシギのみ。

Photo_4

(Nikon1 J3)

2016年9月22日 (木)

宇佐  2016/9/22

今季はじめて宇佐に行きました。

残念ながら、時々雨のぱらつく悪天候。

少し前までは、シギ等いろいろいたらしいのですが、台風のせいかどこかへ行ってしまいました。

<乙女新田>

イソヒヨドリ。何かくわえていますね。

Photo マガモとオナガガモ。まだ換羽がすんでいませんので地味。

Photo_2  ダイサギの列。こいつはたくさんいたのですが・・・

Photo_3  最後にヨシキリ。独特のさえずりも聞かれない季節になりました。

Photo_4 <岩保海岸>

 あまり収穫無し。ヒドリガモかな。換羽前。

Photo_5  非常に遠方のミサゴ。一部白いので肉眼でもなんとなくわかります。

Photo_7 また雨が降りだして終了。

(NIKON1 J3)

2016年9月19日 (月)

関崎  2016/9/19

今日は、昼前から2時間ほど粘ってみました。

しかし、ついたらあいにくの土砂降りの雨。その後も、霧が濃く、視界もなかなか開けません。でも、霧笛が聞こえないので、海は晴れているんだろうと思い、待っていると、昼頃、ようやく視界が少しは開けたとこに、ふいにサシバが現れました。

Photo  視界が悪いので、低空をとんできたんでしょうか?それとも、採餌のためにうろついているのかな?とりあえず、海星館の周りを旋回してとんて行きました。

Photo_2  視界が悪いせいか、結構近づいてくれたのは幸運。

 

 近くにカラスの群れがいて、ときどき集団で騒ぎながら飛翔。渡ってくる小鳥でも待ち構えているんでしょうか?

Photo_3  この蝶は、きのうからたくさんいます。なに蝶でしょう?アゲハに似ているのですが・・・渡ってきたのかな?

Photo_4

(Nikon1 J3)

2016年9月18日 (日)

関崎  2016/9/18

 昨日行きたかったのですが、所用で行けなかったので、雨がおさまった午後、鷹の渡りを見に行きました。

ところが、現地につくとすごい霧。最初は灯台さえも見えませんでしたが、しばらくすると、だんだん灯台も見えてきました。

Photo 1時間ほどすると、なんとか佐田岬も見えるようになりましたが、悪天候を警戒してか、渡りはさっぱり。2時間弱であきらめました。また雨も降ってきたし。

 鳥は、居ついているホオジロが少し。

2  このヤマガラは、こっちを見ていました。餌をもらっているのかな?

Photo_3 こちらは間違いなく餌をもらっている感じ。しきりに鳴いて寄ってきました。

Photo_2

(nikon1 J3)

2016年9月11日 (日)

久住  2016/9/11

久しぶりに久住に行ってみました。

沢水キャンプ場の沢水川の谷底は、夏でもひんやりしています。

鳥がたくさんいましたが、枝が邪魔して上手く撮れないので、ほとんどメクラシャッターです。

これは、オオルリだったみたいですね。

Photo  これは、ヤマガラ。

Photo_2  エゾビタキは、明るいところに出てきたので、よく撮れました。渡りの群れがきているらしく、たくさん見かけました。

Photo_3  一番水の周辺。あまり鳥はいませんでしたが、セグロセキレイがいたので撮影。

 クレソンに囲まれています。

Photo_4  久住山は、結構崩落が大きくなっているようです。地震と雨の影響?

Photo_5 (Nikon1 J3)

2016年9月10日 (土)

県民の森  2016/9/10

今日は、久住へ行こうと思っていたのですが、少し寝坊をしたので、また県民の森へ。今日もIさんたちがいました。

ヒマワリの種につられて、ヤマガラが飛び交っています。

Photo_2Iさんの車にくるのも。そのうち、手からも直接取って食べるようになりました。

Photo

ただし、かなり貯食もしているようです。穴を掘って埋める操作をたくさん見ました。きちんと場所を憶えているんでしょうか?来年になったら、そこらじゅうにヒマワリの花が咲かなければよいのですが・・・

Photo_5 だんだん佳境になってくると、ゴジュウカラも現れました。

Photo_3

 今回は、シジュウカラも現れました。水浴び専門。

Photo_4 そのうち、音もなく、キビタキのメスが近づいてきました。

Photo_6 そして、エゾビタキも。虫を空中捕食するためか、目が大きく、かわいいですね。

Photo_7 この切り株がお気に入りで、何度も止まっていました。ただし、キビタキには気に入らないらしく、何度かここから追っ払われていました。縄張り争い?

Photo_8

(Nikon1 J3)

2016年9月 4日 (日)

県民の森  2016/9/4

Iさんの勧めに従って、朝に行ってみました。

ヒマワリをまくと、ヤマガラは入れ食い状態。

Photo_3しばらくすると、ゴジュウカラも混じってきました。

仲良く餌をたべています。むしろヤマガラ同士のほうがけんかしています。

Photo_4 ヒマワリが少なくなると、木の株の横でしきりに穴を掘っているのもいます。なに?貯食を掘り起こしているのかな?

Photo_5 最後は、至近距離まで餌をねだって飛んできました。

 ソウシチョウの群れも通過しました。メジロの声も聞こえましたが、水浴びはしてくれませんでした。雨模様だからかな?

Photo_6 帰り、降りだした雨の中を、道路のキセキレイ。雨が降っていることと関係あるのか、道を歩いているのをたくさんみました。

Photo_7

アワもまいてみましたが、あまりたべません。カワラヒワかホオジロが来ないとダメかな。

(Nikon1 J3)

県民の森  2016/9/3

県民の森に行ってみましたが、今日は先客が。

ここの仕掛人のIさんたちでした。

でも、昼過ぎに行ったので、成果は今一つ。

ヤマガラがぽつぽつ。

Photo それから、キビタキのメスが1羽、水のみに来ました。

Photo_2 空にはツバメやイワツバメが。

2

(Nikon1 J3)