« 2017年3月 | メイン | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

大分川滝尾橋 2017/04/30

イワツバメの営巣を見に行きました。

たくさんいました。まだ抱卵中のようです。

Photo

ホオアカはさえずり中。

Photo_2 (Nikon1 J3)

2017年4月29日 (土)

県民の森安友 2017/04/29

早朝行ったら、イカル、サンショウクイ等の声がして、キビタキも見ましたが、撮れたのはオオルリ。

Photo  遠いので、山道を下って、近くまで行ってみました。

Photo_2  対抗してさえずるカワラヒワ。

Photo_3  木の幹を這っているのがいて、コゲラかと思いましたが、ゴジュウカラでした。

Photo_4

 サンコウチョウはまだみたい。

(Nikon1 J3)

2017年4月23日 (日)

東京 2017/04/20-22

出張で宝塚劇場の前のホテルに泊まったのですが・・・

木曜夜。みんななにやっているんでしょ?列になって座ったり立ったり。記念撮影?

Photo なお、金曜夜にはこの風景が見られませんでした。

土曜朝には、チケット待ちの列が。早朝から。

Photo_2

2017年4月16日 (日)

大分川&別府 2017/04/16

 ジョギング中にツリスガラを見かけたので、カメラを持っていきました。

でも、なかなか前に出てくれず、枝被りの写真ばかりでした。

Photo しばらく粘っていると、なんとか上の方に行ってくれ、それなりの写真が撮れました。

Photo_2  おまけのスズメ。繁殖期のせいか、警戒心より縄張り意識の方が強いですね。

Photo_3  その後、別府上人が浜にも行ってみましたが、潮干狩り?の人が多く、収穫なし。

イソシギ。こちらを警戒しながら動いていました。

Photo_4

 ミサゴ、このあと鳴きながら逃げていきました。カラスにでもちょっかい出されたか?

Photo_5  セグロカモメ。だいぶウミネコに置き換わりましたが、まだいるようです。

Photo_7

(Nikon1 J3)

 

2017年4月15日 (土)

猪の瀬戸 2017/04/15

汗ばむような陽気の中、春で鳥が移動する季節なので、何かいるかと猪の瀬戸に行ってみました。

最初はあまり収穫ありませんでしたが、夕刻が近づくにつれて鳥が動き始めました。

サンショウクイ。高いところを飛んでいることが多いんですが、今日は低いところをうろうろしていました。

Photo_2 キビタキ。こちらをにらんでいます。場所争いをしているのか、複数羽のオスがうろうろしていました。

Photo ヒガラ。小さい声でさえずります。ここではよく見ます。

Photo_3 シジュウカラは、大きなはっきりした声でさえずります。

Photo_4 ヤマガラもさえずっていました。

Photo_5 (Nikon1 J3)

2017年4月 9日 (日)

関崎 2017/04/09

昨日は天気が悪く霧がち。明日も天気が悪いので、今日は渡るぞと思い行ってみました。的中して、結構わたっていきました。

上昇気流の顕著になった10時~11時の間、20~30羽次々と渡っていきました。

ハイタカ。たくさん来ました。次々と渡っていきます。

4  白っぽいけど、多分ハイタカ。

9  岬の上で旋回して高度を上げてから渡るのも多く、おかげで写真を撮りやすかったです。

Photo_3

 ノスリ。初めの方の時間帯だけ、数羽飛んでいきました。

Photo_2  カワラヒワも渡っていきます。比較的低空にハイタカが現れると、小鳥の鳴き声が一瞬静まります。

Photo

11時を過ぎると、全く渡らなくなりました。また曇ってきたせいもあるかな。

今日は私一人だけでした。よって、自由に楽しめたのは良いですが、識別には自信がありません。

(4/10 サシバ→ハイタカに修正)

(Nikon1 J3)

2017年4月 1日 (土)

慶州さくらマラソン 2017/3/31-4/2

行ってきました。さくらマラソン。

行きにKTXに乗り遅れたりと、結構いろいろありましたが、何とか行ってこられました。

大会当日は、寒い雨が結構降っていましたが、スタート直前にはおさまり、天候的にはまずまずでした。しかし、私的には、スピードの出しすぎ等の理由で、終盤に足がつり走れなくなり、制限時間ぎりぎりの悪成績。走りきれただけでもよしとしますか。

<スタート地点の写真>

Photo

慶州は、開発めざましく、行くたびに風景が変わっています。

<エキスポ公園>

Photo_2

しかし、今回の韓国旅行は、語学は劣化するを地で行った感じです。教科書をおさらいしてもだめですね。実際に使わないと。

 話は戻って、行きの釜山駅。飛行機が遅れた上に、きっぷうりばが非常に混んでいて、その列に並んでいたら乗り遅れました(ネット予約しても一般窓口で換券、結局外国人を別扱いしてくれないのね、あまりネット予約の意味なし)。釜山駅でチケットをもらうのには早めに行きましょう。乗り遅れるとネット予約キャンセル料として15%取られます。

<釜山駅>

Photo_3

また、今回は乗り遅れたために、KTXでなく、SRTに乗りました。同じ線路を、競合のためか2つの会社が使っているみたい。1割ほど安かったです。KTXが青基調の色なのに対し、茶基調の色でした。wikipediaによると、使用車両はKTXの新型自国製車両「山川(サンチョン、日本語で魚のヤマメのこと。先頭がヤマメに似ているからか)」と同じだそうです。

Srt

ホテルはオンドルでした。最初はエアコンの吹き出し口を探しましたが、温度調整コントローラがあるのと、床がほんのりあたたかいので気づきました。

濡れた衣服の乾燥に便利。

Photo_4

マラソンの後に軽く食べた「いかちゃんぽん」。韓国のラーメンは皆よく似た味ですね。

Photo_5

帰りのKTX。初代の車両みたいですね。

Ktx

 

 お約束の鳥の写真も。

釜山駅のハト小屋。真冬の前回と違い、ハトに大盛況でした。

Photo_6

スズメもいました。次の列車に時間が余ったのでつい撮影を。

Photo_7

慶州では、マラソン後も残って鳥見を。

カササギ。韓国ではありふれた鳥です。営巣しているのもいました。邪魔してごめん。

Photo_13

ダルマエナガ。ホテルの前にたくさんいました。エナガよりスズメに近い行動ですね。種類も違うらしいし。

Photo_14

本当のエナガもいます。

Photo_16

カンムリカイツブリ。人が近くても逃げませんね。

Photo_15

帰りの日の朝。寒かったですが、晴れたので、鳥がよく鳴いてました。

ジョウビタキもさえずるんですねー。日本ではないですが。

Photo_17  スズメと思って撮った一群が、たぶんアトリの類でした。

Photo_18  これも、さえずりからシジュウカラと思って撮りましたが、ネクタイがないので、多分ヒガラ。

Photo_19

 新慶州駅でも、鳥たちがたくさんいました。いなかだからね。

 駅の屋根に巣をつくるカササギ。ちなみに在中。たぶん求愛中。抱卵まではまだいってないかな。

Photo_21  ハトも求愛中。

Photo_22

 シジュウカラもさかんにさえずり、最後は駅のホームまでやってきました。

Photo_20 

なお、釜山の桜は満開でしたが、慶州は今一つでした。

旅行会社に頼らずの個人旅行でしたが、何とか成功しました。個人旅行の理由は、慶州で鳥見がしたかったから。旅行会社のツアーは、2泊目はほとんど釜山に戻ります(たぶん免税店に連れていくため)。慶州に2泊するツアーがあればよいのですが。

(Nikon1 J3)