« 2018年4月 | メイン

2018年5月

2018年5月13日 (日)

小野鶴県民の森 2018/05/13

賀来神社を通りかかったら、何かのはずみでキジのメスが道路に出てきました。車の列を見て慌てて草むらに逆戻り。探したけど見つかりませんでした。

昨日のタカブシギがまだいるかと思い、小野鶴堰にいきましたが、見つけられませんでした。

代わりに、イカルチドリがたくさんいました。遠いですが・・・

3 マガモもまだいます。

Photo カイツブリはなにか咥えてますね。営巣中か。

Photo_2 その後、坊主山を車で走っていると、コジュケイが道を横切るのに出くわしました。

Photo_3 坊主山はクロツグミ、カケス、イカルの声がしたけれども、写真には撮れず。

でも、ふもとでは、オオルリがさえずりモードに入っており、十分に写真を撮ることができました。あいにくの空模様でしたが、逆光にならず、かえってよかったかも。

4

県民の森の道では、猪が道を走って横切りました。80cmくらいではないかと、でかい。

(Nikon1 J3)

2018年5月12日 (土)

県民の森 2018/05/12

 

久しぶりに小野鶴堰へ。きれいに整備されて歩きやすくなりましたが、鳥は少なくなった。

いつものイソシギ。

Photo こちらもイソシギと思いましたが、遠いので望遠で確認すると、足の長いタカブシギのようです。

道理で、けっこう水深があるのに立てるはずです。

Photo_2 坊主山にも行ってみましたが、エサを忘れたので、こちらを恨めしそうに見るヤマガラ。

「エサないの?」

Photo_3 サテライトでは、シジュウカラがさかんに縄張り主張。

Photo_4  帰りに見かけた鳥。たぶん換羽直後のゴジュウカラみたいですね。木を上下に走り回っていました。

2

 安友庭園はあまり収穫なし。エナガがたくさん群れていました。エナガの巣立ちは早いらしいですから、幼鳥の群れなのかも。

Photo_5  適当に向けたカメラには、はるか遠くにオオルリが写っていました。

Photo_6

ヤマガラハウスは、先客がいて入れませんでした。

今日は他県からのバードウォッチャーもおり、大賑わい。そろそろサンコウチョウの季節ですね。

(Nikon1 J3)

2018年5月 7日 (月)

ヤフオクドーム 2018/05/06

恒例のGWヤフオクドーム。

行きも帰りも雨にたたられ、いまいちのコンディションの中、試合の方もさっぱり。

5本もホームランを打たれるは、内川は2000本安打不発だはで。

写真は、最終バッター内川、満塁の好機に凡打で終わり試合終了の図。

Photo

2018年5月 5日 (土)

県民の森 2018/05/05

今日は不毛。県民の森を数か所回りましたが、撮れたのはこのサンショウクイくらい。

ツツドリとオオルリの鳴き声はしましたが・・・

数羽で求愛行動をして飛び回っていました。四阿ポイントにて。

1

安友庭園では、Yさんに会いましたが、やはり不毛とのこと。

帰りに七瀬公園にも行ってみましたが、カルガモ、エナガあたりしかいませんでした。

カワセミ目当ての人たちが長期戦の構えでいました。

(Nikon1 J3)

2018年5月 4日 (金)

滝尾橋 2018/05/04

今日は、ハーフを少しペースを落として走ってみた(7分弱/km平均)。風が強いが、日差しの割に涼しいせいか、まったく足がつらなかった。暑さ寒さとオーバーペースも足つりの原因か?前半もっと抑えたほうが良いか。

他の用もあり、疲れたので、近場のみの鳥見。

イワツバメの巣の中からは、ヒナの声が聞こえます。よく見ると、頭が少し見えるような・・・

Photo

親鳥が入るところを撮りたいのですが、警戒して撮らしてくれません。

Photo_2 このカラスは、ヒナが落ちてくるのを狙っているようで、ずっと近くをうろうろしています。

Karasu (Nikon1 J3)

2018年5月 3日 (木)

神崎大野川 2018/05/03

早朝、大野川河口に行きましたが、潮位が高く水鳥はいませんでした。ウグイスだけがお出迎え。

2

先日色々収穫のあった神崎の海水浴場(漁港のとなり)では、風がつよく長居する雰囲気ではなかったです。唯一収穫のあったシロチドリ。一羽だけいました。

2_2

最後に、大野川舟本に行ってみました。チドリの声がするとおもったら、イカルチドリがたくさんいました。

2_3 少し離れた土のところには、コチドリのつがいが。ともにどこかに巣があるようですね。かわいそうなので巣はさがさず、そっとしておきました。

Photo ツバメは、たぶん巣材を採っているようですね。

1

これは、何?

サギよけのネットと案山子?魚をとられないようにするためかな?

Photo_2 1日で3種のチドリを見ることができました。これでメダイチドリがいれば全制覇なのですが・・・

(Nikon1 J3)

2018年5月 1日 (火)

曽根干潟 2018/05/01

毎年恒例になってきました曽根干潟行きです。

片道2時間かからず行けますからね。宇佐乙女新田や久住と同じくらいの感じです。

(高速代は片道3千円以上かかりましたが・・・)

いつもながらたくさんいます。千羽くらいはいるのでは?

Photo_2

驚いたり、移動のため、時々一斉に飛び立ちます。

Photo_3

 

 ハマシギがたくさん。それとキアシシギ、チュウシャクシギ。

Photo_5

チュウシャクシギとオオソリハシシギ。

Photoダイゼンとハマシギチュウシャクシギ。

Photo_6 アオアシシギ。ここまでは毎年の面子です。

Photo_7 ムナグロと思います。初めてかな?ダイゼンでないと思うのは、少し小さいのと(ハマシギと比べて)、それと黄色がかかっているので。

Photo_8 ヒヨドリの群れ。北に戻るのかな?

Photo_9

帰り、みやこ豊津PAに寄ったら、なぜかコチドリの声が。隣の調整池にたむろしていました。警戒心が強く、レンズを向けるとにげてしまいました。

Photo_10

(Nikon1 J3)