2018年11月18日 (日)

志高湖・神楽女湖 2018/11/18

猪の瀬戸に行こうと思いましたが、途中で雨が降ってきたので、神楽女湖に変更。

なにかカモがいますが、逆立ちばかりで顔が見えません。

2  コガモですね。たくさんいました。

1  次に、雨の止んだ志高湖に移ると、めずらくオオバンの群れが。渡り中?

Photo  ヒドリガモは、いつも冬が近づくと来ますね。額の黄色が目印。

1_2

 マガモもいました。よく見ると、1つがいだけハシビロガモが。

Photo_2

Photo_3

 今年は、コブハクチョウのヒナはいませんでしたね。

Photo_4

(Nikon1 J3)

2018年11月17日 (土)

九六位山 2018/11/17

ハイタカチャレンジ。

駐車場についたとたん、ハイタカ2羽(1羽は少し小さかったのでツミかも)がカラスとバトル中。しかしピント合わず。

Photo

その後、小鳥のたくさんいる木のところで待っていたら、2度ほど偵察にきました(1回はやはり小さかった)しかし、スピードが速くだめ。

それからは警戒されたらしく、来ませんでした。代わりに小鳥が増えてきたので、写真を。

地啼きするウグイス。

2

ヤマガラ。

Photo_2

シジュウカラ。

2_2

引き上げる途中、こんどはミカン畑上空を舞っているのを発見。遠いですがなんとかハイタカ撮れました。

2_3

(Nikon1 J3)

2018年11月12日 (月)

日出杵築 2018/11/10-12

 

とみくじマラソンに再挑戦しました。6℃の寒さの中、足がつって散々だった前回と比べて、今回は何とか体調良好で完走できました。詳細はfacebookに書いていますが、ここのところ頻発している足つりの原因は、脱水症状と体幹を使わず足だけで蹴って走っていることにあったようです。

その間に、泊まった日出ソラージュ周辺で鳥見。

日出での日の出(笑)。

1 ウミネコとセグロカモメが屯っています。

Photo_2

セグロセキレイが、縄張りを主張して監視していました。

Photo  この後、朝食を少し食べてから出たのですが、1時間以上前につくはずが、駐車場前で大渋滞。近隣駐車場に入れず遠隔駐車場から送迎バスとなり、出発20分前にようやく到着しました。会場を変えてよくなるどころか、去年よりひどい渋滞でした。

 夕方も、日出のホテル周辺は相変わらずセグロカモメとウミネコがたくさん。

Photo_3  シロチドリとハマシギもいました。

Photo_5  この後、守江湾へ。

 曝気槽には相変わらずコガモが。

Photo_6  これは全部オナガガモのようです。

Photo_7  シギチが飛び回っていましたが、種類は確認できず。

Photo_8  最終日の朝、残念ながら雨がちでしたが、日出の浜を散歩。暗いので写真はいまいち。

 ハヤブサが現れましたが、光量が少ないせいか、うまくシャッターが切れませんでした・・・

昨日も見たので、ここが巡回コースみたいです。

Photo_9  ヒドリガモの群れ。守江湾ではみられなかったのは、ノリを食べるので追っ払われているのでしょうか?ここなら安全なのかな?寝ています。

2  シロチドリに混じってトウネンがいました。

Photo_10  この舟岩には、イソヒヨドリが留まって監視していました。

Photo_11  雨が激しくなったので帰宅へ。

(Nikon1 J3)

2018年11月 4日 (日)

九六位山 2018/11/04

天気が良いので、朝から九六位山へ。

途中でホオジロの群れに出会いました。しかし、よく見るとミヤマホオジロが混じっています。今年も来ましたね。

2 森林公園での収穫はいまいちでしたが、少しは写真が。

コゲラ。なんとか空抜けにならずに撮れました。

Photo_6 ヤマガラ。結構長い間、いろいろパフォーマンスをしてくれました。

3 ハイタカも2度見ましたが、撮影失敗。1回目は、忘れ物を車に取りに帰ったところで、あわててカメラを取りに行こうとしましたが、間に合わず。数10mの至近距離で、明るい灰色のきれいな姿がはっきり見えました。2度目はその30分後、今度は枝が邪魔してピントが合わず。少し茶色がかかった個体で、1回目とは別個体と思います。若鳥かメスかな?先日も朝10時前後に遭遇したので、この時間にここを巡回するのが日課なようです。

ムギマキ、キビタキ等は見られず。ハイタカが頻繁にくるので、場所を移ったかな?

帰り、舟本大橋の手前でたくさん鳥が飛んでましたが、みんなトビでした・・・・トビ柱ができていました。

Photo_5

(Nikon1 J3)

下宗方県民の森 2018/11/3

お昼まで駅伝大会だったので、夕方県民の森に行ってみました。

下宗方のカワラヒワ。エリアによって、スズメとカワラヒワがいますね。

Photo ヤマガラハウス。すっかり秋めいてきました。鳥の収穫はなし。

Photo_2 これ何?

Photo_3 帰り、いつもいるネコがこちらを監視していました。

Photo_4

(Nikon1 J3)

2018年10月28日 (日)

九六位山 2018/10/28

ノビタキを探して下宗方に行ってみましたが、いませんでした。

カワラヒワがいっぱいいましたが・・・

Photo

そして、九六位山へ。今日は先客が2人いました。Kさんと、先週もいたUさんです。

ムギマキらしき鳥は撮ることができました。

4

 逆光ですが、これもムギマキ

Photo_2 こっちはキビタキですね。

3キビタキ腹だけの写真もけっこうありました。

2 ソウシチョウも。

Photo_3 帰ろうと思ったら至近距離をハイタカが飛翔しました。でも木の枝が邪魔でまともにピントが合わず撮影失敗。

Photo_4 枝の多いところの撮影はやはり難しく、だまし絵のようなたくさんの写真のほとんどが、前ピンになったりして、鳥が見当たりませんでした。鳥が写っていたのはほんの一握り。

(Nikon1 J3)

2018年10月21日 (日)

九六位山 2018/10/21

 今度は、朝に九六位山に行ってみました。先客がいましたが、日の出からいらっしゃったそうです。寒い朝だったそうです。

1時間程度の間に色々撮れました。

キビタキ。少しピントが甘いですが、色で分かります。

Photo  ソウシチョウ。群れで移動します。 

Photo_3

サメビタキ。裸の枝にもとまるので撮りやすいです。

Photo_5

 同じ場所でいろいろポーズしてくれました。 

Photo_6

 メジロ。こちらも群れで移動。

Photo_4

(Nikon1 J3)

2018年10月20日 (土)

九六位山 2018/10/20

夕方、少し時間があいたので、行ってみました。あんまりめぼしいのはいなかったのですが。

ノスリ。いつもここを飛んでいます。

Photo モズ。今年は当たり年。

Photo_2

(Nikon1 J3)

2018年10月14日 (日)

神崎&大分川 2018/10/14

早朝の引潮時にシギチがいるかと思いましたが、イソシギのみたくさん。3_2

いつも威嚇するシジュウカラ。

2_2

カワセミはいつもいます。

1 モズが多くなってきましたね。秋です。

Photo 大分川のツバメも、イワツバメだけになりました。

3_3 (Nikon1 J3)

2018年10月13日 (土)

富士見ヶ丘 2018/10/13

コガモが渡ってきているらしいので、見に行きました。

2 カルガモもたくさんいました。

Photo 宗方の田んぼには、カワラヒワがたくさん。

Photo_2 今稲刈りの最中。

(Nikon1 J3)