2017年2月25日 (土)

モニタリング1000沢水 2017/02/25

残念ながらカメラを落として壊したらしく、ゴミの多い画像です。

沢水です。気温は0℃近くでした。

Photo 清水堤。風が強く、器具を押さえながらの撮影です。

下は霜柱で凍っていて、滑りやすく大変です。

Photo_2 画像はどんどんひどくなり、最後は、テレ以外での撮影は画面が真っ暗になりできません。泣く泣くレンズを買い換えました。

2017年2月19日 (日)

宇佐 2017/02/19

 久しぶりの宇佐

<乙女新田>

湿地が8割がた埋め立てられたせいか、ほとんどのカモが外洋にいました。

Photo  これはズグロカモメ。餌探し中。

Photo_2  遠いですがアトリ。ぼちぼちいますが、なかなか写真を撮らせてくれません。

Photo_3 見どころも少なくなったような気がします。

<寄藻川>

 たくさんいたハマシギ。遠くから見ると、白いゴキブリみたい。

Photo_4  シロチドリはぱらぱらといました。

Photo_6  ツクシガモは年々多くなっているみたい。最近あまり見ない杵築方面と対照的ですね。

Photo_5 

 ヨシガモ。日が当たるときれいです。

Photo_7  目当てのナベヅルは、まだ帰らないでいてくれました。

3  時々歩き回りますが、飛ぶ気配はありません。

8

 アカツクシガモの情報もあったようですが、見ることはできませんでした。

(Nikon1 J3、寄藻川はジオマED67Sとのデジスコ)

2017年2月12日 (日)

九六位 2017/02/12

 今年まだ見ていないルリビタキを探しに行きましたが、はずれ。

でも、それなりには鳥がいました。

エナガの群れ。

Photo 九六位キャンプ場にて。前からホオジロ類がいるのはわかっていたのですが、警戒心が強く上手く撮れない。

アオジ。これは今までで一番良い出来。なかなか明るいところに出ないからね。

Photo_2 ミヤマホオジロ。出てこない。

Photo_3 逃げられる寸前に慌てて撮ったのでピンボケでしたが、模様からアトリのようです。

Photo_4

今日も寒い。昼時なのに山頂は2℃。下より5℃以上低い。

(Nikon1 J3)

2017年2月11日 (土)

県民の森 宗方 2017/02/11

今日は猛烈に寒いので、県北に行くのをあきらめ、県民の森へ。

性悪カワラヒワ。たくさんいるヤマガラを追っ払って、餌を独り占めしようとしています。

Photo シジュウカラは慎重に接近。うまく取っていきました。

Photo_2  カワラヒワは満腹したのか、いなくなりました。

 ミヤマホオジロもいますが、警戒心強くなかなか表に出てきません。

Photo_3  口戸に行きましたが、チョウゲンボウの撮影に失敗したので、宗方へ。こちらにもいました。しても、このカワラヒワ、チョウゲンボウが怖くないんでしょうか?

Photo_4  真下に来ても、車の中にいれば逃げませんでした。

Photo_5  カワラヒワの群れ。スズメの群れもいましたが、寒いのですごく膨らんでいました。

Photo_6

(Nikon1 J3)

2017年2月 5日 (日)

志高湖 2017/02/05

温かかったので、志高湖に行ってみました。

しかし、まだ大した鳥はいませんでした。早すぎたかな?

だれたコブハクチョウ。餌は潤沢にもらえるからね。

Photo アヒルとカモ類。マガモ、ヒドリガモ、オオバン。

Photo_2  ツグミは多かったですね。

Photo_3  小鳥はシジュウカラやヤマガラ。まださえずる季節ではないですね。

Photo_4 

(Nikon1 J3)

2017年2月 4日 (土)

九六位 2017/02/04

ウソを探しに、森林公園へ。

案の定、けっこういました。今年初見です。

Photo オスの赤いのどが印象的ですね。

Photo_2 今年なかなか見つけられなかった、ミヤマホオジロもいました。キャンプ場にて。

Photo_3 途中で撮ったリア充メジロ。他の鳥が逃げた後も残っていちゃいちゃしていました。

Photo_4  もう春ですね。

Photo_5

(Nikon1 J3)

2017年1月29日 (日)

小野鶴、県民の森、口戸、塚原 2017/01/29

今日はいろいろめぐってみました。

まず小野鶴。マガモやヒドリガモはたくさんいました。その中に白いのがいるので、カモメと思いレンズを向けたら、カンムリカイツブリでした。

Photo 看護大の調整池にいろいろカモがいるのは気づいていました。ほとんどがヒドリガモやオオバンでしたが、中に一羽だけオカヨシガモが。

Photo_2 梅にホオジロ。メジロでないのが残念。

Photo_6 ヤマガラハウスは、ヤマガラと、シジュウカラが少し。あとなぜかモズがいました。

Photo_3  帰り、思いついて塚原方面に行ったら、エナガの群れに遭遇。相変わらずかわいいですね。

Photo_4  口戸では、いつもの猛禽はいませんでしたが、たおこしした田んぼに、鳥がたくさん。セグロセキレイとタヒバリです。他にもツグミやハクセキレイ、カワラヒワが。

Photo_5 (Nikon1 J3)

2017年1月28日 (土)

松岡 2017/01/28

ここのところ、忙しくて鳥見にいけないので、近場で。

基地に着くと、ノスリが出迎えてくれました。しばらく上空を旋回していました。オシドリ類は、一応警戒しているようで、奥に引っ込んでいました。

Photo ノスリが去ると、お出ましです。

Photo_2

オスは、メスに対して、羽を広げたり、もぐったり、しきりにアピールをしています。春ですね。

Photo_3  キンクロハジロも、水浴びしておしゃれに余念がありません。

Photo_4  ホシハジロは相変わらず居眠りしていました。

Photo_5

(Nikon1 J3)

2017年1月15日 (日)

口戸&県民の森&小野鶴 2017/01/15

風が強いので、ふきっさらしでない県民の森に行ってみることにしました。

途中、口戸のノスリポイントで、もっと小さな鳥が。

Photo チョウゲンボウより尾が短く見えるので、コチョウゲンボウかな?

Photo_2

 ヤマガラハウスは、先客がいたらしく、すでに大盛況

Photo_3

 今回はシジュウカラも頻繁に来ます。

Photo_4 ゴジュウカラも一瞬ですが姿を見せました。

Photo_5

 地面をあさるアオジ。

Photo_6 木の実をついばむメジロの群れ。

Photo_7

 その帰り、安友入り口で、イカルの群れに出会いました。

Photo_8

 コイカルはいなかったようです。

Photo_9

 最後、小野鶴を覗いてみると、ヒドリガモ、ホシハジロ等たくさんいました。

Photo_10 空では、イワツバメの群れが採餌中。

 

Photo_11

(Nikon1 J3)

2017年1月14日 (土)

松岡  2017/01/14

 松岡に行ってみました。

 けっこう手前の方にだけ鳥がいました。

 たくさんいますが、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、オシドリといった常連ばかり。

Photo_2

 オシドリのつがい。年賀状にしたらよいような絵になる情景ですね。

Photo

(NIKON1 j3)