2017年4月29日 (土)

県民の森安友 2017/04/29

早朝行ったら、イカル、サンショウクイ等の声がして、キビタキも見ましたが、撮れたのはオオルリ。

Photo  遠いので、山道を下って、近くまで行ってみました。

Photo_2  対抗してさえずるカワラヒワ。

Photo_3  木の幹を這っているのがいて、コゲラかと思いましたが、ゴジュウカラでした。

Photo_4

 サンコウチョウはまだみたい。

(Nikon1 J3)

2017年4月23日 (日)

東京 2017/04/20-22

出張で宝塚劇場の前のホテルに泊まったのですが・・・

木曜夜。みんななにやっているんでしょ?列になって座ったり立ったり。記念撮影?

Photo なお、金曜夜にはこの風景が見られませんでした。

土曜朝には、チケット待ちの列が。早朝から。

Photo_2

2017年4月16日 (日)

大分川&別府 2017/04/16

 ジョギング中にツリスガラを見かけたので、カメラを持っていきました。

でも、なかなか前に出てくれず、枝被りの写真ばかりでした。

Photo しばらく粘っていると、なんとか上の方に行ってくれ、それなりの写真が撮れました。

Photo_2  おまけのスズメ。繁殖期のせいか、警戒心より縄張り意識の方が強いですね。

Photo_3  その後、別府上人が浜にも行ってみましたが、潮干狩り?の人が多く、収穫なし。

イソシギ。こちらを警戒しながら動いていました。

Photo_4

 ミサゴ、このあと鳴きながら逃げていきました。カラスにでもちょっかい出されたか?

Photo_5  セグロカモメ。だいぶウミネコに置き換わりましたが、まだいるようです。

Photo_7

(Nikon1 J3)

 

2017年4月15日 (土)

猪の瀬戸 2017/04/15

汗ばむような陽気の中、春で鳥が移動する季節なので、何かいるかと猪の瀬戸に行ってみました。

最初はあまり収穫ありませんでしたが、夕刻が近づくにつれて鳥が動き始めました。

サンショウクイ。高いところを飛んでいることが多いんですが、今日は低いところをうろうろしていました。

Photo_2 キビタキ。こちらをにらんでいます。場所争いをしているのか、複数羽のオスがうろうろしていました。

Photo ヒガラ。小さい声でさえずります。ここではよく見ます。

Photo_3 シジュウカラは、大きなはっきりした声でさえずります。

Photo_4 ヤマガラもさえずっていました。

Photo_5 (Nikon1 J3)

2017年4月 9日 (日)

関崎 2017/04/09

昨日は天気が悪く霧がち。明日も天気が悪いので、今日は渡るぞと思い行ってみました。的中して、結構わたっていきました。

上昇気流の顕著になった10時~11時の間、20~30羽次々と渡っていきました。

ハイタカ。たくさん来ました。次々と渡っていきます。

4  白っぽいけど、多分ハイタカ。

9  岬の上で旋回して高度を上げてから渡るのも多く、おかげで写真を撮りやすかったです。

Photo_3

 ノスリ。初めの方の時間帯だけ、数羽飛んでいきました。

Photo_2  カワラヒワも渡っていきます。比較的低空にハイタカが現れると、小鳥の鳴き声が一瞬静まります。

Photo

11時を過ぎると、全く渡らなくなりました。また曇ってきたせいもあるかな。

今日は私一人だけでした。よって、自由に楽しめたのは良いですが、識別には自信がありません。

(4/10 サシバ→ハイタカに修正)

(Nikon1 J3)

2017年4月 1日 (土)

慶州さくらマラソン 2017/3/31-4/2

行ってきました。さくらマラソン。

行きにKTXに乗り遅れたりと、結構いろいろありましたが、何とか行ってこられました。

大会当日は、寒い雨が結構降っていましたが、スタート直前にはおさまり、天候的にはまずまずでした。しかし、私的には、スピードの出しすぎ等の理由で、終盤に足がつり走れなくなり、制限時間ぎりぎりの悪成績。走りきれただけでもよしとしますか。

<スタート地点の写真>

Photo

慶州は、開発めざましく、行くたびに風景が変わっています。

<エキスポ公園>

Photo_2

しかし、今回の韓国旅行は、語学は劣化するを地で行った感じです。教科書をおさらいしてもだめですね。実際に使わないと。

 話は戻って、行きの釜山駅。飛行機が遅れた上に、きっぷうりばが非常に混んでいて、その列に並んでいたら乗り遅れました(ネット予約しても一般窓口で換券、結局外国人を別扱いしてくれないのね、あまりネット予約の意味なし)。釜山駅でチケットをもらうのには早めに行きましょう。乗り遅れるとネット予約キャンセル料として15%取られます。

<釜山駅>

Photo_3

また、今回は乗り遅れたために、KTXでなく、SRTに乗りました。同じ線路を、競合のためか2つの会社が使っているみたい。1割ほど安かったです。KTXが青基調の色なのに対し、茶基調の色でした。wikipediaによると、使用車両はKTXの新型自国製車両「山川(サンチョン、日本語で魚のヤマメのこと。先頭がヤマメに似ているからか)」と同じだそうです。

Srt

ホテルはオンドルでした。最初はエアコンの吹き出し口を探しましたが、温度調整コントローラがあるのと、床がほんのりあたたかいので気づきました。

濡れた衣服の乾燥に便利。

Photo_4

マラソンの後に軽く食べた「いかちゃんぽん」。韓国のラーメンは皆よく似た味ですね。

Photo_5

帰りのKTX。初代の車両みたいですね。

Ktx

 

 お約束の鳥の写真も。

釜山駅のハト小屋。真冬の前回と違い、ハトに大盛況でした。

Photo_6

スズメもいました。次の列車に時間が余ったのでつい撮影を。

Photo_7

慶州では、マラソン後も残って鳥見を。

カササギ。韓国ではありふれた鳥です。営巣しているのもいました。邪魔してごめん。

Photo_13

ダルマエナガ。ホテルの前にたくさんいました。エナガよりスズメに近い行動ですね。種類も違うらしいし。

Photo_14

本当のエナガもいます。

Photo_16

カンムリカイツブリ。人が近くても逃げませんね。

Photo_15

帰りの日の朝。寒かったですが、晴れたので、鳥がよく鳴いてました。

ジョウビタキもさえずるんですねー。日本ではないですが。

Photo_17  スズメと思って撮った一群が、たぶんアトリの類でした。

Photo_18  これも、さえずりからシジュウカラと思って撮りましたが、ネクタイがないので、多分ヒガラ。

Photo_19

 新慶州駅でも、鳥たちがたくさんいました。いなかだからね。

 駅の屋根に巣をつくるカササギ。ちなみに在中。たぶん求愛中。抱卵まではまだいってないかな。

Photo_21  ハトも求愛中。

Photo_22

 シジュウカラもさかんにさえずり、最後は駅のホームまでやってきました。

Photo_20 

なお、釜山の桜は満開でしたが、慶州は今一つでした。

旅行会社に頼らずの個人旅行でしたが、何とか成功しました。個人旅行の理由は、慶州で鳥見がしたかったから。旅行会社のツアーは、2泊目はほとんど釜山に戻ります(たぶん免税店に連れていくため)。慶州に2泊するツアーがあればよいのですが。

(Nikon1 J3)

2017年3月26日 (日)

大分川県民の森 2017/03/26

来週はいないので、とりあえず近場一通りチェック。

<滝尾橋>

イワツバメはそろそろ抱卵し始めるみたいですね。しっぽだけが見えてる。

Photo  スズメも求愛中。しっぽ立ってる。

Photo_2 ホオアカさえずってますねー

Photo_3

<県民の森>

ヤマガラ誘拐されたらしいですね。確かに少なくなった気がする。警戒心も強いみたいだし。カラスとかの可能性はないのかな?

Photo_4  代わりにシジュウカラが幅をきかしてきました。

Photo_5  さかんにさえずります。

Photo_6  カワラヒワも多くなってきた。

Photo_7  ゴジュウカラ。新しいえさ台に来ていました。

2

  ソウシチョウもアワを仲良く食べてます。フロントガラス越しなので、いま一つの写りですが。Photo_9  坊主山にも行きましたが、ヤマガラ、シジュウカラがいました。同じなので画像省略。

(Nikon1 J3)

2017年3月20日 (月)

宇佐豊後高田 2017/03/20

連休の最終日に、比較的時間があいたので、宇佐から豊後高田に行ってみました。

<乙女新田>

旧湿地側にはコガモしか見られませんでした。昔はたくさんいたシギ類もあまり見かけなくなりましたね。

海側にはいろいろなカモがいました。

Photo

 逃げるヨシガモとカルガモ。

Photo_2

<寄藻川>

 タヒバリはたくさんいました。田おこし後に群がっています。

Photo_5

 海岸の突堤には、たくさんのツクシガモとダイゼンが。

Photo_6

 ハマシギもいます。

Photo_7

 河口にはカモ類の群れと、ぼちぼちシロチドリが。

Photo_3 若鳥かな?色が薄い。

Photo_4

  ツクシガモは、今年は多かったですね。

Photo_8

<豊後高田呉崎>

 時間があったので、より遠くへ。

 調整池にはたくさんのカモが。

Photo_9

 いろいろいました。

Photo_11

 水路から突然飛び上がったシギが。イソシギかと思いましたが、クサシギのようです。

Photo_10

 ヒバリもたくさんいました。冠羽が立っていますね。Photo_12

雨が降り始めたので終了。

結局、高速経由で往復3時間半ほど走りました。豊後高田は遠いですね。

(Nikon1 J3)

2017年3月19日 (日)

大分川 2017/03/19

ジョギングしていたら、ツリスガラの声が聞こえたので、買い物帰りに寄ってみました。でも、またしても撮ることができませんでした。

代わりに、コチドリがいるのを見つけました。逆光で写りは悪いですが・・・

Photo  ホオジロと思いましたが、撮ってみたらオオジュリンみたい。

Photo_2  こちらは、本当のホオジロね。アシの種が好き。茎の虫の方を探すのに熱心なオオジュリンとは行動が違うようです。

Photo_3 (Nikon1 J3)ん

2017年3月18日 (土)

大分川 2017/03/18

なかなかツリスガラが撮れません。

今日も、見かけた後、すぐ逃げられてしまいました。

撮れたのは・・・

ウグイス。この季節になると、さえずりのため、時々表に出てきます。

Photo 

カンムリカイツブリ。冠羽が立っていますね。

Photo_2 

ミサゴお食事中。大物だ。

Photo_3

(Nikon 1 J3)