車・バイク Feed

2016年8月 7日 (日)

群馬草津  2016/8/7-10

群馬にいくついでに草津に行ってきました。

とりあえず、試しに北陸新幹線で軽井沢におりてみましたが、有数の避暑地は大混雑。渋滞に嫌気がさして群馬県側まで逃げました。

だいぶさびれた浅間火山博物館。でも遊歩道はそれなりに楽しめました。

30分ほど、けっこう厳しい登りでしたが、展望台からは浅間が。

でも、カルデラのせいか、2500m超の山が結構ずんぐりして見えますね。

Photo

こちらは鬼押し出し溶岩流跡。

Photo_2 鳥もそれなりに。

これはイワヒバリ。遊歩道の真ん中でひなたぼっこしていました。

Photo_3  遠いですが、オオタカではないかと・・・

Photo_4  

 なにか鳥が!・・・ハトでした。

 こんな標高の高いところにもカワラバトがいるんですね。

Photo_5

2日目。草津の朝です。

湯畑に行く途中に、ツバメの巣がぽつぽつあります。まだひなが在中のところも。

Photo_3早朝には3羽だった雛が、1時間後には2羽になっていました。1羽巣立ったかな。夕方に行ったときもまだ2羽在中でした。

2 湯畑。子供のときより小さく見えるのは、気のせいでしょうか?

 Photo_4

 西の河原。昔は、例によっていたずらで石がたくさんつんでありましたが、今はほとんどありませんでした。きちんと整備されていますね。

Photo_5 イワツバメ。湯畑の上をたくさん飛んでいました。

Photo

 シジュウカラの若鳥。網のところで遊んでいるみたいです。

Photo_2 朝食後、渋温泉まで行ってみました。きつい山道を登りおりして、結構かかりました。

 途中、渋峠の日本国道最高点にて。2100m超えるところにあり、1200m超える草津の街も眼下に。

Photo_6

 白根火山は噴火のため立ち入り禁止(停車も禁止)ですが、裏から見ることはできます。

Photo_8 途中で、逆さ池と大沼に行こうとしましたが、距離がありすぎて、2kmくらいで挫折しました。帰り、道標により近道と思い通った道が足場の悪い急な下り坂で、つれあいからは、計画性がないと大ヒンシュク。

 途中で見かけた鳥。キビタキと思いますが、たくさん鳴いていました。

Photo_10

 なんとか、渋温泉到着。鉄筋で立派な作りですが、中は昔風の板張り浴槽。大変にあついふろでした。

Photo_9

  帰りによった殺生河原。白根火山ロープウェイは営業中でした。噴火は大丈夫なんでしょうか?

Photo_11

3日目。草津を出て長野原草津口駅へ。

途中、川原湯温泉によりましたが、八ッ場ダム造成の影響で全く様変わりしており、駅の位置も周辺の道もまったく様変わりしていました。しかも造成中なので行き止まりが多く、あきらめて道の駅八ッ場に行きました。道の駅で確認すると、風呂は10時からなので、どっちにしろダメだったみたいですね。

長野原草津口駅。駅自体もだいぶリニューアルしましたが、左側の側線は旧線のままのようです。旧線は途中まで留置線として活用しているようです。右は、ダムのために作った新線で、ほとんどトンネルのため、吾妻峡の風景が見られません。スピードははるかに速くなりましたが。

Photo

4日目、群馬編。

実家の近所の鳥。

カワセミ。数羽いました。

Photo_3  ツバメの水のみ。幼鳥らしくしっぽが短いです。

Photo_4  ゴイサギの飛翔。何か飛んでいるので慌てて撮ったら、ゴイサギでした。

Photo_2 カルガモ親子。子は全部で6羽。こちらを気にして時々隠れながら去っていきました。

Photo_5

今回、軽井沢から長野原草津口までレンタカーを借りました。ローズピンクのヴィッツ。この色しかないので・・・と店員から謝られました。たぶん1Lのミニマム仕様と思いますが、15km/Lくらいで燃費はイマイチ。あまりエアコンも使いませんでしたが、2000mを超す峠越えが効いたのですかね?いつものことですが、CVT車は急な坂にはあまり向いていないらしく、死にそうな感じで上っていきました。1L排気量では仕方ないとも思いますが(後で思い出しましたが、フルタイム4WDモデルでしたね。そのため燃費が悪かったのかも)。

(Nikon1 J3)

2016年5月 5日 (木)

曽根干潟  2016/5/5

 

さて、毎年恒例となりつつあります、曽根干潟です。

今年は、高速が全通し、また便利になりました。door to doorで90分。

半日で往復できます。GWにもかかわらず結構順調に交通が流れたせいもありますが。

あいかわらず、いろいろたくさんいますね。

Photo_9 チュウシャクシギ。思ったほど多くないかな。まだ大分県北部に滞在しているのが多いようです。

Photo_3

 チュウシャクシギの飛翔。よく飛び回ります。

 Photo_10

 オオソリハシシギ、キアシシギと、オバシギ?

Photo_4  ダイゼンとキアシシギ。

Photo_5  こちらはトウネンとキアシシギですね。トウネンはいつもせかせかしています。

Photo_6  ハマシギとムナグロ?

Photo_7  こいつは、ホオアカですね。昨年もいたと思います。

Photo_8 おまけ、イタチ。あまり警戒していないのは、だれか餌やっているのでしょうか?

Photo

2時間もすると、潮が引いてしまい、観察終了。

順調に流れたせいで、往復200キロ超走って燃費も良好。

20160505

(Nikon1 J3 70-300mm または ジオマED67Sデジスコで撮影)

2016年1月17日 (日)

守江湾  2016/01/17

 久しぶりに、守江湾へ。しかし、生憎雨が降りだしてしまいました。

幸い、新しくできたブラインドがあったので、その中で撮影。

ツクシガモはたくさんいるんですが・・・アカツクシガモはいないようです。

Tukusi3 沖の海苔の養殖台は、ミサゴの監視台になっているようです。

Misago

ウはたくさんいましたね。

U  雨でうまく撮れなくて残念。

(Nikon1 J3+Vixen ED67S)

今、ゴルフは車検中で、代車として、ゴルフ7 CL(1.2L)を借りています。エンジンが小さいので、上り坂だと少し非力に感じますね。燃費は、けっこう渋滞してたところを考えると、今のより少し良いかな。アダプティブクルーズコントロールはついているので、これは良いですね。前の車との距離を自動調整してくれます。

20160117_7cl

2015年11月 1日 (日)

宇佐乙女新田・岩保 2015/11/1

乙女新田は、一部整地されていましたが、いまのところ大部分残されています。

 ここではバンは良く見るのですが、オオバンは珍しい方かな。

Photo  いつものコガモ。日向ぼっこ中。

Photo_2

 沖には、たくさんのカルガモとマガモがいましたが、一群れだけ、オカヨシガモがいました。

Photo_3  ハマシギとダイゼン。写真にはありませんが、トウネンもいました。冬鳥がそろってきました。

Photo_4  アオアシシギもここの常連です。1羽一部白抜けのものがいます。

4  ジョウビタキも増えてきました。

2_2 岩保も覗いてみましたが、とにかくカモが多かった。

オナガガモももう来ています。

Photo_5  これはハシビロガモですね。換羽中なので、わかりにくいですね。

Photo_6  まだヒドリガモは見ないですが・・・遅いなあ。

 

今回、パンクのためタイヤを交換しました。

ディーラーで換えたら、コンチネンタルのSport contact から、ミシュランのEnegySaver+に変わっていました。ネットの書き込みによると燃費は良いらしいですが、宇佐往復でみるとあまり変わっていませんね。

20151101

(Nikon1 J3 + ED67S)

2015年9月20日 (日)

宇佐乙女新田 2015/9/20

 今秋初めての乙女新田。

 まず、目についたのは、キアシシギ。こちらに気づいて足早に去っていきました。

Photo ソリハシシギ。2羽いました。あまり激しく歩いていないので、撮りやすいですね。旅疲れかな。

Photo_2 シロチドリも群れでいました。換羽中なのか、模様が変。

3

 ハシビロガモ。コガモに混じっていました。

Photo_3 アオアシシギの声も聞こえるのですが、葦にかくれて見ることはできませんでした。水鳥はここまで。

 ヒバリ。けっこうゆっくり歩いていたので、撮ることができました。

Photo_4

 岬の木には、モズがいて、こちらに向かってけたたましい警戒音を出していました。

Photo_5 エナガの群れが通り過ぎた後に、数羽のスズメより小さい鳥がいます。

Photo_6 多分、コサメビタキのようです。ここには木は数本しかないのに。渡りの途中に寄ったのでしょうか?

6 すばしこく動きますが、止まったときを狙って、一眼レフでシャッタ-を切りました。

9

 ここでこの鳥を見れるとは思いませんでした。

(Nikon1 J3 近距離70-300mm、遠距離はGeoma ED67Sでデジスコ)

おまけ、ゴルフの燃費片道新記録。行きだけですが、涼しくてエアコンを使わなかった上、連休の渋滞で速度が上がらなかったので、この最高燃費。帰りは少し暑くなったので、やや落ちました。

20150920

2015年4月11日 (土)

顕徳町、車  2015/4/11

 滝尾橋の下は、補強工事中で、足場が組まれています。

ここは、毎年、イワツバメが集団営巣していました。ジョギングやウォーキングの人が頻繁に通過するので、カラスに狙われにくいのでしょうね。

今年は、足場が邪魔しているので、ここでは営巣しないと思っていましたが、なんと!足場の上に巣をつくりはじめました!

2

さかんに巣材の泥をあつめています。

4

足場をはずすのは、雛が巣立ってからにしてほしいですね 。

春なので、縄張り争いも激しいですね。トビを追っ払うカラス。

Photo

餌を取り、運んでいくミサゴ。ヒナにやるのかな?

Photo_3

河川敷のグランドを歩いていたら、いきなりタシギが飛び立ちました。8羽くらいいたようです。つい30分前くらいは、ここで野球の試合をしていたのですが。いつ来たのでしょう?

2_2

グランドにはコチドリのつがいもいました。砂地に巣を作ろうとしていたのでしょうか?

4_2

 ヒバリも、草の中で営巣地をさがしているようです。

Photo_4

 

 ところで、今日は、「VWで手ぬぐいがもらえる日」だったので、のこのこともらいに行きました。ついでにゴルフ7の試乗もしましたが、試乗後に今の車の査定をしてもらい(売るつもりはありませんでしたがキャンペーン中だったので)、くじを引くと、なんと!宮崎産マンゴーがもらえました。1等だそうです。

20150411vw

 その、ゴルフ7(Highline)ですが、下記のような印象でした。

①乗り心地:今乗っているゴルフ6(Confortline)と比べてだいぶ乗り心地が良かったです。DCCがついているかどうかは聞き忘れました(後日確認、DCCはないそうです)が、17インチの1サイズ大きいタイヤを履いているにもかかわらず、衝撃は少なかったです。

②内装は、相当に良くなっていると思います。ゴルフ6も悪くありませんでしたが、センターコンソール付近に多少安っぽい部分がありました。これが、解消されています。

③広さは、後席がだいぶ広く感じるようになりました。5センチのホイールベース延長の効果でしょう。足元に張り出したガソリンタンクのでっぱりも、ガソリンタンクの5L削減の効果か、心持ち小さくなったようです。

④静粛性は、さらに向上したようです。アイドリングストップがかかってもそれと気が付かないくらい。

⑤このモデルは、COD(シリンダー休止)が付いていますが、それによる違和感はありませんでした。しかし、実燃費にはあまり効果がないみたい。燃費計は10km/Lとあまり良くない値を示していました(リセットしていなかったので、前の人がどのような乗り方をしているか分かりませんけれども)。私のコンフォートラインは、カタログ上では、試乗車より悪いですが、町乗りでも渋滞にかからなければ、12km/L以上はいきます。もともとゴルフ6も、下り坂や減速時はこまめに燃料カットしていたので、東京のようなもっと悪条件で走るのでもない限り、アイドリングストップやCODの効果は小さいのかも。

⑥パワーも、18馬力アップの効果はあまり感じられませんでした。アクセルを大きく踏み込むと、パワーを感じられますが。燃費のためと思いますが、ギア比を上げて、前モデルの7速が試乗車の6速位になっているのが一因かも。しかし、このギア比は、高速での燃費向上には役立つかもしれませんね。

⑦デザインは直線的になっており、ゴルフ4や古いプジョーのようになりました。私はゴルフ6の方が好きですね。また、横幅がさらに広がったのもいただけません。うちは立体駐車場ですし、趣味の関係上細い山道も入らなくてはならないので。

(鳥はNikon1 J3 70-300mmで撮影)

2014年12月 7日 (日)

湯平温泉  2014/12/6-7

 湯平温泉に行ってきました。

 前から予約していたのですが、この日はあいにく寒波が襲来。夕刻0℃近くのところを慌てて駆け込みました。雪も降っていて、出かける気力もなく部屋にこもりました。

Photo 

 次の日の朝は、雪はやんでいたので、寒い中を散歩。

3

 石畳み通り。お土産に金つば羊羹を買いました。

Photo_2

 泊まった右丸旅館は比較的よかったかな。部屋数が少ない(14室)ので、露店を含む4つの風呂をそれぞれ個室として使えるのは魅力。2重窓ながら木造なので、廊下やトイレが寒かったのは仕方ないかな。我々が泊まったのは昔の部屋なので、古めかしいところはそれなりに良かったですが、新しい部屋もあるようです。

 帰りの燃費ですが、下り坂で比較的順調に流れたので、横瀬まで26.9km/L。一般道では最高記録かな。

For

2013年12月29日 (日)

石垣島  2013/12/28-31

 深夜に入って早朝に出たので、実質2日間の鳥見です。いつものことですが、天候にはあまり恵まれませんでした。

<29日>

 ホテル(イーストチャイナシー)の窓から見た石垣港です。11階で海の眺めは良く、西表島まで見渡せました。

Photo

<アンパル湿地>

 真っ先に行きましたが、前回いとも簡単に見つけたムラサキサギとカンムリワシが見当たらない。

 セイタカシギとアオアシシギはたくさんいましたが、遠方で今一つはっきりしませんでした。

Photo_2

  こちらはツルシギと思います。キアシシギよりやや大きく、足がはっきり赤いので断定しました。

Photo_4

 キアシシギです。ピーピーよく鳴いていました。

Photo_6

 ハマシギです。イソシギもいました。

Photo_9

 今回、何羽も見かけたクロサギ。珍しいほうなんですがね。

Photo_7

 シロチドリもたくさんいました。近くまで寄ってきます。

Photo_8

 なぜか多かったシロハラ。どちらかというと林の鳥と思うのですが・・・

Photo_10

 リュウキュウメジロも多かったですね。撮影に不便がないくらい。

Photo_19

<バンナ公園>

 イシガキヒヨドリ。やや色が濃いです。

2

 

 リュウキュウメジロのしり。こちらにもたくさんいました。

Photo_14

 今回は、ガンカモ類はあまり収穫なし。前回のヒシクイのようなレアはなく、カルガモ、コガモが大部分。

 キンクロハジロ。一つがいだけ。

Photo_15

 たくさんいたハシビロガモ。

 Photo_16

帰る途中で見かけたチョウゲンボウ。

Photo_17

<石垣港>

 こちらもチョウゲンボウ。カンムリワシは見つけられないのですが・・・

Photo_13

<30日>

 今日は、強力な案内人がついてくれました。石垣市在住のTさんです。忙しいところほぼ一日お付き合いいただき、どうもありがとうございます。

まずは新川(あらかわ)。

海にはユリカモメが。石垣でははじめてみました。

Photo_3  

 こちらはセッカ。草の中をうろうろしていました。

Photo_4

 シロハラクイナ。この後も頻繁に遭遇。

Photo_5  

 Tさんは発見が早いですね。運転しながらよく見渡せるものです。感心しました。

 次は、アンパルへ。

 昨日見たツルシギに加え、カンムリワシを見ることできました。

Photo_6

デジスコでなく、不明瞭ですが、遠くにはダイシャクシギも。

Photo_7

 チョウゲンボウもみました。

Photo_8

 さらに、バンナ岳に行きました。

いきなり、至近距離にカンムリワシが。

Photo_9  

 そこから林道を走ると、マミジロツメナガセキレイ が。キセキレイではありません。Photo_10

 イシガキオオコウモリも。

Photo_11  その他、リュウキュウキジバトやシロハラクイナも。Tさんは収穫が思ったよりないといっていましたが、我々は大満足でした。

昼食をたべ、今度は山を下っていくと、またカンムリワシ。

Photo_12 この後、あぜ道で、ムラサキサギとコウライキジも見ることができましたが、撮影は失敗。

 その後、川平にも行ってくれました。

 あいにく雨が降り出しましたが、車の中でもそれなりの収穫。

 シマアカモズ。

Photo_13  

 こんなところでトラツグミに出会えるとは!

Photo_14  ようやく撮れたコウライキジ。首輪がチャームポイントです。

Photo_15

 それから、石垣やいま村へ。保護されたカンムリワシが2羽いました。その中で、Tさんが、リュウキュウツチトリモチという寄生植物を見つけてくれました。

 

Photo

 これは、偶然見つけたサボテンの花。小さい花ですね。

Photo_2

 最後に、Tさんが保護しているアカショウビンです。羽が折れているみたい。リュウキュウアカショウビンなので黒っぽい。

Photo_16

 Tさん、お忙しいところ1日付き合っていただき、どうもありがとうございました。

 

<車について>

 今回のレンタカーはマーチです。CVTで確認はしていませんが1000CCではないかと。170kmほど走って、22km/L前後といったところです。信号の少ない石垣島では、当たり障りがない性能ですね。

(Nikon1 J3 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影、但し小鳥やチョウゲンボウはJ3のみ)

続きを読む »

2013年8月10日 (土)

ハワイ ヒロ  2013/8/8-12

新婚旅行以来のヒロです(この時は昼食に寄っただけですが)。旧市街は昔のままでしたが、郊外にいくとハイウェイが発達して完全に車社会になっていますね。おかげで移動はべんりでしたが。

<8/8>

 会社を急いで退社しようとしたら、広範囲に緊急地震速報が・・・これは出発できなくなったと思っていると、誤報だったようです。

 夜半すぎに日本を出て、昼頃ホノルルへ。空港にはカノコバト、チョウショウバトがたくさんいました。

Photo

 しばし待った後、ヒロへ。ホテル(シーサイドホテル)は、中国風庭園つきの古いホテルですが、よくリフォームされていました。もう夕方なので就寝。

Hotel_pond

<8/9>

 朝、ココナッツアイランドまで鳥見。 歩いて15分くらい。

Coconuts_island

 どこにでもいるイエスズメ。

House_spallow

 キバシコウカンチョウ。コウカンチョウ(カーディナル)に特徴的な頭のねぐせがないですね。

Yellow_billed_cardinal

 キンノジコ。きれいな黄色。カナリアみたい。

Safflon_finch1

 キョウジョシギの一種ですね。たくさんいました。日本のとは少し違うよう。

Turnstone

  ムナグロ。日本のとそっくりですが・・・渡らないのか?

Pacific_golden_prover1

 キアシシギ。たくさんいました。

Photo_3

 これはホテル近辺で泳いでいるカモ。子育て中と思われ、家族で行動しています。オカヨシガモに似た地味なカモ。(多分mottled duck?)

Photo_4

 今日は、溶岩樹公園へ。けっこう遊歩道が整備されていましたが、遊歩道をはず

れると風穴が多く、危険です。熱帯らしく、20~30mに達する高木が多かったですね。

Lava_tree_park_3

 動物園に行きましたが、残念ながら予報どおりかなり強く雨が降ってきました。木の上で餌のおこぼれをねらうチョウショウバト。これだけ撮って退散しました。

Zoozebradove

<8/10>

 昨日は「ポピポピ」大声で鳴くカエルのために眠れませんでした。おとといはいなかったのに。

 ホテルの庭にいたゴイサギ。毎日じっと餌をねらっています。収穫はあるのでしょうか?カエルを食べてくれればよいのに。

Hotel_night_helon 

 ホテルの朝飯をすっ飛ばして、早朝からキラウェアへ。家内の代わりにハンドルを握ってみました。初めてのアメリカ運転ですが、左右逆の交通ルールは疲れますね。しかも、隣があーだこうだとけっこううるさいし。面倒なので家内に運転させることにしました。こちらは毎年運転しているので、地理にもくわしいですね。

 しかし、今日は生憎の雨模様です。車を停めていろいろ散策しようとすると激しく降ってきます。残念なドライブになってしまいました。

 マウナロア山腹のバードパークにて。鳥はたくさんおり、雨が降るまでの短い間ですが、それなりに撮れました。

 これは多分メキシコマシコ。遠いですが。

Birdpark  

 キマユカナリア。よく動き回ります。

 Birdpirk

 ショウジョウコウカンチョウ。換羽期なのか、暗い空のせいか、思ったより赤色が目立ちませんでした。

Birdpirk_2

 キラウェアに入ると、噴火口からたくさんの噴煙が立ち上っています。火山活動が活発になっているらしく、噴火口の近くは硫黄系のガス濃度が高いため、立ち入り禁止になっていました。

Kilauea

 こんなところにもイエスズメが。観光客の残飯狙いでしょう。

Kilauea_house_spallow

 キラウェアの火口内には、白い鳥が数羽うろうろしていました。シラオネッタイチョウと思われます。トビのように飛んでばかりなので、デジスコでの撮影は無理。

 雨が降ってきたので、キラウェア・イキの火口へ。少し小さい噴火口です。中を人が歩いているのが見えます。このあたりにも鳥は多いですが、なかなか写真は撮れず、すぐに雨が降り始めました。

Kilauea_iki

 その後は土砂降りとなり、ヒロに戻りホテルで休憩。

 夕刻、所用もあったので、街中のワイロア公園に行きました。ムナグロらしきものやアヒルがたくさんいましたが、またもや雨が降り出しました。

 場所を変えてレインボー滝へ。しかし、雨のせいか、泥水が激しく流れる滝になっていました。レインボーのイメージでないですね。

Rainbowfalls

 その後、家内の友人たちと食事。ミヨズという和食店で、にぎやかにおしゃべりしながら食べました。けっこうちゃんとした和食で、待ちも出るほど満員でした。

<8/11>

 今日は、ヒロは晴れていました。そこでキラウェアに再挑戦。途中は雨降りでしたが、山頂についたら晴れていました。40kmくらい先のマウナケア天文台が見えるほど、視界が良い日でした。

Mauna_kea_astroscope

 昨日と同じバードパークに着きましたが、たくさんの鳥の声はするものの、撮影に適した場所が見つからず、2時間近くも粘った上に結局あきらめました。場所を変更してキラウェアの方へ。

 キラウェア山腹を飛ぶシラオネッタイチョウ。飛びながらの撮影ですがなんとか成功。距離は数百mあり遠いですが。

Koaekeakilauea

 多分シマキンパラ。ありふれた鳥のようです。アスファルトの上をあるいていました。

Photo 

 これは、プウ・プアイ火山。スコリア(要するにがれき)の山です。登山禁止なので下から撮影。

Puu_pual

 この傍に、鳥がたくさんたかっているレフアの花があったので、ここでしばらく撮影。

 メジロかと思ったら、目の周りがしろくない。嘴も長い。アマキヒ(ミツスイの一種)ですね。たくさん撮れてました。

Amakihi4

 こちらは、よく見ると赤い色がついています。アパパネ(こちらもミツスイ)ですね。レフアの花と保護色です。

Apapane2

 夕方、ワイロア川に行ってみると、アヒルやガチョウがたくさんいました。

Photo_2

 中に、変なのが混じっています。ネネですね。絶滅危惧種がなぜこんなところに?

Nene

 さらにその先には、カナダガンの群れが。あきらかに餌をもらっている感じ。飼われているんでしょうか?

Photo_3

<8/12>

 今日は最終日で帰らねばなりません。多少雨がちな天気ですが、とりあえずリリオウカラニ庭園・ココナッツアイランドまで散歩。

 何度も津波の被害を受けていますが、結構きれいな日本庭園です。場所柄仕方ないですが、随所に溶岩があるので、多少違和感あります。

812hilo_lilioukarani

シギチが群れでいます。こちらを警戒していますが、日本よりは距離が近くても平気です。前回同様、確認されたのは3種です。

 Photo

 キアシシギの後姿。哀愁漂う。

Photo_2

 キョウジョシギ。足短いです。

Photo_3

 お座りするムナグロ。リラックスしています。

Photo_4

 旅の最後に、アカカフォールズへ。

 夏休み時期のせいか、月曜にもかかわらず狭い駐車場は満杯。訪れたことのある家内を路上駐車の車番で残して、20分足らずのトレッキングに行ってきました。

 ルートは数100m程度、起伏に富んでいますが、コンクリート製でよく整備され、サンダルでも大丈夫です。熱帯雨林の中の雰囲気が味わえるのでなかなか良いですね。

 アカカ滝。華厳の滝と同じくらいの規模です。

Akakafalls

 隣にあるカフナ滝。高さは同様ですが、水量は少ないですね。

Kafunafalls

 トレイルで会った鳥。多分, warbling silverbillと思います。

812akaka_bird

 この後、ビッグアイランドキャンディーズに行っておみやげを買いました。ここで勤務している家内の友人は、昼食中でしたので、簡単な挨拶だけして別れました。

 そして、ヒロ天文台に行きましたが、月曜で休日でした。仕方なく、町に引き返して、ミヨズで昼食を食べて、帰りました。

 今回は、8日の深夜に発ち、13日の深夜に戻る羽田便を使いました。大分から発着することを考えると、比較的便利かな。行きの、仕事が引けた後の深夜チェックインはつらいですが。

 

※追加:忘れていました。車のことです。

 今回、初めて海外でのレンタカーに乗りました。(私としては、家内は既に何回か経験あり)

 フォードのフォーカス、2.0Lの6速ATです。サイズは、4370mm×1810mm×1480mmhと、愛車のゴルフより、高さを除いては少しずつ大きいです。しかし、けっこう小回りが利いて乗りやすい車でした。難点は、前後長が結構狭く感じることかな。ゴルフより10cm以上も長いのに、傾斜した前後ガラスのせいか、狭く感じました。横幅は十分な広さです。燃費もまあまあ。正確に測っていませんが(操作が分からなかった)。約300マイル走って、35L位のガソリン消費だから、14-15km/Lといったところか。エアコンを多用し、ハイウェイ中心ながら坂道が多かったことを考えると、良好ですね。

  なお、ハワイ島では、このフォードフォーカスは最新型がよく売れていて、駐車場で間違えるくらいありました。対するゴルフは、旧型こそ見かけるものの、5~7代目の新型はほとんど見ませんでした。ネットで調べると、新車の最低価格が、フォーカスで1万6千ドルくらい、ゴルフで1万8千ドルくらいと、2千ドルも違います。これではフォーカスの方に人気が集中して当たり前ですね。ちなみに、日本車も多かったですが、ほとんど旧型の使い古した車です。スバルフォレスターも人気がありましたが、2代目が多いですね。より大型化した3~4代目は、価格のせいか、取り回しが悪くなったせいか、あまり見かけませんでした。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影、但し風景はCoolpixのみ)

2012年12月30日 (日)

佐賀大授がらみ  H24/12/30

 佐賀では、大授がらみに行く予定でしたが、朝から雨。満潮前の10時前に着きましたが、鳥はいるのを確認しましたが、雨が止まず撮影不可能。雨を止むのを待つ間、30kmほど離れた、有明干拓に行ってみたものの、猟銃をもったおじさんがうろうろしていたせいか、全くめぼしい鳥はいませんでした。

 仕方なく、また引き返し、満潮過ぎの11時半ごろ大授がらみに着くと、ようやく雨が止んでおり、とりあえず撮影を開始しました。しかし、風がつめたく強い。風をやりすごしながらの撮影で大変でした。

 でも、あいかわらず鳥が多いですね。どこを撮ったらよいか迷います。

 ツクシガモ。ひじょうにたくさんいました。ありがたみが薄れるくらい。

Photo_19

 同じくツクシガモと、オナガガモ、セグロカモメ。

 

Photo_18

 

 ダイゼン、ハマシギ、マガモ、コガモ。

Photo_17

 オオセグロカモメとカモ類。
 

Photo_12

 ズグロカモメ。たくさんいました。

Photo_14

 ダイシャクシギ。これもたくさんいました。
 

Photo_15

 

 ダイシャクシギ、ダイゼン、ミユビシギ。

Photo_16

 ハマシギ。

Photo_20

 

 クロツラヘラサギ。1か所だけにまとまっていました。

Photo_13

 このクロツラヘラサギを撮るために、500m以上遠方まで遊歩道を歩いて行ったら、とつぜんみぞれが。あわてて車にもどりましたが、びしょ濡れになりました。潮もかなり引いてしまっていたので、時間切れ終了。

 都合1時間足らずしか撮影できなかったうえ、自分のミスで、2回も電池が切れて車に戻ったりして、効率が悪い撮影でしたが、けっこうな枚数が撮れました。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

 この日は、レンタカーはワゴンRを借りました。やや古い型のようでしたが、燃費は20km/Lほど行きました。70kmほど走った結果です。思ったより良い燃費でした。