車・バイク Feed

2012年12月29日 (土)

鹿児島出水-佐賀駅前  H24/12/29

2日目は、まず、東干拓に。

高尾野川には、ヒドリガモやコガモがたくさん浮いていました。

Photo_6

 

 陸側には、イソヒヨドリやイソシギ等が。

Photo_7

 遠方の汚水処理場の柵には、スズメが鈴なりに。

ツルのえさが目当てのようです。

Photo_10

 

 観察小屋の近辺は、朝餌をまいたらしく、たくさんのナベヅルやマナヅルが。

 ここは通勤時の山手線の駅のようです。

Photo

 ツルの足元に小鳥がうろうろしています。タヒバリのようです。ハクセキレイも多いですね。

Photo_2


 遠くの水をはった田んぼの中には、ツクシガモが休んでいます。それを撮りに行ったら、なんかのはずみでカモが飛び立ってしまいました。残念。

 タゲリもたくさんいましたが、同様に飛び立ち、1羽だけ残りましたが、尻の写真しかとれませんでした。

Photo_3


 いっしょにいたクロツラヘラサギも飛びましたが、戻ってきました。こちらは写真撮影成功。

Photo_4

 その隣にもう1羽いましたが、頭を上げないので判別できません。隣にいた人の言葉を信用すると、ヘラサギ若鳥のようです。

 Photo_5

 もう満足したので、街に戻り、気になっていた、箱崎八幡宮「世界最大の鈴」へ。

初詣の準備で忙しそうでした。鈴は、大小そこらじゅうにありました。

Photo_6

 

 次に行ったのは、クレインパークいずみです。奇妙な建物に、あまり期待はしていなかったのですが、受付の人は、いろいろパンフレットをくれたり、親切でした。

 

 Photo_7

 

 そして、時間が空いたので、山奥の白木川内温泉 旭屋旅館にいきました。やっているかやっていないかわからないような感じで最初は不安でしたが、岩盤から湧いている透明な湯が良い感じでした。

 Photo_8

 昼食には、地元の「親子ステーキごはん」を食べました。おいしかったですが、昼食にはちょっとボリュームありすぎかな。私はたくさんたべるので平気でしたが。

 

 最後に、残り時間をつかって、米ノ津川へ。

 カルガモや、コガモ、マガモしかいないとおもっていたら、

 Photo_9

 カンムリカイツブリが3羽いました。

 Photo_10

 それから新幹線で佐賀駅前へ。

 

 昨年冬同様、日が暮れると、すごくたくさんのハクセキレイが駅前に集まって、集団塒を形成していました。9月に来たときはいなかったので、冬だけの行動のようです。写真はコンデジ三脚なしで撮ったので、不明瞭ですみません。

 

 Photo_11

 

 

(温泉や建物を除き、Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

  おまけ。出水で借りたレンタカーはVitzの1Lモデルでした。80kmくらいしか走りませんでしたが、燃費は19km/Lくらいだったと思います。天気も良くあまりヒーターは使わなかったのですが、北海道で乗ったNOTE(こちらは夏でA/Cをきかせることも多かった)より悪い結果となりました。エンジンも車体も小さいのに、意外ですね。NOTEがそれだけ優れているんでしょうか。

2012年11月24日 (土)

新潟  H24/11/23-25

新潟に、ハクチョウを見にいきました。

まずは、瓢湖。残念ながら、小雨気味でした。昼間はハクチョウは田んぼに出勤中らしく、そこそこいたものの、カモの多さのほうが目立ちます。

1123

 ずらりと並んだオナガガモ。

2

 えさやりをすると、キンクロハジロやオナガガモにハクチョウがまけています。

Photo_2

 ホシハジロもいます。あとは、ヒドリ、マガモ、カルガモ、カワウ。ハクチョウの影うすい。

Photo_7

 かわいそうなので、ハクチョウのアップを。大きさからして、コハクチョウでは?

Photo_4

 餌おこぼれ目当てのスズメもたくさんいます。

Photo_8

 しかし、雨が激しくなってきたので、福島潟へ移動。

 移動中の田畑には、ハクチョウがたくさんいました。ヒドリガモなみ。

 雨は止まず、激しくなるばかり。福島潟には、サザエ形の「水の駅ビュー福島潟」がありましたので、その中を見学。「薮内正幸展」をやっていました。撮影もここからしたので、すべてガラス越しの不明瞭な画像です。

1123_4

 潟には、マガモやカルガモが多く、面倒なので写真省略。

 田んぼには、食事中のヒシクイがたくさん。

Photo_14

 ハクチョウも食事中。多分家族でしょう。

Photo_18

 これは、不明瞭な写真ですが、ノビタキあたりかと思います。先日神楽女湖で見た、エゾヒタキと同じような虫捕り採餌行動をしていました。

Photo_23

 だいぶ雨に降られて冷えたので、近場の温泉へ。五頭温泉郷というところがあり、谷あいに何箇所かの温泉集落があります。中にはけっこう大きなホテルも。そのうち、村杉温泉の共同浴場薬師の湯へ。小さいですが、人気があるらしく満員でした。九州ではめずらしいラジウム泉で、清潔で良い感じでした。谷あいの狭い場所で仕方ないのですが、駐車場が狭いのが難。

 次の日の朝、ホテル窓より見た信濃川。河口部分では結構狭いですね。昔は3倍の幅があったそうですが。

1ana

 まず、雨がときどき降る中を、鳥屋野潟へ。しかし、潟には、カモがすごくたくさんいたものの、広すぎて写真がとりづらい。

21124

 ほとんどがマガモのようです。

3

雨をよけながら、周辺の公園でシジュウカラなどを撮りました。まあまあの出来。

4

 近くの図書館には、トラフズクが。人通りの多いところなので、皆知っているようです。3匹いました。

5

 顔を洗ったりして、「トラ」ではなく、「ネコ」のようでした。デジスコいらずでカメラのみの至近距離。

6

 次に、佐潟に行きました。環境省の立派な観察棟があり、観察者も多いようです。しかも、結構収穫がありました。

71124

 マガモがすごく沢山います。あまり人をおそれません。

8

 コガモも同じ。

9

 と思っていたところ、一羽だけトモエガモを確認。久しぶりです。けっこうきれいに撮れました。但し、残念ながら、しばらくして見失ってしまいました。

10

 そのうち、カイツブリがいるのに気づきました。カンムリカイツブリです。

11

 カイツブリとちょっと違うのがいるなと思っていると、ミコアイサです!大分では珍鳥です。

12

 オスは2匹、メスはすごくたくさんいるようです。10匹以上はいるのではないかと。

13

 これもミコアイサ?遠くを群れをなして泳いでいました。

14

 この後、また福島潟へ。今度は雨に降られませんでしたが、あまり収穫はなし。かなり奥まで行って見ました。

 カワウの木。

15

 コガモ、マガモが非常にたくさんいました。

16

 夕刻なので、多数のヒシクイが沼に戻ってきましたが、非常に奥に着水したので、見る事はできませんでした。

 ハクチョウは、相変わらず田んぼで餌あさりをしていました。

17

 だいぶ寒くなったので、帰ることにしました。途中、「新潟せんべい王国」に行きましたが、体験コーナーの手書き手焼きせんべいは、でかいやつしかなく、飛行機に持ち込んだとき割れそうなのでパスし、普通のせんべいを買ってかえりました。

 最終日は、朝飛行機で発ちますので、鳥見はできません。よく晴れていましたが、すぐに曇って雨が降り出しました。冬の新潟はずっとこんな天気なのでしょうね。

 今回一番の収穫は、佐潟でしょう。観察施設も整備されており、快適な建屋の中からじっくり観察できます。瓢湖は、思った以上に観光化が進みすぎていて、鳥見場所としては面白みに欠けるかな。みやげ物屋やハクチョウ見学者向けの宿もあり、町おこしの観光地としては成功しているようです。福島潟は、広すぎて、バードウォッチング場所としては良し悪しといったところでしょうか。鳥屋野潟は、被写体が遠くて撮影には向いていないですね。トラフズク1点豪華主義でポイントは高かったですが。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影、但し接写や風景はカメラのみ)

 今回借りたレンタカーは、トヨタのアクアです。予約時エコカー指定してなかったのですが、車両に空きがないとのことで、これになりました。THS搭載車は初めて運転しましたが、思ったより違和感なしです。しかし、ブレーキにはかなり慣れが必要です。エコモードで走ったせいか、電気ブレーキと油圧ブレーキの境目がはっきりしている感じで、早く止まらなきゃと思ってブレーキを少し多く踏むと、急に油圧ブレーキが効く感じでギクシャクします。あと、燃費は24km/Lくらい。宮崎で借りたインサイトとあまり変わらず、カタログよりたいしたことないですね。もっとも、THSは冬時の暖房時の燃費が特に悪くなると聞いているので、最悪時のテストといったところでしょうか。加速もまあまあです。

2012年11月10日 (土)

宇佐駅館川&乙女新田  H24/11/10

カラムクドリを探しに入ったのですが、見つかりませんでした。

しかたないので、駅館川のカモを撮っていると。

Photo_2

 頭の上でカササギの鳴き声がします。

Photo_3

 こんなところでカササギに会えるとは思っていませんでした。

 カモは、マガモ、ヒドリガモ、オナガガモといったところ。数百羽はいます。

<乙女新田>

 湿地側にはなにもおらず。

 海側には、満潮が迫る中、アオアシシギが休んでいました。めんどうくさいのか、一本足のまま跳ねて、満ちる潮をよけています。

Photo

 ダイゼンもたくさんいました。

Photo_4

 こちらは、シロチドリの群れ、そのうち、満潮で場所を追われたハマシギも避難してきて、場所とりで大騒ぎになりました。

Photo_5

アカアシチョウゲンボウもいなくて残念。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

おまけ、ゴルフCL帰って来ました。計器類異常の症状が再現しないので、リレーだけ変えて様子見です。これでよければよいのですが。

2012年11月 4日 (日)

宇佐寄藻川&乙女新田  H24/11/4

  <寄藻川>

 ミヤコドリの情報を見て、行って見ました。すぐに見つかりました。

 しばらく寝ていましたが、カラスに追い立てられて飛び回った後に、ようやくくちばしを見せました。

Photo

 情報どおり、3匹いるようです。若鳥で羽が違うのがいるらしいですが、わかりませんでした。

Photo_2

 カルガモもたくさんいましたが、珍しくハシビロガモもけっこういました。沼にいることが多いのですが。渡りの途中でしょうか。

Photo_11

後はマガモ、ミサゴといったところ。

<乙女新田>

 入り口でチゴハヤブサに遭遇。初めて見ました。いそいで写真を撮ったのですが、あいにく風下で構えたので、なかなかこっちを向いてくれませんでした。

 11/8追記:チゴハヤブサではなく、若鳥アカアシチョウゲンボウのようです。珍鳥です。もっと見ておくんだった。

Photo_6

 この時期は、満潮時の限られた陸地は、水に追われたハマシギでいっぱいになります。

Photo_3

 ダイゼンもたくさんいます。

Photo_4

 カモメ、マガモ、オバシギ等も。

Photo_8

 奥のほうにひっそりとセイタカシギが1羽だけ。

Photo_5

 これは、コアオアシシギでしょうか?よくわかりませんでした。

Photo_10

 キョウジョシギもいます。

Photo_7

後は、コガモ、ジョウビタキ、シロチドリ等確認。コガモ以外はほとんど海側にいました。

今日は大漁。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

<車について>

 今回、入院中のゴルフの代わりに、代車で借りた、クロスポロを使いました。いつものルートで、19.2km/L。行きは所用のため別府まで一般道を使い、また寄藻川に寄り道したことを考えると、ゴルフと同程度かそれより少し良いくらいの燃費ですね。170kg軽い車体と200cc少ない排気量のTSIエンジンで、カタログ上では2km/L前後も燃費が良くなっていますが、クロスオーバー仕様の扁平大径タイヤが実燃費を悪くさせるようです。

 室内広さは思ったより狭く感じず、小回りのきくサイズはゴルフ以上に扱いやすいです。

 一方、扁平タイヤの硬すぎる乗り心地と、車高が高いことから来ていると思われるロールのでかさは好きになれませんでした。

 やはり、ゴルフとクラスが違うと感じました。 

2012年11月 3日 (土)

松岡&浜脇  H24/11/3

 今日はいろいろありました。

 まず、そろそろ気になっていた松岡の池です。今期初挑戦です。冬になると野鳥の会の方が道を整備してくれているようですが、今回はまだ早かったので、やぶを掻き分けながらの悪道中でした。しかも、藪の掻き分け音でカモが逃げて奥にいってしまいました。

 それでも、コガモが残っていました。

1

 しばらくすると、こちらを気にしながらマガモも。

Photo

 その前を、オシドリの群れがこちらを気にしながら急いで横切りました。

Photo_2

 もうけっこう入っているようです。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

次に社のソフトボールの試合を途中まで見た後、時間切れで途中で切り上げて、

京都大学地球熱学研のジオツアー浜脇コースに参加しました。

東別府駅です。ここまで登ると眺めが良いですね。

Photo_3

 河内渓谷。浜脇駅からすぐのところにこんな渓谷があるとは。

Photo_4

 突き当たりは滝でした。

Photo_5

 2時間くらいと時間も手ごろで、案内の人の話もうまく、面白かったですね。専門的知識がなくてもたのしめるかも。

 その後、浜脇温泉に入り、県立図書館に行く間、田ノ浦辺りでゴルフCLにカチカチと異音が、メーター類が3回ほど0まで落ち、インジケーターが全点滅しました。その上、クルーズコンピューターがエンジン始動直後(0分)にリセットされてます。不安なので、その後にディーラーへ。コンピューターを点検したら異常はないが、現象は気になるので、VW3年保証の最中なので、この際徹底的に調査してはとのことで、急遽入院。クロスポロを代車にもらいました。

 さらに、トレーナーが見つからないことに気づき、浜脇温泉に電話をかけたら、親切にさがしていただき、見つかったとのこと。ありがたいことです。

 いろいろあった1日でした。

2012年10月13日 (土)

小野鶴  H24/10/13

 所用で賀来神社の前を通ったとき、水鳥がたくさん降り立つのが見えたので、時機到来かと、デジスコを持って出直してみたら、まったく何もおらず。

 そこで、小野鶴へ行ったところ、最初はなにもいないように見えましたが、徐々に木の陰からカモが出てきました。ハヤブサがいたので、避難していたのかな?

 まず、カルガモ。まだ冬羽のオスはいませんでした。

Photo

 ヒドリガモ。そろそろ冬羽オスが出ていました。

Photo_2

 カルガモとマガモ。マガモは、冬羽換羽中の、色が不鮮明なオスもいました。

Photo_3

 これらのカモは少なくとも10羽づつ程度はいたようですが、中に1匹変なのがいるのに気がつきました。

Photo_4

 換羽前のオスのオシドリですね。こんな開けた場所に1匹だけいるし、警戒心も薄いところを見ると、若鳥で迷子になったんでしょうか?珍しいものをみました。ヒドリガモ等にまじって水草をあさっていました。(オシドリはドングリが主食では?)

Photo_5

その他見た鳥

カワラヒワ、キジバト、ハヤブサ(すぐに飛んで行った)

カワセミ、イソシギ(声のみ)

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

おまけ、ゴルフCLの話。

朝から、DSGの調子が悪く、発進時にビビリ音がしてうまくクラッチミートができないようです。どうも、朝方、おさるの湯へいく急坂をエンジンブレーキで下った際に、DSGの学習機能プログラムが変な学習をしてしまったようです。数回同じ現象が起きたので、プログラムをリセットしたら正常動作するようになりました。

方法は、エンジンを止めて、アクセルを全開で踏んだまま、イグニッションをONにして数秒保持後アクセルを戻すのです。ゲーム機の裏技みたいですが、見事に初期状態に戻り、異常はまったく発生しなくなりました。

2012年10月 6日 (土)

宇佐乙女新田  H24/10/6

また、乙女新田にいってきました。

今日は、満潮のせいか、たくさんいました。

増えてきたコガモ。定住モードです。

Photo_3

 アオアシシギ、ヒドリガモ、オナガガモ、たくさんいます。

Photo

 しかし、よく見ると、見慣れないシギが。

Photo_2

 オオジシギやタシギに似ていますが、色が少し違うようです。

多分アオシギではないかと。

Photo_4

 アオシギは、確認しただけで3羽いました。うち2羽のツーショット。

Photo_5

 こちらは、ぽつんと1匹だけいたハマシギ。

Photo_6

 カモメも、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ユリカモメと、出揃ってきました。ズグロカモメらしきものも見かけました。

Photo_7

 沖合いには、ユリカモメの群れが。

Photo_8

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

帰りに、妙見温泉に行ってきました。小さい温泉ですが、よく整備されていて、空いていてよかったです。

今回、ゴルフCLの燃費は、大分市街⇒宇佐乙女新田往復で20.3km/Lと、とうとう20を突破しました。今回、高速が結構混んでいてかつ渋滞しない程度だったので、適当な速度でのんびり走れたのが良かったかな。

H24106

2012年9月23日 (日)

佐賀  H24/9/22-23

  まだ時期は早いのですが、行きたくなったので、有明海へ。

 途中、山田SAの裏山が大きく崩れたあとを復旧中。先日の豪雨のものか?

<大授がらみ9/22>

 結局、ここが一番の収穫でした。小潮ながら満潮時です。

 たくさんいたのがこのダイゼン。腹の黒い夏羽もいました。

Photo

 ダイゼンといっしょにハマシギも。腹の白い冬羽のも。

Photo_2

 これははっきりわかるホウロクシギですね。ダイシャクシギとの違いが明瞭です。けっこうたくさんいました。

2

 100羽近いサギの群れ。なぜか1箇所にかたまっていました。アオサギ、ダイサギ、コサギがいます。

Photo_3

 サギの足元をあるいていた、アオアシシギ。

Photo_4

 こちらは、シロチドリとコチドリですね。動きが早いので、止まったところを狙って撮影。

Photo_5

 小さいので撮影に苦労したトウネン。

Photo_6

  なぜかカモが一匹だけ。オナガガモのようです。

Photo_7

 満潮を過ぎたあたりから雨が降り出しました。

<有明干拓9/22>

 だんだん雨が本降りになったので、車の中から何とかデジスコ撮影。オオジュリンのようです。

Photo_9

 遊水地には、ホシハジロが1匹だけ。居残り組?

Photo_8

<鹿島新籠9/22>

 潮が引き始めており、あまり鳥はいませんでした。

 走るソリハシシギ。

Photo_10

 カモの群れ。遠いですがたぶんオナガガモ。

Photo_11

 佐賀駅前についた頃には、雨が本降りに。

 昨年見たセキレイの塒は、空でした。スズメはたくさん寝てましたが。まだ季節が早いのか?

<有明干拓9/23>

 昨日とは打って変わって晴れの暑い日。引き潮なので大授がらみはあきらめ、有明干拓へ。ただしあまり獲物なし。

 スズメの群れ。隣は田んぼだからね。

Photo_12

 ツバメ。そろそろ渡りかな。

Photo_13

 けっこう勇ましく撮れたミサゴ。

Photo_14

 畑には、耕運機の後を追うダイサギが。

Photo_15

<鹿島新籠9/23>

 予想はしていましたが、昨日より潮が遠い状態でした。鳥はほとんどおらず。

 しかも、正午近くは非常に暑くなり、陽炎でまともな写真がとれず。

 ソリハシシギ。

Photo_16

 たぶんヒドリガモ。

Photo_17

 暑くて耐えられなくなったので、撮影終了。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

 毎度おなじみ、ゴルフCLの燃費です。

 前回年末に来たときには、あまり伸びなかったのですが、今回は、金池⇒大授がらみの片道で、19.2km/Lと健闘。やはりすごしやすい季節でエアコンを使わないのが良いのか?(逆に、前回、冬で暖房を使うのでのびなかったのか?)

H24922_2 

2012年9月17日 (月)

宇佐乙女新田  H24/9/17

 まだ、台風の風が残っている中、宇佐に行ってみましたが、水位が高いせいか、大きな鳥しかおりませんでした。

  カルガモの逃げた後に残ったカモ。前回はマルガモ(カルガモとマガモのハーフ)と思っていましたが、カルガモよりずうずうしく人なれしています。これはもしかしたら、「脱走アイガモ」ではないかと思っています。

Photo

 台風の風の中、必死でススキにすがるホオジロ。よく見ると、しっぽが短いですね。新米なのではないかと思います。

Photo_2

 ミサゴは、魚をとるのに成功して、強い風の中、杭の上で器用に食べています。

Photo_3

 小さめのカモの群れです。けっこう警戒心が強く撮るのに苦労しました。まだ夏羽なのでわかりづらいですが、フォルムから、オカヨシガモではないかと思います。

Photo_4

 初めて見たと思います。ホウロクシギ。ダイシャクシギとの差異が小さいので、自信がありませんが。2羽(おそらくつがい)でえさをあさっていました。

Photo_5

寄藻川にも行きました。しかし、いたのはミサゴとサギのみ。

小さなシギチドリは、どこかに避難しているようです。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

おまけ。ゴルフCLの燃費です。大分⇒宇佐乙女新田間(但し行きのみ)で、最高燃費をたたき出しました。あと0.1で20.0km/Lなんだけどな~

H24917_2

そういえば、前回の最高燃費も1年前の9月中旬でした。この季節はいい燃費が出やすいんでしょう。 

2012年7月 7日 (土)

宮崎  H24/7/7-8

  去年同様、また所用で宮崎へ。

深夜に到着した1泊目は、スカイホテルへ。ピラミッドのようにとがったホテルで、上の階にいくほど部屋数が少なくなります。最上階に泊まったので、わずか4部屋しかありませんでした。駅から近く、眺めは良かったですね。

Photo_9

 次の朝、さっそく例の川の河口に行ってみましたが、アジサシは見えず。シロチドリがぼちぼちいるだけ。強い雨が降り始めたので退散。

Photo_11

2泊目は、久しぶりのシェラトン・グランデ。さすがに眺めは良いですね。

Photo_7

夕方また行きましたが、やはりシロチドリがいるだけ。ここのところの大雨で巣が全部流れてしまったのでしょうか?しかし、去年はユリカモメ並みに乱舞していた親鳥も見当たりませんし、営巣場所を換えたのかな?

せっかくきたので、ドバトを撮影。

Photo
キジバト。沢山いました。

Photo_4

最後の日。あきらめきれずに、過去にアジサシが営巣したことのある、川の対岸の新富町側へ。しかし、サーファーばかりで、アジサシはあまり居ませんでした。豪雨で繁殖をあきらめたのでしょうか。但し、こちらでは、ときどき飛翔しているアジサシらしき鳥を見ました。もう繁殖を終えて沖へ散って言ったのでしょうか?

これは、ヒバリです。結構たくさん居ました。砂丘の上が草原になっているからです。

Photo_7

シロチドリは、それなりにたくさんいました。羽の掃除中。

Photo_6

 真正面。なんか哀愁を感じますね。他のチドリとの識別ポイントになる、襟巻きの切れ目がはっきりとわかります。

Photo_5

 セッカも多く、木に止まっている鳥を撮ったら、セッカのようです。

Photo_9

 ホオジロも、防風林を中心にたくさん居ました。ガのような餌をくわえている所。(逆光なので少し色修正しています)

Photo_8

所用の済んだ家内を拾った後、綾の大つり橋に行きました。昨年は、行ったものの架け替え中で入れませんでしたので、再チャレンジです。私は、10年以上前に古い橋を渡りましたが、新しい橋はやや細くなったような。

(すみません、写真に写っているのは通りすがりの人で、顔を消しています)

Photo_10

ここから先は「遊歩道」で、40分かかるとあります。おぼろげながら結構大変だった記憶がありますが、チャレンジしました。しかし、遊歩道は足場悪く、高低差大きく、トレッキングコース以上の難易度があります。ハイヒールやサンダルではやめたほうがよいでしょう。(前回は出張だったため、ビジネスシューズで行きました。よく切り抜けたものです。)結局、40分フルにかかりました。

 降りていく途中にある滝。水しぶきがすずしく、ここくらいまでは良かったんですが・・・

Photo_11

 谷底までおりて、小さなつり橋を渡りました。これからあの大つり橋の高さまで上ります。

Photo_12

最後は汗だくになりました。時間に余裕をもって行ったほうがよいでしょう。体力のない人は40分では無理です。

(風景はNikon Coolpix P5100 、鳥はNikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

おまけ、レンタカーの話。

今回は、ワゴンRを借りました。比較的新しいモデルのようで、NA,CVTです。17~18km/Lくらい行きました。昨年、同じ時期の宮崎で借りたインサイト(4ドア)は、23km/Lくらいでしたから、インサイトは軽自動車もしのぐことになります。やはりハイブリッドカーですね。