国内旅行 Feed

2016年1月 1日 (金)

群馬 2016/1/1

元日は多々良沼へ

しかし、天気が良いのはよいですが、からっ風の強い日で、なかなかうまく写真が撮れません。

いつものコハクチョウ。今年は20羽くらいと少ないそうです。最近はガバ沼にエサ場が動いています。

Photo_3 オナガガモはすごく多い。

Photo_4 なぜか一羽だけいたセグロカモメ。

Photo_5 5羽だけいたアカアシシギ。渡り途中なのでしょうか?

Photo_6

 天気はよく、浅間山は良く見えました。

Photo こちらは、富士山と思います。視程は100kmくらいあるのでは?

Photo_2

 実家に帰って、裏の民家で。オナガ。Photo_7 こちらは、地元の川でカルガモに混じってなぜか2羽だけいた、オナガガモメス。

Photo_8

 今年は、いつもより暖かいかな?

おまけ。帰りの浅草で見た、台湾鐵路とのコラボ記念ロゴ付きスペーシア。コラボしてくれるのはいいですが、少し範囲が狭いような・・・特急りょうもう利用者にはあまりうまみがないみたいですね。

Photo

(Nikon1 J3)

2015年12月30日 (水)

東京上野  2015/12/30

群馬に帰省する途中で、久しぶりに上野公園に行ってみました。

20年ぶりですね。だいぶ変わっていました。

 とりあえず、不忍池へ。

 鳥はいっぱいいました。

 まずは、ユリカモメとウミネコ。特にユリカモメは多い。

Photo大型のセグロカモメもけっこういました。

Photo_2スズメもたくさん。砂浴び中。

Photo_4これは、多分ゴイサギ幼鳥でしょう。起きてくれないので、わかりませんが。

Photo_3

こちらは、おとなのゴイサギ。

Photo_5

キンクロハジロもたくさんいました。50羽くらいはいるかな。餌をねだっています。

Photo_6

ハシビロも多いですね。

Photo_7 オオバン。バンもいました。

Photo_8 他にもたくさんいましたが、省略。

 その後、上野の森美術館で、「直筆浮世絵展」をみました。けっこう混んでいました。北斎の絵等あり、それなりに面白かったです。

 帰りに、銀座線の車庫を見に行きました。路地裏に突如現れる踏切。しかもけっこうごついのは、地表に置かれた第三レールで人が感電しないようとうせんぼしているから。

Photo_10

車庫には、たくさんの車両が。

Photo_9

おまけ。大晦日の浅草寺。今日はそこそこの混雑。外人ばかりです。

20151231 

(Nikon1 J3)

2015年11月22日 (日)

津・松阪  2015/11/21

従弟の結婚式のついでに、鳥見をしてきました。

津:安濃川、志登茂川

いきなり、多数のカワウの群れに遭遇。

Photo

スズカモ。こちらもたくさんいました。 

5マガモ、ホシハジロ、オナガガモは沖にたくさん。

2  突堤に群れるのは、ユリカモメですね。

3  大型のセグロカモメもぼちぼち。

Photo_2

松阪:雲出川

砂州にウミネコユリカモメセグロカモメが混在。

Photo_3

 シロチドリも多いですね。

2_2 ダイゼンです。一か所にまとまっていました。

4  ハマシギも、特定のところにまとまって。シロチドリと混在しているところも。

Photo_4

  調整池には、たくさんのカモに混じって、ハシビロガモやカイツブリがいました。Photo_5

松阪:喜多村新田

 家内が、ある人から情報を手に入れて、タゲリがたくさんいるらしいので、行ってみました。

 まずは、カイツブリ。比較的近くで撮らしてくれました。

Photo_6  ムクドリがいっぱいいると思ったら、

3_2 タゲリの群れが!

7 ネコみたいな声で飛び回っていました。

 12

動きがないと、保護色で見つけづらいんですが。

8

最後、五主町の道路の途中で出会った、チョウゲンボウ。

Photo_7 車がすぐには止まれなかったので、わざわざ引き返して撮りました。

 

2_3

半日足らずの時間でしたが、けっこう充実した鳥見でした。

おまけ、唯一の観光、阿漕塚。道が狭く苦労しました。

Akogizuka

阿漕の由来がありました。現在の意味とは異なりますね。古語ではよくあることです。

Akogi

(Nikon1 J3)

2015年10月24日 (土)

神戸布引  2015/10/23

いつもの通り、出張先の朝散歩。

布引の滝。

P1000809

展望台。ラジオ体操の爺さん婆さんで満員なので、中に入れなかった・・・

体力的には貯水池まで行けるけど、時間がないので断念。

P1000810

ところどころでネコが寄ってくる。だれか餌をやっているな。

P1000811

2015年7月 9日 (木)

姫路  2015/7/9-10

 久しぶりの姫路出張です。

 朝、だいぶ時間があったので、姫路城まで歩いていきました。

Photo

 城に入れるのは、九時からみたいです。

 城郭の中には、動物園をはじめ、歴史資料館など、いろいろありました。今であれば、文化財保護とかで、建築できないでしょうね。

しかも、外堀(修正:中堀だそうです。外堀はさらに外)の内側は住宅街・商店街になっています。いまさら、土地を召上げるのは難しいんでしょうね。

Photo_2

 20年以上前、入社時にも一度行ったのですが、あまり覚えていませんでした。

 大手町公園に屯すハト。えさやりのおじさんに群がるハトは、世界共通ですね。

Photo_4

山陽電鉄。ようやくスイカも使えるようになっていました。

しかも台鉄宜蘭線と姉妹鉄道になっているとは?

江ノ電-平渓線と同じように、相互乗車できるのかな?

Photo_5

 外堀川。たぶん外堀だったんでしょう。

 ヒシがたくさん生えていました。

Photo しゃちほこのオブジェ。市内のあちこちで見かけました。姫路城もしゃちほこが有名なようです。

Photo_2 

2015年5月 9日 (土)

北九州曽根干潟  2015/5/9

高速の開通を機会に、また曽根干潟に行ってみました。

6kmほど未開通区間はありますが、所要は1時間半強まで短縮されました。やはり便利ですね。ETCでも片道2000円以上かかりますが・・・・・

1週間ほど早く行った、5年前ほどではありませんが、満潮の導水堤の上には、ちらほらと鳥が。

Photo

 まず目立つのは、嘴で判りやすいチュウシャクシギ。前回もそうでしたが、多いですね。

4  

 ハマシギもたくさんいますね。

Photo_3

 キアシシギとアオアシシギ。

 Photo_2

 たくさん集まっているところに、チュウシャクシギくらいの大きさで、少し赤いのがいます。   Photo_4

 嘴を見ると、オオソリハシシギですね。けっこうたくさんいます。

4_2

 次に、陸側に目を向けると、ヒバリ。どうも近くに巣があるようですね。

Photo_10

 ホオアカ。久住高原や坊がつるにはたくさんいるんですがね。こんな海際にもいるんですね。

2

 ホオジロ。たくさんいました。

Photo_11

昼食を済ませてまた行くと、潮がかなり引いて、干潟ができていました。

 ハマシギの群れ。飛び回りながら餌探し。

Photo_5

 チュウシャクシギは歩き回りながら餌探し。

Photo_6

 遠方にはコサギと思われる群れが。でも遠いなあ。

Photo_7 

 手元で声がすると思ったら、キアシシギが川の水浴びちゅう。

Photo_8

 あとで写真を見たら、一匹だけソリハシシギが混じっていました。

 Photo_9

 便利になったし、また来年も来たいですね。

(Nikon1 J3 70-300mm)

2015年5月 3日 (日)

足尾  2015/5/3

 帰省先の群馬から、足を伸ばして足尾銅山に行ってみました。

 距離50kmくらいなので、すぐと思っていましたが、GWの渋滞もあり、2時間ほどかかってしまいました。

 銅山観光には、この電動トロッコに乗っていきます。行きだけで帰りは歩きです。

Photo_16

 乗り心地は、台湾のウーライのトロッコよりは路盤状態がよく、安定した感じです。

 トンネルはこんな感じですが、中は素掘りで狭く、手を出したらけがするようなけっこうワイルドな感じですね。

Photo_18

 坑内は、身長180cmの私には少し低いですね。いろいろな人形がいましたが、鉱床の方がおもしろかったですね。

 坑内にある神社。とりあえず賽銭をあげてきました。

Photo_17

 次に、足尾歴史館に行ってみました。けっこう手作り感のある模型等があって、独創的な資料館ですね。奥の方はいろいろな寄贈品や古い書籍等があって、昭和の資料館のようなちょっと雑多な雰囲気もあります。

 おもしろいのは、復刻した銅山のガソリンカーに乗せてくれること。350円くらいの入場料で、これに乗れるのはお得かも。乗り心地は銅山観光のものよりワイルドですね。けっこうカーブが急な路線のせいでしょうか?

Photo_19

 円形路線の内側には、ミニチュア版の鉄道も敷設されており、こちらも乗車できるようになっていました。

 これらのせいか、博物館の中にはけっこう鉄道関係のマニアックな書籍がありました。鉄道関係のマニア誌に掲載された本館の記事も飾ってあります。ファンには知られた場所なんでしょうか?

 最後に、また水沼駅の温泉にいきました。ついでに食事もしました。ここらでよく見るソースかつ丼です。食堂は地元の人の憩いの場になっており、畳に寝転んでいる人がちらほら。

 GWのこともあり、風呂、食堂ともにめちゃ込みでした。

 水沼駅に数羽いた、セグロセキレイ。ツバメも非常にたくさんいて、周辺で営巣していました。

Photo_21

修善寺  2015/5/2

 帰りに泊まった修善寺のホテルの窓から。

 裏山には様々な鳥が出入りしていました。逆光なので加工していますが、ウグイス。

4 

 イワツバメが橋の下に営巣していました。

Photo_10

 清流沿いなので、キセキレイが。

Photo_11 セグロセキレイもいます。

Photo_12 かなり内陸ですが、イソヒヨドリがいます。

Photo_13

 つがいなので、営巣中でしょうか?水浴びしていました。

4_2

 修善寺温泉は、随所でリニューアル工事していました。

 人もけっこう多かった。

 修善寺の駅。地方の小私鉄の終点にしては、4本もホームがある立派な駅。

Photo_14 車窓からは、つねに富士山が。

Photo_15

 帰り、少し時間あまったので、途中下車。みんなのハワイアンズに行ってみました。

 温室では、アカトキが育雛中。他にもいくつか鳥がいました。

Tokisu フラのショーの方は悪くなかったですが、時間がなかったので、途中退出。

(Nikon1 J3)

掛川花鳥園  2015/5/1

 

 前から行こうと思っていた、掛川花鳥園に行ってきました。掛川の駅前から少し歩いたところにあり、住宅街の真ん中にある感じ。広さは思ったよりなかったですが、中はそれなりに充実していました。

  珍鳥のアカツクシガモも普通に見られます。

Photo

 アフリカオオコノハズク。ぬいぐるみみたいです。

 Photo_2

 フクロウのショー。とりあえず歩いて見せます。

Photo_4

 キンケイとイワシャコ。リラックスしています。

Photo_5

 エサやり。オシドリにやることもできます。

2_2

 ヘラサギ。結構がっついています。

Photo_7

 メキシコインコは、リンゴに食いついてきますが、あまり食べず、噛んでいるだけ。

Photo_8

 食べるほうは、このひまわりの種の方がすきみたい。

2_4 

 まだ、たくさんありますが、きりがないので、このあたりで。

 全体的には、比較的よく飼いならされた放し飼いであるのは、日本らしいところ。

オーストラリア・キュランダであったような、メガネを壊されたり、シンガポールのジュロンのように、すごい勢いでえさにたかられたりすることはありません。ふん爆弾の危険にさらされるのは、致し方ないところではありますが。

 また、5月ということもあり、至る所で営巣行動が見られました。写真は抱卵中のコクチョウ。ただし、営巣すると気性が荒くなるのを警戒してか、ハト類の巣を、掃除のおばさんが撤去するのを目撃したりもしました。

Photo_9 

(Nikon1 J3)

2015年4月12日 (日)

神戸三宮  2015/4/12

出張で神戸に泊まりましたが、いつもの北野の宿が満室で、今回は三宮です。夕刻に少し散歩。

震災復興記念公園です。昔は、JRの神戸貨物駅だったそうです。けっこうよく整備されています。いざという時は避難所になるそうです。

2

夕刻のためシャッター速度が遅く、少しボケていますが、ポートライナーです。

Photo