鳥見関係 Feed

2018年7月16日 (月)

続々星南大橋 2018/07/16

 今日で休みは最後なので、最後のチャレンジ。しかし、またしても飛び立たない。

親は、エサをやったあと、両親ともに巣立ちを促すように周りをうろうろすることもあります。

3 それからしばらくは、エサやりをやめて、出てくるのを待ちます。 

2  私は、橋脚のところの、相当離れた位置にいて、なるべく林をつかって死角にいるようにしていますが、それでも1回モビングされました。巣箱の位置にくると見えるので、こちらが気になるみたいです。服は昨日とはちがうので、色のせいではないのでしょうね。

 そこで、場所を変えて、林の中からポイントを見つけて撮影してみました。ヒナが顔をだしましたが、口が空いているので、啼いているようです。

5_2

 すると、親が来てエサをやりはじめてしまいました。もう巣立ちを促す雰囲気はありません。9時過ぎ。今日も駄目みたいですね。 

6_2

 8時すぎくらいから、数羽のカラスが啼きながら周囲をうろうろしはじめているのが気になります。ヒナを狙っているのかもしれません。巣立ちをあきらめたのはカラスのせいかも。

(Nikon1 J3 + Vixen ED67S)

2018年7月15日 (日)

続星南大橋 2018/07/15

再チャレンジ。今回は早起きし6時台につきましたが、結局3羽目は、時々顔を出すも、巣立ちには踏み切れず、10時過ぎには親もあきらめてエサをやりはじめました。

最初は、エサをやり、

2 周囲を確かめていましたが、

4 それからしばらくは、離れて巣立ちを促していました。

3

7

14 しかし、ヒナは覗きはするものの、巣立つ勇気はなく引っ込んでしまいました。

親鳥は、先に巣立ったヒナ?と周囲を飛び回っていました。

1

2_2

6

7_2

8

ところで、私はセルリアンブルーの登山着を着ていましたが、ブッポウソウの親から見える位置にいくとモビングされる事態が多発しました。(距離は他の人より遠いのですが・・・)

この色で、縄張り侵略するオスにでも見えるのでしょうか?

(Nikon1 J3 + Vixen ED67S、但し飛翔はNikon1 J3の300mmで撮影)

2018年7月14日 (土)

星南大橋 2018/07/14

そろそろブッポウソウの巣立ちと思い、行ってみましたが、一足遅かったようです。

着いたのは7時代でしたが、もうすでに駐車場は満車。いつものIさんの姿もありました。10名くらいはいたかな。

すでに、2羽は巣立ってどこかに行ってしまった。もう一羽を皆で待っているとのこと。ところが、なかなか巣立ちません。

Photo 親は啼いたり、巣箱のそばまで伺いにいったりして、巣立ちを促しているのですが、なかなか出ようとしません。

そのうち、親はあきらめたのか、エサを運び始めました。

2

3

6

今日は巣立ちはないみたいですね。

まあ、親の写真はたくさん撮れたからいいか。

留まりながら肩をいからせます。暑い?

2_2 もう一羽の親。いろいろ様子を見て飛び回っていました。

2_3

(Nikon1 J3 + Vixen ED67S)

2018年7月 8日 (日)

県民の森 2018/07/08

昨日は結婚式だった上に、天候がわるく、出られなかったので、今日県民の森へ。

途中宗方では、カルガモの群れ(家族?)が一休み中。

Photo ヤマガラハウスは、山中のせいか、雨が降っていて、しばらく待ったが収穫なし。キジトラネコが一匹いました。鳥を捕まえてたら困りもんですね。

 こちらはツバメの家族。休息中。

Photo_2  安友でも、雨は降り続き、なかなかやみませんでした。ときどき遠くでサンコウチョウの声はするのですが。写真は、キビタキのメスと思います。暗いので、ピントいまいちですが。

2

(Nikon1 J3)

2018年7月 1日 (日)

星南大橋&県民の森 2018/07/01

久しぶりに星南大橋に行ってみました。

噂通り、ブッポウソウは来ていました。

早朝にもかかわらず、福岡からの先客がいました。巣箱の真下で撮影していたので、近づいたときに注意すると、初めて来たので知らなかったらしいです。車も巣箱の近くに置いていたので、離すようお願いしました。人が離れるとすぐ、巣箱に出入りし始めました。巣立ちはまだまだ先のようです。

2 月末恒例のヤマガラハウスへ(昨日荒れ模様で1日ずれましたが)。相変わらず、草刈り等よく整備されていますが、餌付けはやめたみたいですね。理由をIさんに聞いておくんだった。

それでも、ヤマガラの若鳥はいます。

Photo_2

こちらはメジロの若鳥。

Photo

近くでサンコウチョウの声が良くしていましたが、姿は見せませんでした。

鳥に囲まれていい場所ですね。

(Nikon1 J3)

2018年6月24日 (日)

県民の森安友 2018/06/24

昨日の雨の跡残る安友を散歩

サンコウチョウ。かなり離れたところにいました。しっぽの短いメス。

Photo 巣立ちびなが多く、警戒心少ないので写真撮りやすいですね。

エナガ。

Photo_6

シジュウカラ。

Photo_3 メジロ。

Photo_4 イカル。顔見えないですね。

Photo_5

(Nikon1 J3)

2018年6月17日 (日)

県民の森安友庭園 2018/06/17

朝方、安友庭園に行きました。

田植え前の田んぼを、カルガモのつがいがのんびり採餌。この時期、田んぼにいるのをよく見かけます。

Photo

川底まで降りましたが、降りる途中サンコウチョウの声が数回聞こえただけで、あとは音沙汰なし。

途中で撮ったゴジュウカラ。久しぶりに撮れました。エナガ等の混群に混じっていました。動きからコゲラかと思いました。

Photo_2  川底で収穫なかったので、上で休憩中、飛んできたイカル。この近い距離で撮影は久しぶり。

2  きれいな声のする方に寄っていったら、久しぶりにガビチョウを見ることができました。一生懸命さえずり中。

2_2

(Nikon1 J3)

2018年6月16日 (土)

平成森林公園 2018/06/16

前日のみ会で、体の調子は良くないのですが、平成森林公園へ。

途中、大峠付近でアカショウビンの声を聴きました。

大峠付近にいたヒガラ。シジュウカラの群れに混じってました。久しぶり。

Photo_2

香りの森跡にいた、タヌキ。顔が写らないのが残念。

Photo 平成森林公園には、Iさんがいたので、止まり木の場所を教えてもらいました。その後、1時間半ほど、止まり木のところと、周辺を谷底まで降りてみましたが、収穫なし。

 この遠いイカルくらいかな。

Photo_4

 香箱座りするネコ。いつもここにいますね。

Photo_3

(Nikon1 J3)

2018年6月10日 (日)

県民の森安友庭園 2018/06/10

天気予報が外れて、雨が降らないので、安友庭園にサンコウチョウ狙いで行ってみました。

かなり長い間、クロツグミの鳴き声はしていましたが、写真は撮れませんでした。灌木の中から出てきません。

撮れたのはこの遠いオオルリだけ。

2 こちらのオオルリは、近いですが、かなり暗くて枝が交錯しているところで鳴いているので、あとでみたらどれもピンボケ気味の写真でした。

3  これは、たぶんキビタキのメス。暗いのでピンボケですが。

Photo  急に雨が降り出したので、戻ろうとした頃に、ようやくサンコウチョウが鳴き始めました。今更遅いって。

(Nikon1 J3)

2018年6月 9日 (土)

平成森林公園 2018/06/09

霧がかかっていますが、ダメもとで平成森林公園にまた行ってみました。

先日カケスのいた、香りの森跡の枯れ木には、今度はアオバトが。

Photo_6

建物跡にはキセキレイが居座っていました。

Photo_8

野鳥公園に入り、観察棟を見つけました。しかし、樹が近すぎて少し見通し悪いですね。あまり観察に向いていない。

その奥に行くと、こちらでもアオバトに遭遇。かなり接近しても逃げません。巣でも近くにあるんでしょうか?3 他にはシジュウカラやヤマガラがいたくらいかな?

Photo_7

(Nikon1 J3)