鳥見関係 Feed

2017年2月19日 (日)

宇佐 2017/02/19

 久しぶりの宇佐

<乙女新田>

湿地が8割がた埋め立てられたせいか、ほとんどのカモが外洋にいました。

Photo  これはズグロカモメ。餌探し中。

Photo_2  遠いですがアトリ。ぼちぼちいますが、なかなか写真を撮らせてくれません。

Photo_3 見どころも少なくなったような気がします。

<寄藻川>

 たくさんいたハマシギ。遠くから見ると、白いゴキブリみたい。

Photo_4  シロチドリはぱらぱらといました。

Photo_6  ツクシガモは年々多くなっているみたい。最近あまり見ない杵築方面と対照的ですね。

Photo_5 

 ヨシガモ。日が当たるときれいです。

Photo_7  目当てのナベヅルは、まだ帰らないでいてくれました。

3  時々歩き回りますが、飛ぶ気配はありません。

8

 アカツクシガモの情報もあったようですが、見ることはできませんでした。

(Nikon1 J3、寄藻川はジオマED67Sとのデジスコ)

2017年2月12日 (日)

九六位 2017/02/12

 今年まだ見ていないルリビタキを探しに行きましたが、はずれ。

でも、それなりには鳥がいました。

エナガの群れ。

Photo 九六位キャンプ場にて。前からホオジロ類がいるのはわかっていたのですが、警戒心が強く上手く撮れない。

アオジ。これは今までで一番良い出来。なかなか明るいところに出ないからね。

Photo_2 ミヤマホオジロ。出てこない。

Photo_3 逃げられる寸前に慌てて撮ったのでピンボケでしたが、模様からアトリのようです。

Photo_4

今日も寒い。昼時なのに山頂は2℃。下より5℃以上低い。

(Nikon1 J3)

2017年2月11日 (土)

県民の森 宗方 2017/02/11

今日は猛烈に寒いので、県北に行くのをあきらめ、県民の森へ。

性悪カワラヒワ。たくさんいるヤマガラを追っ払って、餌を独り占めしようとしています。

Photo シジュウカラは慎重に接近。うまく取っていきました。

Photo_2  カワラヒワは満腹したのか、いなくなりました。

 ミヤマホオジロもいますが、警戒心強くなかなか表に出てきません。

Photo_3  口戸に行きましたが、チョウゲンボウの撮影に失敗したので、宗方へ。こちらにもいました。しても、このカワラヒワ、チョウゲンボウが怖くないんでしょうか?

Photo_4  真下に来ても、車の中にいれば逃げませんでした。

Photo_5  カワラヒワの群れ。スズメの群れもいましたが、寒いのですごく膨らんでいました。

Photo_6

(Nikon1 J3)

2017年2月 5日 (日)

志高湖 2017/02/05

温かかったので、志高湖に行ってみました。

しかし、まだ大した鳥はいませんでした。早すぎたかな?

だれたコブハクチョウ。餌は潤沢にもらえるからね。

Photo アヒルとカモ類。マガモ、ヒドリガモ、オオバン。

Photo_2  ツグミは多かったですね。

Photo_3  小鳥はシジュウカラやヤマガラ。まださえずる季節ではないですね。

Photo_4 

(Nikon1 J3)

2017年2月 4日 (土)

九六位 2017/02/04

ウソを探しに、森林公園へ。

案の定、けっこういました。今年初見です。

Photo オスの赤いのどが印象的ですね。

Photo_2 今年なかなか見つけられなかった、ミヤマホオジロもいました。キャンプ場にて。

Photo_3 途中で撮ったリア充メジロ。他の鳥が逃げた後も残っていちゃいちゃしていました。

Photo_4  もう春ですね。

Photo_5

(Nikon1 J3)

2017年1月29日 (日)

小野鶴、県民の森、口戸、塚原 2017/01/29

今日はいろいろめぐってみました。

まず小野鶴。マガモやヒドリガモはたくさんいました。その中に白いのがいるので、カモメと思いレンズを向けたら、カンムリカイツブリでした。

Photo 看護大の調整池にいろいろカモがいるのは気づいていました。ほとんどがヒドリガモやオオバンでしたが、中に一羽だけオカヨシガモが。

Photo_2 梅にホオジロ。メジロでないのが残念。

Photo_6 ヤマガラハウスは、ヤマガラと、シジュウカラが少し。あとなぜかモズがいました。

Photo_3  帰り、思いついて塚原方面に行ったら、エナガの群れに遭遇。相変わらずかわいいですね。

Photo_4  口戸では、いつもの猛禽はいませんでしたが、たおこしした田んぼに、鳥がたくさん。セグロセキレイとタヒバリです。他にもツグミやハクセキレイ、カワラヒワが。

Photo_5 (Nikon1 J3)

2017年1月28日 (土)

松岡 2017/01/28

ここのところ、忙しくて鳥見にいけないので、近場で。

基地に着くと、ノスリが出迎えてくれました。しばらく上空を旋回していました。オシドリ類は、一応警戒しているようで、奥に引っ込んでいました。

Photo ノスリが去ると、お出ましです。

Photo_2

オスは、メスに対して、羽を広げたり、もぐったり、しきりにアピールをしています。春ですね。

Photo_3  キンクロハジロも、水浴びしておしゃれに余念がありません。

Photo_4  ホシハジロは相変わらず居眠りしていました。

Photo_5

(Nikon1 J3)

2017年1月15日 (日)

口戸&県民の森&小野鶴 2017/01/15

風が強いので、ふきっさらしでない県民の森に行ってみることにしました。

途中、口戸のノスリポイントで、もっと小さな鳥が。

Photo チョウゲンボウより尾が短く見えるので、コチョウゲンボウかな?

Photo_2

 ヤマガラハウスは、先客がいたらしく、すでに大盛況

Photo_3

 今回はシジュウカラも頻繁に来ます。

Photo_4 ゴジュウカラも一瞬ですが姿を見せました。

Photo_5

 地面をあさるアオジ。

Photo_6 木の実をついばむメジロの群れ。

Photo_7

 その帰り、安友入り口で、イカルの群れに出会いました。

Photo_8

 コイカルはいなかったようです。

Photo_9

 最後、小野鶴を覗いてみると、ヒドリガモ、ホシハジロ等たくさんいました。

Photo_10 空では、イワツバメの群れが採餌中。

 

Photo_11

(Nikon1 J3)

2017年1月14日 (土)

松岡  2017/01/14

 松岡に行ってみました。

 けっこう手前の方にだけ鳥がいました。

 たくさんいますが、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、オシドリといった常連ばかり。

Photo_2

 オシドリのつがい。年賀状にしたらよいような絵になる情景ですね。

Photo

(NIKON1 j3)

2017年1月 9日 (月)

台湾 2017/1/7-10

 台北へ行ってきました。

行きに使った飛行機は、エバー航空のキティちゃんジェット!

そこらじゅうにハローキティの絵が。なかなか気恥ずかしいものでした。(ちなみに帰りも同じでした)

飛行機が遅れたので、街に出たのはもう夕刻。

とりあえず、二二八和平公園に行きました。土曜なので、けっこう人がいましたね。

暮れる中たたずむホシゴイ。

Photo 次の日は、昔に寒波で(降雪しました!)行けなかった陽明山に行きました。

陽明山といっても広いですね。バス停もたくさんあるので、公園旅客中心というところに行ってみました。

ここは、台北市民のピクニック場らしく、日曜なので、結構な人出。

クロヒヨドリの群れ。けっこうあちこちで見かけた。

Photo_5

 タイワンリス。餌をねだっている感じ。

Photo_2 なぜか、土産物屋の前の池に一羽だけいた、ズグロミゾゴイ。帰りまでほとんど動きませんでした。定位置?

Photo_3 なにかいたと思ったら、キセキレイでした。

Photo_4 帰りの新北投駅前で鳥の声がするので、公園に寄ってみると、たくさんのシロガシラが。木の実を漁っていますね。

Photo_6 上空には、たくさんのツバメ類。ツバメ、イワツバメ、アマツバメ等。イワツバメは、早くもビルの軒下に営巣していますね。

Photo_7

 これは、ハッカとカバイロハッカ。

Photo_8 夕方は、大安森林公園に。日曜なので、ものすごい人。

 ゴイサギをはじめとするサギが、ものすごくたくさんいます。以前より増えています。野鳥の会とおぼしき人たちが、フィールドスコープで観察してなにかメモっています。なぜこんなにいるのかと思っていたら、夕刻になると餌をやりはじめました。それはもう大騒ぎ。けんかになって奪い合っています。完全に餌付けされています。増えるはずだ。

Photo_9 逆に、前に来たときは、タイワンリスが餌付けされていましたが、餌付けされなくなったためか、あまり見かけませんでした。

 アヒルも、昔からいます。

 Photo_10

 キジバトとシラコバト。常連ですね。

Photo_11

3日目。

前回雨天であまり行動できなかった、十分に再チャレンジ。

今回も、雨がぱらついていましたが、傘が必要なほどではなかったので、何とか滝まで行けました。

しかし、前回にも増してすごい人です。平日だからすいていると思ったのに・・・

どうも、大陸系中国からの観光客のようです。時間が経つと、韓国人の若者が増えてきて、ますます混みだしました。ツアーでたくさん来ているらしく、最近の人気スポットなんだろうか?しかも、皆線路に勝手に入っています。

Photo_4 20分ほどあるいて、十分大瀑布を見ました。原尻の滝程度(大分ローカルですみません)と思っていましたが、かなり大きく。見ごたえのある滝でした。大雨のときに来たら、もっとすごいだろうな。

Photo_5 帰り、十分方面を見ると、おびただしい数の灯篭が。祭りでもないのに、灯篭に願いを書いて盛んに飛ばしています。近くで見ると、中には、「年収600万元(2000万円位)」と妙に具体的に書いている台湾人のオバチャンも。なぜ100万元とか1000万元ではないんでしょうか?

Photo_6 十分の手前で撮った列車です。線路の人をどかすため、汽笛を鳴らしながらゆっくり入ります。

2  十分で見た鳥は、このムクドリのみ。前回はオウチュウとかも見たんですがね。

Photo_3

 これは、滝のはるか上空を飛んでいた鳥。たぶん台湾藍鵲と思うのですが、遠すぎて判別不能。

Photo

  その後、混雑するホームをから列車に乗って戻ろうとしたら、乗車券のエラーが。実はSuicaのようなEazyCardを使ったのですが、降りるときにうまくタッチできていなかったようです。降りていないとの警告が。慌てて降車にタッチしましたが、こちらは3時間以上経過したので不可との警告。どうしようもないので、とりあえずきた列車に乗り(駅構内は大混乱で駅員と話せる状態ではない)、乗り換えの瑞芳駅で駅員に説明しました。しばらく問答しましたが、こうなるとEazyCardは使えず、現金で払えということらしい。現金で支払い、タッチして再度乗車しました。

 瑞芳駅にあった東武鉄道との提携広告(右です。左は江ノ電)ピュマ号と東武のりょうもう号の塗装提携です。

Photo_7 これは、その後の乗り換えの八堵で撮ったピュマ号。

Photo_8

 年末に東武鉄道で撮ったピュマ塗装りょうもう号です。それなりに似ているかな。

Photo_9 基隆駅には、スペーシア版の東武提携広告が。

Photo_10

 最後に、少しの時間があったので、基隆港へ。港町らしく、ごちゃごちゃしていました。駅前は狭くて車の往来も激しく、横断歩道を渡るのに苦労しました。駅は地下化リニューアル中。今後は大きな駅前広場を作ってあか抜けた街になるのでしょうね。

Photo_11

 基隆で撮ったトビ。今日の鳥見は収穫がなく外れでした。

Photo_2

4日目は早朝発なので、今日は早じまいです。前から気になっていた、台鉄弁当(60元)を買ってホテルで食べました。安いのにそれなりにおいしかったです。

(Nikon1 J3)