鳥見関係 Feed

2019年4月 6日 (土)

キョンジュマラソン 2019/04/05-07

 

2年ぶりにキョンジュ(慶州)マラソンに行ってきました。

とりあえず、携帯で撮ったのですが、家内がゴールしている写真を。

20190406kaori

結果はfacebookに書いたので、それ以外について。

前夜祭の千葉さん。大阪のボケと突っ込みができる人です。

1

キョンジュの鳥は、

韓国では定番のカササギ。

Photoこちらも定番のダルマエナガ。

1_2

シジュウカラ。たくさんいました。

1_3

ヒヨドリは桜の花を食べています。

Photo_3

その日のうちにプサンへ移動。

 ホテルに近いプサン駅とプサン港。

Photo_2 鎮海の桜見物にも行きました。地元の女子スポット・デートスポットで、日曜なこともあり、人でごった返してました。

Photo_3

 海軍博物館。パレードは日曜なので休みでした。展示は、秀吉の朝鮮出兵の話が多かったかな。李舜臣をたたえる話。海軍の発祥のようです。

2 さえずる鎮海のジョウビタキ。求愛中。オスですね。Photo_4

 

 ヤマガラ。巣材を運び巣づくり中でした。

2_2 昼食をたべた公園のメジロ。Photo_5

 ダルマエナガもさえずっていました。

Photo_6

 他にも鳥がいましたが、時間が短く確認できませんでした。

(Nikon1 J3)

2019年3月31日 (日)

関崎 2019/03/31

風が強いのですが、来週は行けないので、ダメもとで関崎に行ってみました。

朝の1時間強の短い時間でしたが、ハチクマが数羽渡っていきました。

Photo

Photo_5

 これは、ハイタカかな?遠方で不明瞭ですみません。

Photo_4

 アトリかと思って後で確認したら、ニュウナイスズメの群れでした。20~30羽くらい。

Photo_2  オスメスで模様ちがいますね。

2  しばらく周囲をうろうろすると、四国に向けて渡っていきました。

Photo_3

(Nikon1 J3)

2019年3月30日 (土)

県民の森 2019/03/30

ヤマガラハウスに行ってきました。あれからちょうど1年。ヤマガラハウスは相変わらず平和で鳥がいっぱいです。良いところですね。

Photo  カワラヒワも警戒心が薄くなってきました。

Photo_2  坊主山の下で撮っサクラにメジロ。空抜けですが・・・

Photo_3  坊主山ではヤマガラが水浴びしていました。

Photo_4  ゴジュウカラ。貯食中かな?

Photo_5

(Nikon1 J3)

 帰りにボタン桜の一心寺を覗いてみましたが、入り口には萌えキャラの幟が・・・

 去年は家族のホークス今宮選手の幟でしたよね?ここはどの方向に進もうとしているのでしょうか?

20190330 最後に、9年目に入ったゴルフです。天井の布が垂れ下がってきたのでプラスチックのコの字型の抑えを、室内灯の周りにつけてもらいました。欧州車ではよくあることのようです。そのほかは、特に大きなトラブルはありません。発電機の音が少し大きくなったことくらいかな?

 

20190330_2

2019年3月24日 (日)

佐賀関 2019/03/24

鷹の渡りを見に、希少研のTさんから聞いた、城山に行ってみました。道がわからず一苦労。

着いたら、すでに、希少研の方々が観察中。しかし、ここは見晴らしはいいですが、遠くて写真に不向きですね。撮っても遠いハイタカ。

Photo  お暇して、関崎へ。着いたとたんに目の前にハイタカが。あわててカメラを構えたが、おそかった。結局、見られたのはこの一羽だけ。

Photo_2  ヒヨドリの群れ。北に向かっていくようです。

Photo_3  メジロの群れも。北に向かっていくのかな?

Photo_4  ヤマガラ。たくさん啼いていました。せっかちなの、のんびりしたの、声の小さなの。

Photo_5  帰り、黒浜で鳥が群がって騒いでいました。たくさんのウミネコが漁をしているようです。

2  よくみると、フォルムの違うのが混じっています。帰って確認すると、ウミアイサでした。けっこうたくさんいますね。

5 所用があるので、昼前に退散。

(Nikon1 J3)

2019年3月23日 (土)

大野川河口 2019/03/23

夕方、風の強い中、大野川河口に行ってみました。

ものすごい数のカワウと、おそらく北帰を控えたセグロカモメ。

Photo

ヒドリガモとマガモはぼちぼち。

Photo_2 声がしたので、探すと、やっと一羽だけ目当てのシギチを見つけました。

コチドリですね。

2 あとは、シギチかと思ったら、ツグミがたくさんいました。

2_2

(Nikon1 J3)

2019年3月21日 (木)

大分川 2019/03/21

祭日の今日、いろいろ用事があったのですが、夕方少し空いたので大分川へ。

滝尾橋のイワツバメ。たくさん群れています。

Photo_2

 そろそろ巣に入り始めましたね。頭が見えるのわかります?

Photo  ミサゴ、この時期になると、きまって鉄橋の上から獲物を探します。

2  ホオジロ。つがい?

Photo_3  スズメ。そろそろ塒入りかな?

Photo_4

(Nikon1 J3)

2019年3月16日 (土)

関崎小猫川 2019/03/16

関崎に行きましたが、風が強すぎてだめ。

風の当たらないところで見ましたが、鳥ははるか遠くを飛ばされるように飛んでいくので、うまく撮れません。唯一撮れたの。たぶんノスリ。

Photo  あとは、アトリかカワラヒワと思ったのが、ニュウナイスズメ。これも渡り途中。Photo_2  小猫川で撮ったスズメと比べると、赤いのがわかりますね。

Photo_4  道中、ジョウビタキとツグミには頻繁に会いました。やはりわたり途中。

Photo_3  小猫川のイカルチドリ(よく見るとコチドリかも、目の周りの黄色が目立たないのですが)と思いますが、足が赤いように見えます?

2  こちらはイソシギですね。

Photo_5 強い風に当たり疲れました。

(Nikon1 J3)

2019年3月 9日 (土)

佐伯 2019/03/09

また黒い鳥を探しに行きましたが、今度も駄目。ついていないですね。いつ現れるかは、満潮干潮、人により諸説あり、ようするに気まぐれなんですね。

ヨシガモとヒドリガモはたくさんいるんですが。今日はノリ取りの人が多かったのも敗因かな?

Photo  ウミネコとセグロカモメの飛翔。上空を飛び回ることが多くなってきました。そろそろ北帰行かな?

Photo_2  オオジュリンが葦の穂をしきりにつついていました。残り少ないエサを漁っているのかな?

3  小島新田には、いつも定位置にチョウゲンボウがいますが、今日の写真は比較的鮮明だったので(いつもは前の電線にピントが合ってしまう)、よく見ると、少しずんぐりむっくり、眉班がある、頬の斑点が明確でないことから、コチョウゲンボウではないかと思います。

2

(Nikon1 J3)

2019年2月24日 (日)

自宅 2019/02/24

自宅のそばでスズメにエサをやっているうちがあるので、スズメの行動が観察できます。

一旦電柱で様子を伺い、

Dsc_9548 一斉に舞い降ります。

Dsc_9550 人、カラス、猫がきたらすぐ去ります。

(Nikon1 J3)

2019年2月23日 (土)

県民の森 2019/02/23

坊主山には、珍しくだれもいませんでした(餌はあったので、去ったあとかな?)。

水浴びのシロハラ。念入りにやっていました。

1 ゴジュウカラ。真正面からの顔はめずらしい。

2 口戸に珍しく電線に止まっている猛禽が。

6顔つきや尾が短いので、コチョウゲンボウかな?体が小さいので電線に止まれるのか?

2_2

(Nikon1 J3)