鳥見関係 Feed

2017年5月20日 (土)

佐伯女島 2017/05/20

久しぶりに行ってみました。

モズ。たくさんいました。求愛行動中みたい。

Photo_2  こちらのヨシキリもさかんにさえずっています。

1  アジサシでもいないかと探してみたのですが、いたのはウミネコだけ。数匹で餌をさがして上流に行き、しばらくしたら戻ってきました。

Photo_3  トビ。色が薄いけどトビなんでしょうね。ボロボロなので最初はゴミかと思いました。

Photo_4  小島にも行きましたが、あまり獲物なし。巣材をとるツバメ。

Photo_5 

暑い日で、帰った後体調をくずしてしまいました。

(Nikon1 J3)

2017年5月 7日 (日)

県民の森 2017/05/07

今日は、家内をつれて県民の森に行きましたが、収穫はいまひとつ。

安友では、大した収穫なし。遠くでサンコウチョウのさえずりは聞こえましたが。

ヤマガラハウスでは、ゴジュウカラが遠くから見ていました。餌持ってくるのわすれた。ここで、サンコウチョウに遭遇しましたが、写真には撮れず。いろいろ移動しているみたいですね。

Photo  園田川ダムのアヒルたち。冬は白いのが多かったのに、今は4匹とも有色。換羽して色が変わった?

Photo_2  看護学校の調整池と、小野鶴堰には、昨日とことなり収穫なし。みんな渡りに旅立ったのかな?留鳥のカイツブリはいましたが・・・

Kaituburi2

(Nikon1 J3)

2017年5月 6日 (土)

大分市内 2017/05/06

今日はいろいろめぐってみました。

安友庭園。サンコウチョウの声はするがかなり遠い。

サンショウクイがしきりに飛んでいた。

Photo_2 この枯れ木は遠いですが、オオルリが良くとまります。ヤマガラがとまることも。

Photo_3 もっと標高の高いところに行ってみましたが、収穫なし。

 看護学校の下の調整池。コガモがたくさんいました。まだ帰らなくてよいの?Photo_4 小野鶴の堰には、キアシシギがたくさんいました。 

Photo_5 でも、よく見るとイソシギも混じっていました。

Photo_6

 大野川河口にいくと、昨日同様にキアシシギがたくさん。昨日より増殖しています。7羽くらい。

Photo_7

  一心不乱に餌をあさっています。Photo_8

 セッカもよく飛んでいました。

 

Photo_9

 舞鶴の近くのチュウシャクシギは、すぐにいなくなったみたいです。

(Nikon1 J3)

2017年5月 5日 (金)

乙津川大野川河口 2017/05/05

何かいないかと思い、乙津川に行ってみました。

ツバメ。土の上で向かい合って、求愛行動でしょうか?

Photo_5 ホオジロ。かなり近づいても粘っていたので、近くに巣があるのかも。

Photo_6

 イソシギ。ここらへんは多いですね。

Photo_7

 大野川河口には、キアシシギが4羽いました。

Photo_8

 一生懸命採餌中。

Photo_9

なお、夕方ジョギングしていると、舞鶴高校の前で、チュウシャクシギ3羽に出会いました。こんな人が多いところによく来たものですね。渡りのシーズンは、思いがけないところに思いがけない鳥がいることもあるものです。

(Nikon1 J3)

2017年5月 3日 (水)

県民の森 2017/05/03

5連休初日は、県民の森に行きました。

安友庭園に着いてすぐ、サンコウチョウの声が数回しました。しかしその後はどこかに行ってしまったらしい。残念。

オオルリ。非常に遠いですが、木のてっぺんで長時間さえずってくれるので、すぐに見つかります。

Photo

 イノシシ。60cmくらいなので子供かな?最初は狸かと思いました。イノシシ狩りの車も見かけました。60cm その後、安友川の谷底に腰かけてしばらく待機します。朝にここに座っていると、色々な鳥が水を飲みに来ます。逆光になりやすいのが難点。

 サンショウクイ。しばらくうろうろしていました。

Photo_2  イカル。数羽で藪の中を渡り歩いていました。

Photo_3  これは何かと思いましたが、イカルの背中みたいです。頭の黒が始まる手前までしか見えないので、わかりませんでした。

Photo_4  次に坊主山へ。

 一生懸命さえずるシジュウカラ。こいつは、てっぺんでさえずらないので、意外と見つけにくいです。

Photo_5  ヤマガラ。こちらに気づいたら、向かってきました。餌付けされている?

 でもすぐに逃げました。

Photo_6 (Nikon1 J3)

2017年5月 1日 (月)

曽根干潟 2017/05/01

恒例のGW曽根干潟です。

今回もたくさんいました。

Photo_4

今回目立ったソリハシシギ。それとアオアシシギ。

Photo 常連のチュウシャクシギとオオソリハシシギ。

Photo_2

 キアシシギもたくさん。

Photo_3ハマシギもたくさん。

Photo_6 

カモメはセグロのみ。今回はズグロカモメはいませんでした。

Photo_5

いつものことですが、けっこう風が強かったです。

(Nikon1 J3)

2017年4月30日 (日)

大分川滝尾橋 2017/04/30

イワツバメの営巣を見に行きました。

たくさんいました。まだ抱卵中のようです。

Photo

ホオアカはさえずり中。

Photo_2 (Nikon1 J3)

2017年4月29日 (土)

県民の森安友 2017/04/29

早朝行ったら、イカル、サンショウクイ等の声がして、キビタキも見ましたが、撮れたのはオオルリ。

Photo  遠いので、山道を下って、近くまで行ってみました。

Photo_2  対抗してさえずるカワラヒワ。

Photo_3  木の幹を這っているのがいて、コゲラかと思いましたが、ゴジュウカラでした。

Photo_4

 サンコウチョウはまだみたい。

(Nikon1 J3)

2017年4月16日 (日)

大分川&別府 2017/04/16

 ジョギング中にツリスガラを見かけたので、カメラを持っていきました。

でも、なかなか前に出てくれず、枝被りの写真ばかりでした。

Photo しばらく粘っていると、なんとか上の方に行ってくれ、それなりの写真が撮れました。

Photo_2  おまけのスズメ。繁殖期のせいか、警戒心より縄張り意識の方が強いですね。

Photo_3  その後、別府上人が浜にも行ってみましたが、潮干狩り?の人が多く、収穫なし。

イソシギ。こちらを警戒しながら動いていました。

Photo_4

 ミサゴ、このあと鳴きながら逃げていきました。カラスにでもちょっかい出されたか?

Photo_5  セグロカモメ。だいぶウミネコに置き換わりましたが、まだいるようです。

Photo_7

(Nikon1 J3)

 

2017年4月15日 (土)

猪の瀬戸 2017/04/15

汗ばむような陽気の中、春で鳥が移動する季節なので、何かいるかと猪の瀬戸に行ってみました。

最初はあまり収穫ありませんでしたが、夕刻が近づくにつれて鳥が動き始めました。

サンショウクイ。高いところを飛んでいることが多いんですが、今日は低いところをうろうろしていました。

Photo_2 キビタキ。こちらをにらんでいます。場所争いをしているのか、複数羽のオスがうろうろしていました。

Photo ヒガラ。小さい声でさえずります。ここではよく見ます。

Photo_3 シジュウカラは、大きなはっきりした声でさえずります。

Photo_4 ヤマガラもさえずっていました。

Photo_5 (Nikon1 J3)