撮影機材 Feed

2014年11月15日 (土)

津守 1 Nikkor VR 70-300mmテスト 2014/11/15 

 新レンズをようやくテストできました。

津守の堰にて。夕日で若干逆光気味ですが、それなりに撮れています。

Photo

 近くに寄ってきたセキレイ。3匹いました。きれいに写りますね。

2

 特に威力を発揮したのが、飛びモノ。いままで使っていた30-110mmと比べ、被写体が大きく見えるため、写しやすいですしオートフォーカスも迅速に合います。

Photo_2

 こちらはコサギ。難なく撮れました。

Photo_3

 モズ。まあまあ良くピントがあっていますね。

Photo_4

  上記の3つの写真はトリミングしています。

 最後に、近づいてきたカモを写したら、オカヨシガモの群れでした。比較的珍しい方かな。

2_3

 噂通り、値段だけのことはあるレンズですね。明日は九六位森林公園あたりに行きたいなあ。でもobccの久住行きもあるし・・・

(Nikon1 J3 + VR 70-300mm)

2014年11月 9日 (日)

新レンズ  2014/11/9

 Nikon1 J3の新レンズ、VR70-300mm。本体より高く10万円を超えるものですが、思い切って購入を決意したものの、超人気でなかなか手に入らず、3か月近く待った挙句、日曜の夜になってやっと入手できました。

外での撮影はもう暗くて無理なので、チョンちゃんを撮影。

室内の反対はし(約5m先)から撮影。300mm、トリミング(約30%)。

光量不足のせいか、多少画像が荒いですね。

300mm

従来の30-110mmで同じ場所から撮影。被写体がじっとしていないので、同じパースにならないのはご容赦を。同様に30%程度トリミング。

110mm 

300mmは、非常にでかくて重いのが印象的ですね。レンズを入れるカバーを早く購入しないと。でも、レンズの径が大きいせいか、110mmよりも光量不足にならないようで、明るく感じます。

J3に装着して最大まで伸ばしたところ。収納時には半分になりますが・・・

70300

基本的に手持ち撮影のつもりなので、今のところ三脚ホルダーは購入していません。固定撮影時はデジスコ使用のつもりです。

来週末は、会社の駅伝大会等で忙しいのですが、鳥の撮影の機会を作れたら良いなあ。

2013年10月26日 (土)

Nikon1 J3 テスト  2013/10/26

 
 結局、一眼レフを買ってしまいました。Nikon1 J3。結構小型で安いものですが、デジスコとしても使うつもりなので、小さいものにしました。

 スコープとの接続ブラケットとしては、複雑な方のDSB-N1を買いました。ワンタッチタイプのDSA-N1は、あまり良い評判の書き込みがなかったので、こちらにしました。しかし、接続が結構面倒ですね。しかも、ワイド側では壮大にケラレてくれるので、テレ側しかつかえません。DSA-N1の方が良かったかな?

 一応のセッティングが終わり使えるようになったのは、もう夕方でしたが、とりあえず試写へ。

 10-30mmレンズテレ。何を撮っているのかわかりません。

 

1030mm 

 30-110mmレンズテレ。真ん中やや左にアオサギがいるのが見えます。トリミングすれば、下の写真よりむしろ鮮明なくらいです。

30110mm

 

 10-30mmテレとジオマ2ED67使用。夕刻なので光不足。前のカメラよりきれいに写った

かな。

1030mmgeoma_ed67s

 10-30mmテレ。何がいるかわからない。

1030mm_2

 30-110mmテレ。屋根の隅に鳥がいる。

30110mm2

 10-30mmテレとジオマ2ED67使用。

 風が強く、光量が足りないだけにピンボケですが、セキレイがいるのはわかります。

 

1030mmgeoma_ed67s_2_2
 今度は30-110mmで小鳥を写したいですね。

 

 おまけ、蛍光灯の下でのチョンちゃん。光量の少ない状態でもよく発色しますね。ピントが鉄格子に合っているのが気になりますが。マニュアルフォーカスには、どうやってすればいいのかまだわかりません。

 

1030mm3

  CDマニュアルを繰ってマニュアルフォーカスも覚えました。クリエイティブモードにしないとダメなんですね。ダイヤル式のフォーカスが細かすぎて回すのに苦労しましたが、それなりに被写体にピントが合いました。

 

1030mm

 前のカメラP5100は、(わけあって2台持っていましたが)、売りに出しました。900円^^;) 新型で4万円程度で買ったのですが、まあ、6年前のモデルですから当然でしょう。もう一台は、FSB-6とともに、デジスコ用の予備としてとりあえず持っておこうと思います。

 その後、不要になったデジタンV6も買い取りに出してみましたが、こちらは2000円で売れました(5年ほど前に約2万円で購入)。やはり、電子部品のないレンズの方が価格が落ちないようですね。デジタンは、シンガポールで一回、ヤフードームで一回使っただけで、あとはあまり使用しませんでした。口径が小さいので、暗いところでは使いづらいのが欠点です。

(Nikon1 J3 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2013年10月14日 (月)

宇佐乙女新田  2013/10/12


 乙女新田の定期チェックです。

 シギ類はハマシギ。夕刻なので逆光が多かったですね。

Photo

 中に一匹オグロシギがいるような・・・自信なし。

Photo_2

 コガモの群れ。

Photo_6

 ヒドリガモもいましたが、光が悪くて撮影できませんでした。

 海側には、ダイゼンとキアシシギ。

Photo_3

 今期はじめてのセグロカモメ。

Photo_5

 田圃にはものすごい数のスズメが。秋ですね。

Photo_4

もう光量不足なので、終了。

 

ところで、私の機材は、スコープのVixen GeomaⅡ ED67Sは、まだ4年弱ですが、デジカメのCoolpix P5100は、すでに5年半使い込んでいます。

(実は2台持っています。1代目は最初の半年で久住の沢に池ポチャをしてしまいました。修理に出したけれども、浸水が判明し修理不能といいわたされ(修理してくれないんですねー)、泣く泣く買い替えたのがいまの2代目です。1代目も一応使えますが、レンズが汚れたらしく、時々ボケた画像になります。)

 

 

 次は、一眼レフにも使えるものがいいなと思って、目をつけたのが、Nikon1 V2。簡単にスコープに装着でき、また、望遠レンズに変えれば一眼レフとして、小鳥の動きや猛禽類の飛翔にも対応できそうです。でも、カメラのレンズ等に関する知識は皆無なので、これから情報収集していこうと思っています。

(Nikon Coolpix P5100 + Vixen GeomaⅡ ED67Sで撮影)

2009年11月21日 (土)

赤迫池 with ミニトレッカーAW  H21/11/15

  NikonED50の時は、デジスコはスポーツバッグに入れて持ち歩いていましたが、より大きなジオマED67Sになると、スポーツバッグでは重く感じるようになりました。そこで、思い切って、カメラ専用ザックである、ロープロ社のミニトレッカーAWを購入しました。

Photo

まるで、誂えたようにぴったりの大きさですね。写真では小型三脚のVelbon Ultra Luxi Lを入れていますが、雲台をはずせばちょうど入ります。衝撃からの保護性も抜群です。これを使ってみたくて、とりあえず、近場の赤迫池に行きました。

(全てNikonP5100+VixenジオマⅡED67Sで撮影)

赤迫池に行ってみたところ、ホシハジロの群れが来ていました。30羽程度でしょうか?

Photo_2

お休み中なので、シャッター速度を遅くして、写真が鮮明になるよう試みましたが、全部ぶれていました。どうやら、波間にゆられているようです。

Photo_3

のんきなものですね。このホシハジロの雄の寝姿を、野鳥漫画「とりぱん」で、3色クッションと書いていましたが、まさにその通りですね。

いつものオシドリもいました。

Photo_4