NPOobcc関係 Feed

2016年3月21日 (月)

環境カウンセラー研修会 2016/3/21

今日は、環境カウンセラーの研修をやるというので、大分県立図書館へ行ってみました。

いままでの研修会は、平日ばかりなので、今回ようやく参加できました。

他人の授業を見るのは、それはそれでおもしろかったです。子供相手に話すときの参考になりました。

但し、最後に行った、今後の打ち合わせは、だらだらした間延びした感じになりました。こちらも後に用があったので、もう少し時間をきちんと決めてやってもらえると助かりますね。

2016年1月11日 (月)

坊がつる調査  2016/1/11

10年目調査。5年ぶりの調査です。obccはこの調査のために設立されたので、NPOの10周年ということになります。

 気温は0℃と寒いですが、防寒対策を十分にしていったので、あまり寒さは感じませんでした。相方のS君がマジックを忘れて取りに戻ったので、この時点ではネコ車を押しての一人登山。しかも長靴で。けっこう疲れますね。相方を待っている間、カワガラスの飛翔を見ました。5年前もこの場所にいたようです。

Photo 最上流の調査地点。法華院の上の砂防の一番上です。今年は雪が降っていないので楽。ここではかなり酸性の強い水が得られます。

Photo_2 しかも、法華院の下まで降りてから、水量測定を忘れて、再度また上った!無駄足で非常に疲れました。

 法華院は前よりもいろいろなものが増えています。登山靴のオブジェ、氷のオブジェもどき・・・オーナーの多彩な趣味が感じられます。

Photo_3

 法華院からの坊がつる。この位置が眺めが良いですね。ここは2番目の調査地点でもあります。

Photo_4

 第3の調査地点。休憩小屋の裏。こちらの水質は、明らかに法華院側と異なります。酸性は低いですが、このように鉄分がところどころ湧き出しています。

Photo_5 沈み橋のところで、昼食を食べようとしたら、おにぎりが潰れて鳥飯になっていました・・・採水したビンの重さで潰れたんですね。仕方ないか。箸もらってくればよかった。

Photo_8

 第4の調査地点、沈み橋での調査状況。少し川幅が広くなっていて、調査しやすいですね。

2

 最後の調査地点、鳴子橋。この手前で、沈み橋に器具を忘れてきたことに気づき、私は取りに戻ったので、この場所はS君ひとりでほとんどやりました。

Photo_7

 しかし、2人とも年のせいか、久しぶりの坊がつるのせいか(他とは調査項目がちがう)、忘れ物の多い調査でした。1.5倍くらいのむだな動きをしたかな。

 次回はきちんとしないと。反省。

 出入口のゲート。暗号をしらない一般人は入れません。結構複雑な仕組みでした。

Photo_9 

 後は、行きの男池の近くで、カケスとエナガを見たのは収穫かな。望遠レンズがないので写真はありません。

(Nikon1 J3)

2015年11月28日 (土)

中津野依新池  2015/11/28

 今年もやってきました。野依新池掃除。

昨年と違い、日の照らない肌寒い日でしたが、作業するのには、むしろちょうどいいくらい。

Dsc_6904 また、今年は、昨年と違い、学生も含め30人くらい動員されました。

人数が多かったので、作業がはかどり、楽になりました。

Dsc_6907_2 午前中のうちに、通路は貫通しました。

Dsc_6909 

鳥は、カワセミ、ササゴイ、タシギ、シジュウカラ、カワラヒワ、オオジュリン、ホオジロ、メジロ等たくさんいましたが、写真を撮る暇はありませんでした。

2015年7月25日 (土)

obcc沢水 モニタリング1000 2015/7/25

夏の調査。

沢水川は、水量が非常に多く、袋方式の水量調査を止めて、精度の悪い断面積×浮き子流速方式を採用せざるを得ませんでした。

気温は20℃、水温は13℃と比較的快適。

Sawamigwa

 清水池は、日陰がなく、9時半だというのにすでに猛暑。気温は26℃超え、水温は20℃超え。これからの暑さが思いやられました。

Photo  沢水から見た久住山。すっかり夏模様。台風起因の下降気流のせいか、非常に視程が良い青空でした。

Photo_2  こちらは、清水堤から見た大船山。とにかく暑い中、適当に撮りました。

Photo_3  今日は一日猛暑でした。

2015年4月18日 (土)

obcc沢水  2015/4/18

前回行けなかったので、久しぶりの沢水です。

キャンプ場は、水量やや多め。ここのところ雨が多かったですからね。

気温は15℃と朝にしては高め。

Photo

春なので、さかんに鳥の声がしていました。バードウォッチングにも良いでしょう。

清水堤は、結構濁っていました。透視度50cmくらい。ここのところの雨の影響でしょうか。堤防にところどころ穴が開いているのも雨のせい?

Photo_2 渡り鳥はさすがにいませんでした。カルガモとカイツブリだけ。

2014年12月21日 (日)

松岡  2014/12/21

昨日は、大分大学で大分自然環境研究会があったりしたので、鳥見にはいけませんでした。久しぶりに行った大分大学は、リフォームしてきれいになっていました。

今日は、松岡へ。いつの間にか道が整備されていました。多分Yさんですね。いつもありがとうございます。

基地に身をひそめて、ホシハジロを撮りながらしばらく待機。

2 

こちらはキンクロハジロですね。少しですがいました。

Photo_4

 ブラインドの効果で、臆病なシロハラがすぐ近くに寄ってきました。

Photo

 そのうち、オシドリのおしゃべりが聞こえたと思うと、出てきました。

Photo_2  

 艦隊出動ですね。ディスプレイの時間です。

2_2

 つられてマガモも出てきました。

Photo_3

 しばらくすると、オシドリは引っ込んでインターバルがありました。

 こんどは静かにお出ましです。カメラのレンズが向いているのに気づかれたかな。

5

 帰りに、別の谷筋にもたむろしているのを見ました。全部で50羽くらいはいそうです。

Photo_5

 今回は、デジスコは使わず、すべてNikon1 J3 70-300mmのみです。また、オシドリの艦隊写真以降は、三脚を使っています。これで十分撮れますね。曇りがちで光量不足なためか、やや画像が荒いのが気になりますけれども。赤迫池の対岸はさすがにデジスコが有利でしょうが、ここくらいの距離なら、このレンズで十分ですね。今度の指宿にもこれで十分かな。

2014年11月30日 (日)

中津調査&池掃除 2014/11/30

久しぶりに中津ベッコウトンボ池の調査に行ってきました。

Photo_4

採水はすぐ終わりました。

Photo

その後は、池の掃除を手伝いましたが、

Photo_2

ベッコウトンボのために、一部解放水面を作るのだそうですが、

これが大変です。胴長を着て中で葦と蓮を刈っている人も大変ですが、

その切り屑を堤防の上まで引き上げる仕事も大変です。

(根を放っておくと、また根付いてしまうのだそうです)

Photo_3

 泥まみれ、汗だくになりながら、お昼まで作業をしました。

すると土砂降りの雨が降り出し、この時点で作業は中止。

そのまま、大分に帰ってきました。一日作業をしていたら、体力が持たなかったと思います。季節の割に暑い日でした。

鳥は、タシギや、オオジュリンではないかと思われる鳥が、人に追われて逃げ回っていましたが、写真に撮る暇はなかったので、未確認。

2014年11月16日 (日)

モニタリング1000 2014/11/16

 久しぶりのモニタリング1000です。

朝、結構寒いかと思いましたが、気温が7~8℃とそうでもありませんでした。曇っていたのが原因のようです。それでも水温は9℃くらいと、そろそろ水温の方が高くなる時期です。

沢見川もすっかり紅葉しましたね。

Photo 清水池には、カモの群れが。近づくとにげていきましたが、コガモがほとんど、それからカルガモが少数といったところでしょうか?

2  

 三俣山です。風もなく、どんよりとした感じの日でした。

Photo_2

2014年6月28日 (土)

忙しい日  2014/6/28

今日は忙しかった日。

午前は会社に行って残件を片付けて。

お昼前に県図書に行って。

そのあと休日日課の10kmジョギングをして。

それから、16時~ホルトホールで、大分県技術士協議会の総会

     17時~ホルトホールで、NPOおおいた生物多様性保全センター総会

     18時~トキハ会館で、社員の結婚祝賀会・・・・

超過密スケジュールでしたが、何とかこなしました。疲れた。

2014年6月14日 (土)

モニタリング1000発表会 2014/6/14

今日は、ホルトホールでモニタリング1000の発表会です。

 くじゅうタデ原と、沢水キャンプ場、下判田、そして幸崎の4か所について報告がありました。

 我々沢水キャンプ場水質班は、写真が少なくデーターばかりですが、この一年の成果を報告をメンバーのN君にしてもらいました。

Dsc_1930  

 鳥、花、両生類、哺乳類等、専門によって、いろいろ視点が違うことが面白いところでしたね。